ここから本文です

〔山形の極み〕無塩せきハム・ソーセージセット

福岡県 〔山形の極み〕無塩せきハム・ソーセージセット

JALふるさとからの贈りもの お手持ちのマイルを地域の魅力ある特産品に交換していただけます。 山形県
ここが「極み」
  • 99%、消費者の立場を自覚して製造
  • 第三群の食品添加物(着色料、保存料、発色料、増粘多糖類など)を使わない。
  • 庄内豚肉、月山産山ぶどうワインなどの厳選素材を使用

内容量:ランチョンミート180g、本格焼豚155g、ベーコンブロック135g、ソーセージポーリッシュ・ソーセージチョリソー・パセリレモン各126g、ロースハムハムステーキ108g
加工地:山形県
アレルギー:小麦
賞味期間:製造日より冷蔵で21日
保存方法:冷蔵

職人の真剣な思いが伝わる庄内豚のハム・ベーコン

「無塩せき」によるハム・ソーセージの専門ブランド「しんけん工房」。この「しんけん」というネーミングには、ハム類を総称するドイツ語「Schinken(シンケン)」と、無添加の製品作りに「真剣」に取り組む姿勢の両方の意味が込められています。その徹底した理念は、国際的な食品と料理の研究家・磯部晶策氏による「原材料の厳選」「加工段階での純正」「時代環境に曲げられない一徹な姿勢」「みずから99%消費者の立場の自覚」という四原則に基づいています。
第三群の食品添加物(着色料、保存料、発色料、増粘多糖類など)を一切使わず、「最上川ファーム」産の庄内SPF豚肉、月山産山ぶどうを原料にした山ぶどうワインなどを使用。伝統製法である乾塩法を用いて、JAS認定の工場で製造される「安全で安心な本物の味」です。

カリカリに焼きあげられるのが、誠実に作られたベーコンの証

混じりっけなしのピュアな味わいと、きめ細やかな食感で大人気の「無塩せきベーコン」です。食塩に天然の岩塩を使い、ほかには香辛料と砂糖のみを使用。これらをバラ肉に丹念に肉にすりこみ、桜のチップで二晩かけてスモークします。増量剤などを一切使わず作られたベーコンは庄内豚本来の脂のおいしさが際立ち、なめらかでしっとりとした食感です。ベーコンステーキはもちろん、カリカリベーコンにしても香ばしいひとつ上の仕上がりを味わえます。

熟成した旨みが噛むほどに広がる本物のロースハム

熟練職人たちの技とこだわりによって生まれた「布巻ロースハム」です。こちらは、庄内豚のロースに食塩・砂糖・香辛料をすり込んで14日もの間じっくり熟成。隅々まで塩や香辛料が染み込み、アミノ酸の分解が進んで深い味わいになった豚肉を、さらに一本一本を丁寧にさらし布でくるみ糸で巻き、昔ながらの直火式窯で一晩かけてスモークします。桜チップの豊潤な燻香、肉そのもののしっかりした食感、熟成によって引き出された旨みが、噛むほどにじわっと広がります。ぜひ、厚切りにしてステーキでお召しあがりいただきたい自信作です。

深みある味わいへのこだわり豊かな風味を与える、霊峰月山の山葡萄ワイン

無添加ハムづくりでは、ワインも大きな役割を果たしています。「しんけん工房」の製品づくりに使われているのは、山形の「山ぶどうワイン」。

ワイナリーが位置するのは、山形県鶴岡市。霊峰月山を主峰にする出羽三山・朝日連峰に囲まれた美しい山里のなかにあります。地元では昔から山林原野に自生する山ぶどうで「どぶろく」をつくって愛飲していました。やがて「山ぶどうで正式に“ワイン”を醸造しよう」という試みが始まり、昭和55(1980)年ついに「月山ワイン」が誕生しました。当初は自生する山ぶどうを使用していましたが、30年以上も栽培管理を徹底した結果、糖度18度以上もめずらしくない品種となっています。

現在「しんけん工房」で使われているのは「ヤマ・ソーヴィニヨン」のワイン。山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニヨン種を掛けあわせて1990年に生まれた国産新種です。高い糖度と色づきの良さから生まれたワインは香り高く、山形山ぶどうらしいキレの良い酸味を併せ持っています。ヤマ・ソーヴィニヨンの山ぶどうワインは「しんけん工房」のハムの味わいに深みを与える大事な存在です。

お申し込み

ページトップへ戻る