ここから本文です
JALカード航空教室〜特別編〜航空機撮影会in成田 イベントレポート
開催日 第一回 2016年9月10日(土)〜11日(日)1泊2日 第二回 2016年11月12日(土)〜13日(日)1泊2日 参加人数  各回40名様 昨年に引き続き、今年も航空写真家に学ぶ航空機撮影会を開催。まだ暑さが残る9月とすっかり秋めいた11月に1泊2日で開催した模様をご紹介します。
1日目 #整備士の話 最初のプログラムは、JALエンジニアリング品川さんによる整備のお話。話題が豊富で、整備のお話はもちろん、飛行機以外のお話も盛りだくさん。学生に戻って理科の授業を受けているようなあっという間の時間でした。
#格納庫見学 つづいて、格納庫では現役の整備士の案内による見学。安全のためヘルメットを着用し、格納庫へ向かいます。9月はボーイング787と767の2機、11月はボーイング787の1機が出迎えてくれました!
#カメラマンのお話 昼食後は、伊藤カメラマンによる撮影のお話。カメラ初心者の方にも分かりやすく撮影のコツを教えてくださいました。
#航空機撮影会 20名ずつベーシックコース(カメラの基本を学ぶ)とアドバンスコース(主に撮影技術を学ぶ)に分かれ、お待ちかねの撮影タイム!伊藤カメラマンのアドバイスにみなさん耳を傾けながら、シャッターを切り続けます!前から、横から、後ろから様々な角度から撮影。座って下から撮影する方も。
#パイロットの講話、フライトバッグの中身公開 9月は787機長の浅野さん(左)、11月は767機長の石川さん(右)によるパイロットのお話。飛行機に搭乗している間、パイロットはどんなお仕事をしているのか、また出発する前どんな気持ちでいるのかなど、普段はなかなか聞けないお話にみなさん興味津々なご様子。お二人とも丁寧に、そしてとても気さくに説明をしてくれました。
#懇親会 ホテルでは最上階フロアにて懇親会を実施。懇親会会場では、2ブースに分かれご自由にご参加いただきました。(右)伊藤カメラマンによる、撮影した写真を囲んでの懇親会(下)Nikonの機材展示と試し撮り、離発着する航空機の撮影
2日目 #航空科学博物館へ 9月はあいにくの雨模様で、屋外での撮影ができませんでしたが、11月は秋晴れ!普段は入ることのできない最上階の展望台を特別に開放いただきました。
#さくらの丘公園で屋外航空機撮影会 最後のプログラムは、滑走路を離発着する航空機が見えるさくらの丘公園へ。11月はなんと前日に格納庫で見学したボーイング787が離陸する時間帯と偶然重なり、「昨日、目の前で見ていた航空機が飛んでいる!」と喜んでいらっしゃる方も大勢いらっしゃいました。次々と離陸する航空機を存分に撮影できる時間となりました。
望遠レンズの使い方を教わります。初めて持つ望遠レンズにドキドキ! ご参加者同士でお話されることも ※本レポートは予め承認されたスタッフが撮影し、掲載にあたっては大使館より許可された画像のみ使用しています。
参加者の声
  • 普段、写真はスマートフォンばかりでの撮影でしたが、伊藤カメラマンから撮り方を教わり一眼レフを使ったことで、写真の楽しさを覚え興味が湧きました。とても充実したプログラムばかりで時間が過ぎるのがあっという間でした。良い思い出になりました。
  • 今回のイベントで聞いた話は今後飛行機に乗るたびに思い出しそうです。おみやげは思いが伝わる素敵なもので感動しました。他の参加者とお話をしたり、スタッフの方も楽しんでいたりと和やかな雰囲気でした。機会があったらまた参加したいです。
  • ものすごく貴重で贅沢な体験でした。パイロットやプロの航空写真家の話を聞ける上、めったに行けない場所から撮影ができとても楽しかったです。お金で買えない体験ができました、ありがとうございました。
  • 夫の好みで付いていった形で参加しましたが、大変楽しく充実した2日間でした。とても綿密に計画された内容であることがよく分かり、スタッフの方々の心からのおもてなしを感じました。整備士のお話は大人気で、ニコンの方は必要な時に丁寧に説明してくださり、ためになりました。ウキウキ過ごせた2日間で皆様に感謝します。
イベントリスト

JALカード航空教室 成田

ポルトガル大使館を訪ねて

JALカード航空教室 羽田

ルクセンブルク大使館を訪ねて

JALカード航空教室〜特別編〜航空機撮影会in成田

国際マナーセミナーと竹内海南江氏特別講演

JALカード航空教室 那覇

ページトップへ戻る