ここから本文です

ここへ行きたい

JALカード特約店 ここへ行きたい

ここへ行きたい 石川県加賀市 かよう亭

客室「桂」

▲12.5畳の和室に4.5畳の次の間と広縁が付いた客室「桂」。和室はそれぞれ設えや趣が異なっている。

約1300年前に奈良の高僧・行基によって発見されたと伝わる山中温泉。松尾芭蕉も「奥の細道」の道中、8泊ほど逗留し、山中の湯を有馬・草津と並ぶ「扶桑の三名湯」と称えたという。芭蕉も評した、柔らかく肌なじみがいい出湯をかけ流しで楽しめる「かよう亭」は、一万坪の敷地にわずか10室20名のみ。「目の届くサービスができるのはこれが限度」と、200人収容の宿を建て直し、1978年にオープンした。

そのおもてなし精神は館内の随所に溢れている。廊下のところどころに火鉢が置かれ、冬には暖かな炭火が、夏はお香が立てられ、香りの癒やしを演出している。食事処のテーブルや椅子は、どれも釘を使わずに地元の職人によって作り上げられた一点ものだ。
「元気になって帰ってもらいたい」と、朝食にもこだわりがつまっている。直木賞作家の高橋治氏をして「日本一の朝食」と言わしめた献立は、41年前からほとんど変わっていない。「見た目は地味ですが、だからこそ手間暇かけないと」と女将の上口和子さん。シンプルだからこそ丁寧に調理し、地元食材の味が生きた滋味豊かな食事は、極上の湯、温かなもてなしとともに、多くのリピーターに愛され続けている一因だ。

玄関脇のリビング「古今サロン」

露天風呂

地元素材にこだわって作られた食事

(右上)まるで森林浴をしている気分になれる露天風呂。夜は灯りを控えめにし、美しい星空を望めるよう配慮されている。
(右下)卵やお豆腐など、地元素材にこだわって作られた食事は、朝夕ともに個室食事処でいただける。
(左)玄関脇のリビング「古今サロン」では、自家製のハーブティーを味わえる。

石川県加賀市 かよう亭

特約店

Tel:0761-78-1410

石川県加賀市山中温泉東町1-ホ20

料金:47,000円~(1室1泊2名利用時の1名料金 夕・朝食付き サ込み 税・入湯税別)
チェックイン 12:00(一部客室は13:00)
チェックアウト 12:00
小松空港から車で約30分
JR加賀温泉駅から車で約20分

http://kayotei.jp/

ページトップへ戻る