各国の入国条件、
検疫体制について

各国の入国条件や検疫体制は日々状況が更新されております。
最新情報をご自身で必ず事前にご確認ください。

重要

日本入国時の水際措置が変更されております。
また、日本政府より、入国者の増加に伴う混雑緩和の協力要請が出されております。
必ず「日本に入国するお客さまへ」ページをご確認ください。

〔日本到着後、国内線へ乗り継ぎのお客さま〕

国際線で到着後に日本への入国手続きが必要です。
また、日本到着後の入国・検疫手続きに時間を要しております。(混雑状況により、約5時間を要する場合がございます。)
そのため、必要最低乗り継ぎ時間を満たしたご旅程であっても、お乗り継ぎいただけない場合がございます。必ず以下をお読みください。

〔日本到着後、国際線へ乗り継ぎのお客さま〕

国際線で到着後、乗り継いで第三国に移動される方のうち、以下の場合は日本への入国が必要となります。
外国籍のお客さまは、乗り継ぎのための入国は原則認められませんのでご注意ください。
・羽田空港-成田空港間や、関西空港-羽田空港間などの日本国内移動を伴う乗り継ぎ
・成田空港における翌日以降の乗り継ぎ

各国の入国条件・検疫制限について

検索条件を指定のうえ、各国の渡航制限や必要書類をご確認いただけます。

  • 渡航要件が集約されたSherpa提供サイト(外部サイト)へ遷移します。サイト内の規約に従ってご利用ください。
  • Sherpaに掲載されている情報は、最新情報ではない場合や言語表現が最適でない場合がございます。ご出発前に、必ずパスポート国(国籍)・渡航先各国の大使館または領事館・保健機関関連情報にて最新の情報をご確認ください。

検索条件

閉じる

各国の入国条件や検疫体制は日々状況が更新されております。
渡航書類や検疫書類の不備により、入国が不許可となったり、搭乗をお断りする場合がございます。
また、他社運航便(コードシェア便を含む)については、運航航空会社が独自の搭乗要件や制限を設定していることがございます。詳細は、運航航空会社にてご確認ください。

出国前にご利用いただける各種サービスについて

海外における新型コロナウイルス感染症検査のご紹介

海外渡航を予定されているお客さま向けに、新型コロナウイルス感染症検査が可能な医療機関をご紹介します。

(日本ご出発用)空港での手続きがスピードアップする「VeriFLY」

ワクチン証明書や宣誓書(米国の場合)など、面倒な書面の提出を事前に済ませることができる無料のアプリです。
混み合う搭乗手続きや到着後の検疫確認がスムーズになります。

各地の空港・機内で

各空港、機内においてさまざまな検疫体制強化、取り組みを行っております。

各地の空港についてご確認ください

  • 外部サイトの場合はアクセシビリティガイドラインに対応していない可能性があります。

機内で

新型コロナウイルス感染症の影響による機内サービス変更情報についてご案内いたします。

日本の空港で

日本に入国・滞在されるお客さま

日本政府は、入国者の増加に伴う入国時の混雑緩和のため、MySOS(入国者健康居所確認アプリ)を通じて、検疫書面の確認手続きを事前に済ませることができ、入国時の確認が省略できる「ファストトラック」の利用を強く推奨しております。
(到着予定時刻の6時間前までの申請が必要)
詳細は以下のページをご確認ください。

日本到着地から乗り継ぎのお客さま

国際線へお乗り継ぎのお客さま

日本に入国せず、乗り継いで第三国に直接移動される方は書類の提出および検査の対象外です。
ただし、以下の場合は日本への入国が必要となります。外国籍のお客さまは、乗り継ぎのための入国は原則認められませんのでご注意ください。

  • 羽田空港-成田空港、関西空港間などの日本国内移動が伴う乗り継ぎ
  • 成田空港における翌日以降の乗り継ぎ

また、日本で乗り継いで入国される第三国の入国条件・検疫情報については、「各国の入国条件・検疫強化」をご確認ください。

国内線へお乗り継ぎのお客さま

入国後24時間以内に待機のために自宅などまで移動する場合に限り、公共交通機関の使用が可能となります。
現在、国際線で到着され日本に入国されるすべてのお客さまは、検疫手続きなど新型コロナウイルスの水際対策により入国手続きが完了するまでに長時間を要しております。航空会社が設定する必要最低乗り継ぎ時間を満たしたご旅程であっても、お乗り継ぎいただけない可能性もございます。お乗り継ぎ時間に余裕を持ったご旅程をご検討いただきますようお願いいたします。
詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。

また、早く入国手続きが完了し、ご予約便より早い便に間に合う可能性のある状況になりましたら、変更を承ることができる場合もございます。入国手続き完了後、日本航空係員にご相談ください。

入国制限に伴うチェックイン・航空券の取り扱いについて

各地域の渡航制限に伴い、特定の路線においてWebチェックインの一部機能および自動チェックイン機の使用を停止させていただく場合がございますのでご了承ください。

出発空港または、到着空港にて出入国制限を受けられたお客さまは、JAL国際線航空券の変更・払い戻しを、運賃規則にかかわらず、手数料をいただくことなく承ります。

  • 旅行会社などJAL以外で航空券をご購入のお客さまは購入元へお問い合わせください。

重要

各国・地域の入国制限・検疫規則が随時変更されております。
渡航前に目的地や経由地の政府機関や大使館などのホームページなどで最新の情報をご確認いただきますようお願いいたします。

各国の入国条件・検疫制限について

検索条件を指定のうえ、各国の渡航制限や必要書類をご確認いただけます。

  • 渡航要件が集約されたSherpa提供サイト(外部サイト)へ遷移します。サイト内の規約に従ってご利用ください。
  • Sherpaに掲載されている情報は、最新情報ではない場合や言語表現が最適でない場合がございます。ご出発前に、必ずパスポート国(国籍)・渡航先各国の大使館または領事館・保健機関関連情報にて最新の情報をご確認ください。

検索条件

閉じる

各国の入国条件や検疫体制は日々状況が更新されております。
渡航書類や検疫書類の不備により、入国が不許可となったり、搭乗をお断りする場合がございます。

なお、入国条件に加え、一部地域では、各国の要請に基づき弊社にて特別な対応を実施している場合があります。詳細は以下よりご確認ください。
また、他社運航便(コードシェア便を含む)については、運航航空会社が独自の搭乗要件や制限を設定していることがございます。詳細は、運航航空会社にてご確認ください。

出国前にご利用いただける各種サービスについて

日本におけるPCR検査のご紹介

海外渡航を予定されているお客さま向けに、PCR検査が可能な医療機関をご紹介します。

(日本ご出発用)空港での手続きがスピードアップする「VeriFLY」

ワクチン証明書や宣誓書(米国の場合)など、面倒な書面の提出を事前に済ませることができる無料のアプリです。
混み合う搭乗手続きや到着後の検疫確認がスムーズになります。

日本の空港・機内で

お客さまへのお願いとJALの取り組み

感染防止のため、ご搭乗に際し注意が必要なことや弊社の取り組みについてご紹介いたします。

入国制限に伴うチェックイン・航空券の取り扱いについて

各地域の渡航制限に伴い、特定の路線においてWebチェックインの一部機能および自動チェックイン機の使用を停止させていただく場合がございますのでご了承ください。

出発空港または、到着空港にて出入国制限を受けられたお客さまは、JAL国際線航空券の変更・払い戻しを、運賃規則にかかわらず、手数料をいただくことなく承ります。

  • 旅行会社などJAL以外で航空券をご購入のお客さまは購入元へお問い合わせください。