ここから本文です

四国おすすめイベント

キャンペーン期間中、四国ではさまざまなイベントが開催されています!

愛媛県

東予東部圏域振興イベント
えひめさんさん物語

県内東部三都にまたがる発の地域振興イベント開催!
地域の資産とアートを融合させた催しが目白押し
愛媛県の東部に位置する新居浜市・西条市・四国中央市には、西日本最高峰の石鎚山、赤石山系、赤星山等の山々が連なり、その恵みを得て全国有数の「ものづくり産業」の一大集積地として発展しています。「えひめさんさん物語」は、この地域と資産とアートやアクティビティを融合させることで新しい風を吹き込み、このエリアならではの物語を紡いでいきます。

えひめさんさん物語 開幕祭

開催地 :
新居浜市山根公園
開催日:
2019年4月20日(土)

ものづくり物語

  • 1.工場のおしばい:5月3日(金)西条市・5月4日(土)新居浜市・5月5日(日)四国中央市(工場の煙突やクレーンに人格を与えて繰り広げる、映像プロジェクション野外劇)
  • 2.アーティストinファクトリー:5月4日(土)新居浜市・5月5日(日)四国中央市・5月18日(土)西条市 他(ものづくリ企業とアーティストが協働して作品を制作)
  • 3.オープンファクトリー:2019年通期、新居浜市・西条市・四国中央市(ものづくりの現場の凄さ、面白さを知る工場見学)

山の物語

  • 1.ハジメテトザン:2019年(期間中7回実施)を通じて、新居浜市・西条市・四国中央市で実施される初心者を対象としたガイド付き登山ツアー
  • 2.あかがね仲持ちチャレンジ&ガイドウォーク:5月12日(日)新居浜市で開催される別子銅山の歴史を再現するウォークイベント

子どもの物語

7月27日(土)新居浜市(銅夢にいはま)にて「子育てしやすい地域について考えるシンポジウム」が開催

電話番号:
0897-56-1300(東予東部圏域振興イベント実行委員会)

道後REBORNプロジェクト

歴史ある道後温泉のシンボルが「火の鳥」とコラボ
オブジェやライトアップで道後温泉本館を彩る
日本最古といわれる道後温泉のシンボルとして、国の重要文化財にも指定されている道後温泉本館の保存修理工事が1月15日より始まりました。これに伴い、保存修理工事を活かした観光資源化事業として、道後温泉全体を盛り上げる「道後REBORNプロジェクト」がスタート。工事中も本館1階の「神の湯」を楽しめるほか、工事中ならではの魅力を広く発信するために、手塚治虫がライフワークとして執筆した「火の鳥」と道後温泉本館がコラボレーションします。第1弾として、西面入口に「火の鳥」日除け幕・灯籠を設置。また、本館入浴券も「火の鳥」のデザインにまた2月1日からはコラボレーションの第2弾として、入口を明治の改築当時に使用されていた北面への変更に伴い新しい入口の上に火の鳥のオブジェを設置。さらに夜間はライトアップが行われ、光と音に包まれた道後温泉本館を楽しむことができます。

住所:
愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
開催期間:
2019年1月15日〜
電話番号:
089-921-5141(松山市役所 道後温泉事務所)

観光スマホアプリ「みかん人倶楽部」と
公式観光サイト「いよ観ネット」

観光情報やサービス特典にポイント交換など盛りだくさん
スマホを片手に愛媛旅行をエンジョイしちゃおう!
愛媛をおトクに旅するスマホアプリ「みかん人倶楽部」が好評実施中です。愛媛県公式観光情報アプリ「みかん人倶楽部」は、県内の観光スポット情報がぎっしりと詰まり、掲載観光施設での割引・サービス特典や施設をめぐって貯めたポイントの商品券交換など、とってもお得で楽しく愛媛旅行を満喫できるアプリです。ダウンロードは無料で、「App Store」または「Google Play」からインストールできます。愛媛県公式観光サイト「いよ観ネット」も忘れずチェックしてみて。さあ、スマホを手に、えひめ旅に出発しよう!

電話番号:
089-912-2491(愛媛県観光物産課)

愛媛マルゴト自転車道

誰もが自転車を楽しめるようにレンタルサイクルなどが充実
「しまなみ海道」など28コースでサイクリングを満喫しよう!
愛媛県では、サイクリングが”健康・生きがい・友情”をもたらす「自転車新文化」を提唱し、県全体で誰もが自転車を楽しめる「愛媛マルゴト自転車道」を目指し、瀬戸内海を望む海峡横断自転車道「しまなみ海道サイクリングロード」や「内子まちなみコース」など、計28コースを設定。レンタサイクル施設も各所に設置され、設備も充実しておりファミリーにも安心。まさにサイクリングパラダイス!

開催地:
愛媛県内全28コース(中上級者向け11コース/ファミリ一向け17コース)
電話番号:
089-912-2492(愛媛県観光物産課)

虹の森公園 おさかな館

カワウソのおやつタイムや、おさんぽペンギン、ペンギンのお食事タイムなどイベントが盛りだくさん

おさかな館は、日本一の清流・四万十川をはじめとする淡水に棲む魚たちを中心に、川の不思議や魅力を楽しく紹介している水族館です。 源流から河口の生態系をテーマに展示をしているオープン形式の屋外ジオラマ水槽では、生物が活き活きとした表情を見せ心を癒してくれます。また、河口域に生息する「幻の魚」アカメや、世界最大級の淡水魚ピラルクが、その大きな体と優雅な泳ぎで魅了してくれます。その他にも、コツメカワウソや愛らしいペンギンたち、二足立ちするワニ”だいごろう”など、個性あふれる動物たちにも出会えます。

詳細情報箇所

住所:
愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510-1
入館料:
高校生以上 900円 小・中学生 400円 幼児(三歳以上)200円
営業時間:
10:00〜17:00(閉園)
休館日:
元日・水曜(祝日・GW・7月〜8月・春休み・冬休み中は営業)
電話番号:
0895-20-5006

徳島県

阿波おどり会館&はな・はる・フェスタ2019

通年の実演施設と春の無料イベントで本場の「阿波おどり」を楽しみ尽くそう

「阿波おどり会館」では、約400年の歴史を持つ、徳島発祥の「阿波おどり」を250名収容の専用ホールで昼夜共に観覧できるほか、衣装や小道具などが展示されたミュージアムや、眉山山頂に至る眉山ロープウェイの山麓駅も併設されています。また、4月20日(土)、21日(日)は、徳島市内の新町川公園一帯で、入場無料の「はな・はる・フェスタ2019」を開催。阿波おどり有名連による迫力の流し踊りはもちろん、有名アーティストらによるステージや徳島名物が並ぶグルメストリートまで、様々なイベントが行われます。

【阿波おどり会館】

住所:
徳島県徳島市新町橋2-20
開館時間:
ホール:昼/11:00~ほか1日4回、夜/20:00〜
ミュージアム:09:00〜17:00 料金HP参照
電話番号:
088-611-1611

【はな・はる・フェスタ2019】

開催地:
新町川公園一帯
開催期間:
4/20(土)〜4/21(日)
電話番号:
088-655-7331(はな・はる・フェスタ実行委員会事務局)

徳島観光アプリ"徳島たびプラス"新登場!

割引や特典が受けられるサポートアプリで徳島観光をもっと”お得”にさらに”便利”に!

徳島観光の必需品だった「おどる宝島!パスポート」がパワーアップ。アプリの「徳島たびプラス」になって、あなたの旅をサポートします。アプリをダウンロードすれば、県内の宿泊施設や観光施設、飲食店など、約600施設で割引やプレゼントなどの特典が受けられるほか、アプリ内の「スタンプラリー機能」でスタンプを集めると、特産品や航空券などの豪華な景品が当たるチャンスも。さらに、迷うことなく目的地まで案内してくれる「GPSナビ機能」や、英語や繁体字などに対応した「多言語機能」なども備えています。

開催地:
徳島県内全域ほか
応募期間:
プレゼント締切は12月31日まで。
電話番号:
088-654-1844(徳島たびプラス運営事務局)

#徳島あるでないでSNS投稿キャンペーン!

徳島にはこんな魅力が”あるじゃないか!”
みんなで盛り上げるSNSキャンペーンがスタート

徳島の魅力的な観光地やグルメ、人やシチュエーションなどを新発見&再発見した写真をSNSに投稿すると、徳島の誇る自慢の特産品をゲットできるキャンペーンが4月よりスタートします。阿波弁で「あるじゃないか」を意味する【#徳島あるでないで】をタグにつけてとっておきの写真を投稿すると、公式のインスタグラムやフェイスブックで随時、ご紹介していきます。キャンペーンの詳細は、「徳島あるでないで」で検索。みんなで力を合わせて、知られざる徳島の魅力を全国に向けて、どんどん発信していきましょう!

開催地:
徳島県内各地
開催期間:
2019年4月〜2020年3月末
電話番号:
088-621-2340(徳島県観光政策課)

大塚国際美術館

ミケランジェロにゴッホまで原寸大で再現された
約1000点の西洋名画をじっくり鑑賞できる

日本最大級の常設展示スペースを持つ大型の美術館で、世界26ヶ国、190あまりの美術館が所蔵する西洋名画およそ1000点を陶板で原寸大に再現し、展示しています。ミケランジェロの「システィーナ礼拝堂天井画及び壁画」やゴッホが描いた全7点の花瓶の「ヒマワリ」など、世界的な名画を日本に居ながらにして鑑賞することができます。作品は地下3階から地上2階まで約4kmに渡って展示されておリ、毎日開催されている美術ボランティアによる定時ガイドや携帯式イヤホンガイドなどの案内が充実しているのも特徴です。

住所:
鳴門市鳴門町鳴門公園内
開館時間:
9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
月曜休館(祝日の場合は翌日)※その他、特別休館あり、8月無休
館料:
一般3,240円 大学生2,160円 小中高生540円(税込)
電話番号:
088-687-3737

ハレルヤスイーツキッチン

食べて、作って、ハッピーいっしょに届けよう!

1930年(昭和5年)創業。ハレルヤ製菓の時から、地元徳島の皆様に親しまれてきました「ハレルヤ」が、新しい装いで「ハレルヤスイーツキッチン」としてオープンいたしました。出来立てのお菓子を食べて頂ける「Blue Note Cafe」、お菓子づくりの体験や工場見学、楽しさいっぱいのお菓子屋です。地元・県外のお客さまに、おいしいお菓子と共に過ごす心地よい時間をご用意して、お待ちしております。

スイーツビュッフェ(土日祝のみ)

OPEN/11:00〜15:00(最終入店13:30)
大人1,200円、子供(小学生6年生以下)900円 3歳以下無料

お菓子作リ体験

毎週水・土・日(1回目11:00〜11:50、2回目15:30〜16:20)体験料金:1回お一人様800円

詳細情報箇所

住所:
徳島県板野郡松茂町広島字北川向四ノ越30
電話番号:
088-699-7611

香川県

瀬戸内国際芸術祭2019

「海の復権」を掲げた3年に1度の芸術祭が開催!
美しい自然と人が交差する瀬戸内でアートに触れる

「瀬戸内国際芸術祭」は、3年に1度行われる現代アートの祭典で、4月26日に開幕します。4度目となる今回は「ふれあう春」、「あつまる夏」「ひろがる秋」と、会期ごとにテーマをもうけ、3会期、合計107日間の開催を予定しています。今回も、直島や豊島、小豆島など12の島々と、高松港&岡山県宇野港の2つの港を舞台に、日本はもちろん世界各国からアーティストや芸術家が参加。瀬戸内の島々に活力を取り戻し、すべての地域の「希望の海」となることを目指し、テーマごとに様々なアート作品やプロジェクトに取り組みます。プロジェクトではアーティストによる瀬戸内の「資源」や「食」を使ったアート作品や芝居・舞踏の公演など、様々な試みが展開。また、今回、ガイドの案内のもと、瀬戸内の島々と2019年の新規作品を中心としたアート作品をチャーター船で巡る「オフィシャルツアー」も始まります。美しい島々の中に溶け込む瀬戸内のアートを堪能してみませんか。

開催地 :
瀬戸内の12の島+高松港・宇野港
開催日程:
春:4月26日(金)〜5月26日(日)、夏:7月19日(金)〜8月25日(日)、秋:9月28日(土)〜11月4日(月)
電話番号:
087-813-2244(瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局)

父母ヶ浜(ちちぶがはま)

日本のウユニ湖とも呼ばれる瀬戸内海のロングビーチ
海面に現れた天空の鏡が幻想的な世界を作り出す!

三豊市の父母ヶ浜は瀬戸内海のほぼ中央に位置する遠浅の海岸で、南北幅1キロにわたる長い砂浜が続きます。毎年夏には海水浴客で賑わう一方で、近年は瀬戸内海屈指の絶景スポットとしても注目され、多くの人が来訪。干潮の時間帯、風が吹かずに水面が波立たなければ、砂浜にできる「潮だまり」が鏡のようになり、空を映し出します。そのフォトジェニックな光景は、南米ボリビアのウユニ塩湖にも似ており、"SNS映え"するスポットとして多くの人を魅了しています。また、瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に沈む夕陽はとても幻想的で、「日本の夕日百選」にも選ばれるほど。ぜひともカメラを持って訪れたいスポットです。周辺には旅館やホテルなどの他、古民家をリノベーションしたゲストハウスやキャンピング場にグランピング施設も。また、カフェやレストラン、プールやスパを備えた総合レジャー施設などもあり、1日を通してこのエリアで楽しむことができます。

住所:
香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3
電話番号:
0875-56-5880(三豊市観光交流局)

うどん県おもてなしパスポート

割引やプレゼントなどお得情報が満載の必須アイテム
クーポンやスタンプラリーで香川をまるっと遊んじゃおう!

うどん県=香川県をおトクに旅するためのアイテムなのが、この「うどん県おもてなしパスポート」。参加施設のスタンプを集めて応募すると抽選で県産品が当たる「うどん県周遊スタンプラリー」をはじめ、県内の対象施設・店舗で提示するだけで割引がある「うどん県得するクーポン」。また対象施設に宿泊すると割引、さらに2泊すると抽選で宿泊券1万円が当たる「うどん県宿泊キャンペーン」など、お得な情報が満載です。

配布場所:
県内では各交通機関ターミナル、観光スポットなど、県外では香川・愛媛せとうち旬菜館、香川県東京事務所、香川県大阪事務所で配布。
電話番号:
087-832-3377(公益社団法人香川県観光協会)

特別名勝 栗林公園

豊かな自然を擁する広大な敷地内は植物や生き物の宝庫
“絵”になるスポットも盛りだくさんの回遊式大庭園へ!

国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ栗林公園は、四百年近い歴史を誇る江戸初期の回遊式大名庭園です。四季折々の風物にも恵まれ、一歩一景といわれる変化に富んだ美しさを醸し出します。回遊式大名庭園の魅力を最も手軽に楽しみたいなら、広さ約7,890m2の南湖に舟を浮かべて巡る南湖周遊和船がオススメ。湖面に映った半月を思わせる「偃月橋(えんげつきょう)」を水面から眺めるも、また格別の美しさです。

住所:
高松市栗林町1-20-16
開圏時間:
開圏時間:4月・5月は5:30〜18:30/6月・7月・8月は5:30〜19:00/無休
料金:
大人 410円/小中学生 170円
電話番号:
087-833-7411(栗林公園観光事務所)

マルキン醤油記念館

国の有形文化財に登録された合掌造りの建物
醤油造りの歴史と製造方法を紹介

「マルキン醤油記念館」は1987年に丸金醤油の創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場のひとつを記念館として改装開館しました。諸味からしょうゆを搾リ出す圧搾工場だったこの建物は、合掌造りとしては国内最大規模を誇るもので、1996年に国の登録有形文化財に指定されました。記念館に隣接した「物産館」では、天然醸造蔵の木桶で仕込んだ「初しぼり生」しょうゆを使ったオリジナルの「しょうゆソフトクリーム」を販売しています。ご来館の際にはぜひご賞味ください。

詳細情報箇所

住所:
小豆郡小豆島町苗羽甲1850
開館時間:
9:00〜16:00/6月11日(火)・6月18日(火)休
入場料:
大人210円、小人100円
電話番号:
0879-82-0047

高知県

リョーマの休日〜自然&体験キャンペーン〜

高知ならではの大自然やアクティビティを堪能
かけがえのない時間を過ごしてパワーチャージ!

高知県では、2月1日から県内の自然や体験メニューを満喫いただける「リョーマの休日〜自然&体験キャンペーン」を実施しています。このキャンペーンでは、ファミリーフィッシングやラフティング、シーカヤックやダイビングなどの大自然を満喫できるアクティビティから地元の人との触れ合いや街歩き、生活文化体験まで、様々な体験プログラムが充実。さらに、高知へ観光に来た人に向けて、高知のおすすめスポットを巡る周遊モデルコースや観光イベント情報も盛りだくさん。それぞれの目的に合わせた楽しみ方を提案していきます。豊かな自然が育んだ高知自慢の絶品グルメに舌鼓を打つもよし、偉人のゆかりの地を巡って、悠久の歴史に思いを馳せるもよし、高知で過ごすかけがえのない時間があなたの心をリフレッシュし、明日への活力を与えてくれるはずです。

開催地:
高知県内全域
開催期間:
2019年2月1日〜2020年12月31日(予定)
電話番号:
088-823-9708(高知県自然・体験型観光キャンペーン実行委員会)

高知県立牧野植物園

世界的な植物学者の牧野博士が愛した植物がお出迎え
3,000種類以上の草花が四季を彩る県内屈指の癒やしスポット

8ヘクタールの広大な面積を誇る「牧野植物園」は、日本植物分類学の礎を築いた高知県出身の植物学者・牧野富太郎博士の偉業を顕彰するため、1958年4月に高知市の五台山に開園しました。園内は、様々な庭園や展示館、広場や研究施設などがあり、3,000種類以上の野生植物が訪れる人の目を楽しませます。また、東洋の園芸植物を観賞できる「50周年記念庭園」や、「温室」などの他、2019年3月には眺望に恵まれた芝生広場「こんこん山広場」がオープン。さらに、この春には、植物に触ったり香りを楽しんだりできる体験エリア「ふむふむ広場」をオープンする予定です。
イベントも豊富で、季節の植物展示会や夜間開園イベントなども開催。展示館では牧野博士の業績や生涯を知ることのできる常設展のほか、年に数回企画展も行われます。

住所:
高知県高知市五台山4200-6
開園時間:
9:00〜17:00(12/27〜1/1、6/24、9/30、2020年1/27は休園)
入園料:
一般720円(高校生以下無料)
電話番号:
088-882-2601

柏島

ダイビングや磯釣りで賑わう西南端の自然豊かな島
透明度の高い澄んだ海と心洗われる絶景に大感動!

高知県の西南端に位置する大月町の柏島は、町のさらに西南端に浮かぶ周囲約4キロの小さな島で、本島とは2本の橋で結ばれています。澄んだ海と絶景、そして豊富な生態系が島の魅力。島の海にはテーブル珊瑚が群生しており、船が宙に浮いて見えるほどの高い透明度があることから、近年はシュノーケリングやスキューバダイビングなどで全国的に注目を集めています。また、太平洋の黒潮と豊後水道がぶつかる周辺海域は、約1,000種類もの海の生物が生息し、磯釣りスポットとしても人気です。

住所:
高知県幡多郡大月町柏島
電話番号:
0880-62-8133(大月町観光協会)

北川村「モネの庭」マルモッタン

本家フランスの指導を受けて美しい庭園を再現
光の画家が愛したジヴェルニーの美しい風景を楽しもう

「モネの庭」は、“光の画家”と呼ばれた印象派画家の巨匠クロード・モネが、その景色の美しさに魅了されて移り住んだというフランス北部のジヴェルニーのモネの自宅の庭をモデルに作られました。本家フランスのクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら再現された庭は、「モネの庭」を名乗ることを認められた世界で唯一の庭園で、モネの創造の源泉となった風景が広がります。園内は花の庭、水の庭、光の庭に分かれており、特にモネがこよなく愛し、多くの絵画のモチーフにしたスイレンは、水の庭にて6月から見頃を迎えます。

住所:
高知県安芸郡北川村野友甲1100
開園時間:
9:00〜17:00 休園は、毎週火曜休園(4月〜6月は無休)、メンテナンス休園(12月〜2月末)
入園料:
一般700円、小・中学生300円、未就学児無料
電話番号:
0887-32-1233

創造広場「アクトランド」

感性を刺激する8つの展示館に大人も子供も圧倒
ここだけでしか見られないものが盛りだくさん!

高知空港から車で10分の場所にある芸術・文化・技術をテーマにした総合テーマパークで、坂本龍馬の激動の人生を蝋人形で再現した「龍馬歴史館」や、幕末の天才絵師・弘瀬金蔵の作品を展示した「絵金派アートギャラリー」、貴重なクラシックカーが並ぶ「世界クラシックカー博物館」など、8つの個性的な展示館で構成されています。他にも、超巨大ジャングルジムやオリジナルブランコで遊べる「わんぱく広場」や、夏には水遊びコーナーがオープンするなどの無料スペースも充実。お土産コーナーや飲食施設も併設されており、季節ごとのイベントも盛りだくさん。大人も子供も1日中楽しむことができちゃいます。

詳細情報箇所

住所:
高知県香南市野市町大谷928-1
開館時間:
10:00〜18:00 定休日なし
入場料:
龍馬歴史館 大人1,500円/高校生以下800円 他7館(各館)大人1,000円/高校生以下500円
電話番号:
0887-56-1501

国内線航空券を検索する

出発
到着
行き
帰り
大人(12歳~)
小児(3~11歳)
幼児(0~2歳)
クラス

小児・幼児について

航空券とホテルを自由に組み合わせ可能なパッケージツアー

JALダイナミックパッケージ 航空券とホテルを自由に組み合わせで、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能! 7日前までがおトク! オプショナルプランも購入可能なスマートフォンサイトもあります

 

ページトップへ戻る