ハワイへ渡航の際のプリクリアランスについて ハワイへのご旅行がスムーズに

平素よりJALグループをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 

JALグループは、ハワイご到着後のスムーズな検疫手続きを目指し、3月26日より、ハワイへ渡航の際の「プリクリアランス(事前検疫審査)」を開始いたします。

ハワイ州は、日本からハワイへの渡航者に対して、フライト出発前の72時間以内に、ハワイ州が指定する医療機関で検査した新型コロナウィルス感染症の陰性証明書を提示することで、ハワイ到着後の10日間自己隔離(自主検疫)を免除できる事前検査プログラム(Pre-travel Testing Program)(*1) を開始・実施しています。


今回の「プリクリアランス」開始により、弊社運航便にご搭乗される事前検査プログラムご利用のお客さまは、日本ご出発時に弊社スタッフが必要な書類審査を事前に実施することで、ハワイご到着時、自己隔離免除のための州検疫係員による手続きが不要となり、ハワイご到着後、すぐにご滞在をお楽しみいただけます。

「プリクリアランス(事前検疫審査)」について

「プリクリアランス」が適用となるお客さま

弊社運航便にご搭乗される、ご出発時に、以下の条件を満たしている方が適用となります。

  • ハワイ州の「セーフトラベルズプログラム(Safe Travels Program) (*2)」 のアカウントを登録し、渡航される方の個人情報や渡航情報、健康状態など、申請必要項目の入力が完了していること
  • 上記完了後、ご登録されたメールアドレスに送付されるQRコードを取得していること(携帯画面か印刷物をご持参ください) 
    ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • ハワイ州が指定する医療機関 (*3)で、出発72時間以内に検査した新型コロナウィルス感染症の陰性証明書を取得し、その陰性証明書(PDF)がセーフトラベルズプログラムにアップロードされていること(原本も必ずご持参ください)

「プリクリアランス」の流れ

  • ご出発のチェックイン時に弊社スタッフが、「プリクリアランス」が適用となるかを確認いたします。
  • 「プリクリアランス」が適用となるお客さまには、ご出発時に検疫手続きをクリアした証明として、チェックイン時にチェック終了のマークの入ったボーディングパスを、お一人ずつにお渡しいたします。
  • ハワイご到着時に州検疫係員にチェック終了のマークの入ったボーディングパスをご提示いただくことで、到着時の検疫手続きが不要となります。
  • ハワイ到着時にチェックイン時にお渡ししたボーディングパスを必ずお手元にご用意ください。
    なお、ハワイご到着時に再度、検疫手続きが必要となる場合もございますので、ご旅行時、必ず陰性証明書の原本をお持ちください。

「プリクリアランス」が適用となる対象空港

東京国際空港 (羽田) 2021年3月26日より開始

2021年5月10日

日本航空