サンゴ礁が縁取る八重山の玄関口
19の島々からなる日本最南端の八重山諸島の主島・石垣島は八重山の政治、経済、文化の中心地。那覇から南西に450kmに位置し、ホノルルやマイアミとほぼ同緯度、気温も沖縄本島よりもさらに高くなります。

現在は、那覇や宮古島から石垣島への旅客用船便はないので、石垣島へは飛行機を利用します。
【航路及び所要時間】
・羽田空港から約3時間
・関西空港から約2時間半
・那覇空港から約1時間

石垣島・川平湾

石垣島フォトライブラリー

※入場料が別途必要となる施設・観光地がございます。ご出発前にお客さまご自身でご確認ください。

ピックアップ画

灯台・展望台からの眺めを楽しもう!

頂上からエメラルドの海を見ることの出来る展望台として有名なバンナ公園展望台。玉取崎展望台では左に東シナ海、正面に石垣島最北端の平久保崎、右に太平洋を眺望できます。石垣島の最北端に位置する平久保崎灯台。サンゴ礁に囲まれて様々なブルーを見せる海はまさに絶景。石垣島の美しい海をぜひ展望台で楽しんでみては。
バンナ公園展望台・玉取崎展望台・平久保崎灯台