SDGsをテーマとした機内食を提供

日本発長距離線アラカルトメニューにて、料理プロデューサー狐野扶実子氏監修の「フミコの洋食」をSDGsをテーマにしてご提供します。

 

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界ではわずか12種類の農作物と5種類の動物性食品が、全食品供給の75%を占めているといいます。

この偏りは、栄養バランスの偏りによる健康への影響、気候変動や病害虫への耐性の弱さ、生物多様性の損失などの問題をもたらすと言われています。

 

9月からの秋メニューでは、ユニリーバ社と英国WWF(世界自然保護基金)が、安全性や栄養価などの観点から提唱する持続可能な「未来の食材50」のリストを参考に、狐野扶実子氏監修のもと、未来の食材をテーマとした機内食をご提供します。

狐野扶実子

料理プロデューサー/出張料理人

「私たちがもっと幸せな毎日を、そしてサステナブルな食生活を送れるようにとの想いを込めて一皿にしました。「未来の食材」には、さつまいもやえのき、舞茸など私たち日本人にもなじみ深い食材がリストアップされています。キヌアや胡麻などの食感や風味でコントラストをつけ、ニョッキやフムスといった地中海沿岸地域の料理に仕立てました。「より善く食べる」ということを感じていただき、皆様の旅の思いでのひとつとなれば幸いです。」

提供開始

2020年9月1日~

対象クラス

ファーストクラス、ビジネスクラス

対象路線

東京(羽田/成田)発

シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、メルボルン行き

  • アラカルトメニューとしてご提供いたします。

メニュー概要

「SDGs ~未来の食材50のリストからの一皿~」*

  • さつまいもとスペルト小麦のニョッキ
  • キヌアとえのき 蓮根のサラダ
  • 紫キャベツとくるみのマリネ
  • ほうれん草入りフムス
  • 舞茸のソテー
  • サイドディッシュとブレッドにも未来の食材を使用しています。
  • 「未来の食材50」とは、以下の観点から提唱されている食材です。
  • 安全であり、かつ栄養価が高いこと
  • 気温が高くても、乾燥した土地でも比較的良く育つなど温暖化の影響を受けにくいこと
  • 世界中で比較的容易に入手できること
  • 生産段階での温室効果ガスの排出が少なく環境への影響が少ないこと
  • 栽培することで土壌を回復させる、病害虫を抑えるなど土地利用の観点から優れていること
  • 生産段階での人権リスクが高い農作物とされていないこと

JALはこれからも「食」と「社会」の未来を考えた取り組みを続けてまいります。

2020年9月7日

日本航空