ここから本文です

TRAVEL COLUMN

TRAVEL COLUMN 体験する旅 2019.06 ブロードウェー〈ニューヨーク〉〔タイムズスクエア〕約40の劇場に加え、300を超す飲食店、ホテル、映画館などが建ち並ぶタイムズスクエア。夜遅くまでネオンが輝き、賑わいを見せる。© NYC & Company ニューヨーク市観光局/Joe Buglewicz

ブロードウェーでミュージカル観劇

渡辺 裕希子=文

 ミュージカル好きにとって、ブロードウェーは永遠の憧れだ。世界最高峰の作品を、その気になれば毎晩だって観ることができるのだから。大晦日に行われるカウントダウンの名所として知られるタイムズスクエアの近辺には約40もの劇場があり、人気のロングランからエネルギッシュな最新作まで、多種多様な作品が上演されている。観光やショッピングは日中に楽しみ、夕食は早めにすませて、夜は観劇に集中する。そんな風に1日を過ごすリピーターも多いだろう。

 たとえミュージカルに興味がなくても、ニューヨーク旅行でブロードウェーを素通りしてしまうのはあまりにもったいない。滞在中に、一作品くらい観て帰ることをぜひおすすめしたい。英語が分からなくても大丈夫。劇場いっぱいに響き渡る歌声や切れ味のいいダンス、オーケストラによる生演奏に煌びやかな舞台装置。選ばれしプロフェッショナルたちは、言葉を超えたパフォーマンスで観客の心を直接揺さぶってくれる。特に人気が高いのは、1988年初演でブロードウェーの最長ロングラン作品「オペラ座の怪人」やゴージャス&セクシーなダンスで魅了する「シカゴ」、オズの魔法使いをベースにした物語で舞台も衣装も見応えたっぷりの「ウィキッド」。ディズニー作品の「アラジン」「ライオンキング」「アナと雪の女王(FROZEN)」も華やかで分かりやすく、子どもも一緒に楽しめる。

 ニューヨークへは羽田・成田の両空港から毎日JALの直行便が運航している。羽田は午前出発、夕方帰着のスケジュールで、日本各地への乗り継ぎもスムーズ。いつ訪れても新しい“何か”に巡り合えるエンターテイメント都市、ニューヨークへの旅を楽しもう。

〔チケット入手方法〕チケットは事前にオンラインで入手できるほか、劇場窓口でも購入可。公演当日にチケットが余っている公演は、タイムズスクエアの真ん中にある“TKTS”で定価の2~5割引で販売される。© NYC & Company ニューヨーク市観光局/Kate Glicksberg

〔ブロードウェー〕ブロードウェー・ミュージカルとは、ブロードウェー通りとその周辺にある500席以上の大劇場で上演されている作品のこと。100席から500席未満の劇場で上演されている作品は、「オフ・ブロードウェー」と呼ばれている。© NYC & Company ニューヨーク市観光局/Joe Buglewicz

 

バックナンバー

  • 2019.05 マウント・クック〈ニュージーランド〉
  • 2019.04 十分〈台湾〉
  • 2019.03 バリ島(インドネシア)
  • 2019.02 若狭(福井)
  • 2019.01 パリ(フランス)
  • 2018.12 奄美大島
  • 2018.11 フィジー
  • 2018.10 マカオ
  • 2018.09 プエブラ/メキシコ
  • 2018.08 コタキナバル/マレーシア
  • 2018.07 イスタンブル
  • 2018.06 ペルー