イベント情報

JALカード・航空教室キャラバン 2013 イベントレポート
2013年度、全国各地で開催しました「航空教室キャラバン」の様子をお届けします。
教室では、各地域の特色を活かしたプログラムが盛り込まれました。
参加者は貴重な体験や普段入ることのない制限エリアに足を踏み入れたりと、思う存分お楽しみいただきました。 第1弾 仙台空港 第2弾 大阪国際空港(伊丹空港) 第3弾 中部国際空港セントレア 第4弾 鹿児島空港 第5弾 成田国際空港

仙台空港 8月24日(土)開催/参加者:60名

JALカード航空教室では、初めて夜に開催した航空教室。
空港スタッフより、震災当時の空港での出来事をお話いただいたり、
JALのバックオフィスを見学いただきました。

第1弾 宮城

最終便の到着を、特別な場所から出迎える参加者たち。

伊丹からの最終便を参加者一同待ちわびて、ようやく飛行機とご対面! 滑走路での見学となりました。

大阪国際空港(伊丹)10月19日(土)開催/参加者:60名

伊丹を拠点とするJ-AIRの全面協力のもと開催。
運航状況により、当日まで、格納庫に飛行機が駐機しているかどうか分からない状況でしたが、
皆さまの願いが通じ、飛行機とのご対面が実現しました。

第2弾 大阪

J-AIRの客室乗務員訓練施設にて。機内アナウンスや、避難訓練をご体験いただき、あらためて訓練の大切さを学びました。

中部国際空港 セントレア 12月7日(土)開催/参加者:午前40名・午後40名

第3弾 愛知

機長のフライトバッグの中身を大公開!バックはどのくらい重いのか…。

中部国際空港主催の「滑走路見学ツアー」にご参加。普段は立ち入ることのできない滑走路のまわりをバスで一周!
なかなかお目にかかることのないドリームリフターにも出会うことができました。

整備士の作業着、カバーオ ールのポケットの数を当てっこする参加者とセントレアの整備士。
ポケットからは、飛行機のステッカーが次々と出てきました。

セントレアのスタッフより、“セントレアのマニアックなお話”を披露。
エピソードも交えながらのとても楽しく面白い話ぶりに、参加者も釘づけ!

鹿児島空港 2014年2月22日(土)開催/参加者60名

第4弾 鹿児島

JALカードと同様、2013年で創立30周年を迎えたJAC(日本エアコミューター)の全面協力のもと、
JALカード航空教室では初めての九州での開催!

副操縦士との交流タイム。短距離路線ならではの苦労話や工夫などのお話に参加者もいっきに引き込まれました。

JACの客室訓練施設では、救命胴衣の試着体験やアメ配りを体験!

今回は特別に、フライトシミュレーターもご案内。ワクワクしながら、乗り込む参加者の皆さま。

成田国際空港 2014年3月22日(土)開催/参加者80名

航空教室キャラバン最終地は成田空港。
当日は、格納庫に767と787の機材が駐機していました。
参加者は大興奮で、整備士のご案内のもと格納庫内でお楽しみいただきました。

第5弾 千葉

普段接することのない機長と直接お話も! この機会に…と皆さん、たくさんご質問されていました。

救命胴衣の試着では、実際にふくらませた状態をご体験いただきました。