ここから本文です

ホテルマンに聞く ホテル活用術

駿河湾と富士の絶景を堪能できる宿、そして美食の宿〜松濤館〜

情報提供者:伊豆・三津浜 松濤館 H.Aさん

伊豆西海岸の入口、奥駿河と呼ばれる駿河湾の一番奥に位置し、波が穏やかで、避暑地としても昔から多くの文人墨客に愛された三津浜。そこに建つのが私どもの松濤館です。
館内の至る所から富士の姿をお楽しみいただけるのが私どもの自慢の一つ。ロビー、客室、大浴場と、色々なところから絶景をご覧いただけます。
時の移ろいとともに、朝焼けや夕焼けの富士、夜には漁火などを見ることができ、旅の旅情を感じさせてくれます。

また、旅の楽しみといえば何をおいても食事。私どもの食事は厳選された地元の海の幸はもちろんのこと、それだけにとらわれず、肉料理などもメニューのなかに加え工夫を凝らした月替わりの和風創作料理をご提供しております。
お食事の場所は、朝夕ともにお部屋食または個室料亭で。特に個室料亭はほかのお客さまと一緒にならない完全な個室空間。ゆったりと座れる椅子席を基本として、くつろいだ雰囲気のなかで丹精込めた料理をご賞味ください。

大浴場は富士の湯・愛鷹の湯の2ヵ所あり、それぞれに内風呂と露天風呂を備えております。富士の湯には檜の露天風呂、愛鷹の湯には岩風呂の露天風呂、それぞれに趣向を凝らした温泉となっております。いずれのお風呂からも駿河湾の海と、その先には富士山の絶景をご覧いただける配置となっており、ゆったりと温泉に浸かりながら、思う存分絶景を満喫ください。また大浴場のほかにも、同じ6階には貸切家族風呂や岩盤風呂などもご用意しております。

これまで伊豆半島の西側エリアはややアクセスしにくいと思われがちでしたが、伊豆縦貫道の整備などにより東名沼津IC、あるいは新東名長泉沼津ICから30分弱ほどに短縮。近年は非常によくなりました。
電車の場合ですと、最寄の伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅からは車で15分の近さ。無料送迎バスのサービスもありますのでぜひご利用ください。
ご夫婦、家族連れ、または三世代など、いろいろな方々とぜひ一度ご来館ください。お待ち申し上げております。

伊豆半島の西側エリアでも富士山が良く見える旅館は数えるほどしかないが、松濤館では滞在中のさまざまなシーンに富士山が映り込む。

夕食は伊豆名産の魚介を中心とする和風創作懐石。鮑や伊勢海老といった伊豆の高級海産物や地元の名産、季節の旬な素材を中心とした特選アラカルトのご用意も。

「ホテルマンに聞く ホテル活用術」のバックナンバーはこちら

ホテルマンに聞く ホテル活用術

「JMBホテルニュース」の配信希望はこちら

割引料金やボーナスマイルなどJMB提携ホテルのお得な情報が満載

  • 会員ログイン後、メール配信をご登録ください。

今すぐ登録する(会員専用ページへ)

ページトップへ戻る