ここから本文です

〔五代庵〕紀州五代セット

〔五代庵〕紀州五代セット

JALふるさとからの贈りもの お手持ちのマイルを地域の魅力ある特産品に交換していただけます。 和歌山県

紀州黒江漆器の器に2種類の梅干を詰め合わせたセットです。天保五年の創業以来180余年の歴史を誇り、栽培から加工まで一貫して行っている〔五代庵〕。モットーは「安心・安全・健康、そして作り手の心が伝わる物づくり」です。例えば梅干作りの命となる水は、紀州備長炭できれいにろ過された清水を使用するというこだわりぶり。老舗ならではの職人の技が味わいの秘密です。

内容量:〔梅干〕紀州五代梅(塩分約10%)・しそ漬梅(塩分約13%)各480g
〔容器〕材質:フェノール樹脂(ウレタン塗装)/日本製
原産地:梅=和歌山県
加工地:和歌山県
賞味期間:製造日より常温で8カ月
保存方法:常温
※容器のデザインが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

紀州南高梅とは

丘陵地帯で占められた和歌山県日高郡みなべ町で昭和20年代に誕生した南高梅。
「南高梅」と命名されたのは昭和40年代に入ってからですが、たった1本の母樹から接木で増やされ、町内にひろめられました。
同じ南高梅同士だと交配せず、実を結ぶことができないため、受粉をミツバチに託します。
梅畑のあちこちに置かれた蜂箱へ蜜を運ぶミツバチが、花から花へ飛び回りながら受粉を行う2月下旬。
そして梅の花が散る頃には小さな梅の実がぶら下がります。
暖かい日差しを浴びながら、梅の実が日一日と大きく成長する3月~5月。
6月になり、大きく育った梅の実がたくさんついた枝は、その重さで垂れ下がるようになります。いよいよ収穫です。
山腹の斜面にネットを張り、桃のような香りに包まれながら落ちた梅を拾います。
卓球のピンポン球くらいの大きさの梅の実は、少し力を入れると果肉に指がめり込んでしまうような柔らかさ。
果肉が柔らかくて皮が薄いという南高梅の特徴を生かせる状態で収穫されていきます。

こだわりの漬け込み

年間約1,000万粒以上出荷されている紀州五代梅はこだわりの減塩製法を用いることでその美味しさを引出しています。それは30年使い続けている漬液の中で、直接塩を抜く脱塩方法です。梅本来の味を損なわず濃厚な梅のエキスを存分に吸い込むことで種まで美味しい梅干しに仕上がります。
そしてさらに、30~40日の漬け込みの間に3回に分けて味のせをしています。

和歌山優良産品認定 ゆうパックふるさと小包 全国版 梅部門 7年連続日本一達成!!五代庵が皆さまにお届けする逸品梅。肉厚 ふっくら やわらか
様々な賞を頂いております 平成10年度 和歌山県中小企業創造法の認定取得 平成14年度 総務大臣賞受賞 平成15年度 智財功労賞特許庁長官賞受賞 平成17年度 社会保険長官賞受賞 平成18年度 産業財産権活用企業百選認定 平成20年度 和歌山権百年企業表彰

お申し込み

ページトップへ戻る