航空機内での喫煙禁止について

平素よりJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

機内禁煙については航空会社の運送約款で定められています。

近年、電子たばこや加熱式たばこと呼ばれる、たばこ葉の燃焼を伴わない方式を採用した機器の普及が急速に進んでいることを鑑み、7月1日より、運送約款が改訂され、「(電子たばこや加熱式たばこその他の)すべての喫煙機器を使用する」喫煙の禁止が明確化されるようになりました。

 

化粧室での電子たばこや加熱式たばこ等の喫煙については、紙巻きたばこ同様に航空法で定める「安全阻害行為」に該当し、機長による「禁止命令」が交付され、命令に違反した場合は50万円以下の罰金の対象になります。

 

今回の約款の改正をふまえ、定期航空協会では、あらたに機内禁煙のポスターを作成しておりますので、下記よりご確認ください。

2020年6月26日

日本航空