ここから本文です

〔日本の極み〕静岡県産クラウンメロン

〔日本の極み〕静岡県産クラウンメロン

JALふるさとからの贈りもの お手持ちのマイルを地域の魅力ある特産品に交換していただけます。 静岡県

明るい太陽の光と農家の愛情が育てたアートのような美しさを持つ気品あふれるクラウンメロンです。1株に1果だけを残すことで、1つの実にすべての養分が集中するよう育てられたメロンは芳醇な香りととろける舌ざわりです。

内容量:クラウンメロン(シルバー)1.5kg(1玉)
原産地:静岡県
保存方法:常温
※順次発送でのお届けになります。
※天候などの事情によりお届け日は前後します。あらかじめご了承ください。

〔日本の極み〕静岡県産クラウンメロン

※本画像についてはイメージとなります

誇り高きメロンはまさにとろけるような舌ざわり

明るい太陽の光と農家の愛情が育てたアートのような美しさを持つ気品あふれるクラウンメロンです。1株に1果だけを残すことで、1つの実にすべての養分が集中するよう育てられたメロンは芳醇な香りととろける舌ざわりです。

クラウンメロン美味しさの理由

隔離ベット栽培

他産地では野菜などと同様に地面で直接栽培する地床栽培に対し、クラウンメロンでは栽培床を地面と切り離し、限られた土量のなかでメロンを栽培する隔離ベット栽培が行われています。つまりメロンの根が張る土を完璧に地面と隔離することにより、限られた土のなかで肥料と水の量をコントロールできるようにしているわけです。おいしい温室メロンには隔離ベットは必要不可欠です。水と肥料をその時々のメロンの状態に合わせ微妙にコントロールすることにより肉質、甘味がより繊細になります。

1本の木に1果

一本の木にはおよそ30~32枚の葉がつきます。その葉を大切にして3本の側枝の雌花に交配し、3個できる小メロンのなかからひとつだけを選び残し、その実にすべての養分が集中するようにします。他産地のメロンは1本の木から複数個のメロンを収穫しますが、クラウンメロンでは1本のメロンの木から1個のメロンしか収穫しません。

気候風土

メロンには太陽光線が最も必要な作物の一つです。その点、静岡県西部の遠州地方は、世界でも屈指の明るい太陽の恵みを受ける、まさにメロンの好適地といえます。また、メロンの栽培に適した土と水が豊富にあります。

厳しい検査体制

出荷を迎えひとつひとつ丁寧に箱詰めされたメロンは3ヶ所の集荷場に持ち込まれ、選任された検査員により外観、内容、糖度などの品質チェックを経て、厳しい検査基準に合格したものだけが出荷されています。
等級、玉揃、量目などが適正であるかをチェックされ、適正でないものはその場で改められます。検査員により無作為抽出の方法で抜き取り、内容検査が行われることもあります。
この検査で糖度、肉質、風味、熟度、病害虫の有無など、すべてクリアしたものだけ出荷が認められます。

クラウンメロンの食べごろ

ちょうど良い熟れ具合を見分けるポイントは、メロンの下部(お尻の部分)を軽く指で押してみて(強すぎると中の果肉が痛むのでご注意ください)ほんの少し柔らかく感じる頃が一番の食べ頃です。

※メロンは収穫してから熟れ始めます。保管状態や気温、あるいは個々のメロンによって多少の差があります。
※お召し上がりの2〜3時間前に冷蔵庫で冷やしていただくと一層おいしくいただけます。

お申し込み

ページトップへ戻る