P&W社製のエンジンを装備した国内線仕様ボーイング777型機の2020年度内全機退役について

平素よりJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

日本航空は、1996年にP&W社製エンジンを装備した国内線仕様ボーイング777-200型機を導入し、その後の777-300型機(以下、「同型機」)も含め、約25年間にわたり同型機を運航してまいりました。

 

同型機は昨年12月に発生した弊社ボーイング777-200型機のエンジン不具合による重大インシデントなどにより2021年2月21日より運航を停止しております。当社としては、引き続き運輸安全委員会による調査や原因究明に全面的に協力・対応してまいります。

 

一方、現時点で運航再開の時期が未確定であることに鑑み、2021年度内にて退役させる予定であった7機について、経済性の観点から2020年度内に退役させることといたしました。

 

なお、快適性に優れた低騒音・省燃費機材のエアバスA350型機の計画通りの導入や伊丹線への就航前倒し、国際線仕様機材の国内線への投入などの対応を行い、提供座席数の確保に努めます。

 

同型機で運航を予定しておりました便は、順次代替機材への変更を行ってまいります。機材変更により、ご指定済みの座席番号が予告なく変更となる場合がございます、あらかじめご了承ください。

2021年4月5日

日本航空