海外旅行保険について

JAL eトラベルプラザでは、お客さまにより快適なご旅行をしていただくために万全を期しておりますが、より一層のご安心のため、海外旅行保険へのご加入をおすすめしております。
海外旅行保険では、旅先でのケガや病気による治療費や入院費はもちろん、手荷物の破損・盗難事故まで幅広く補償されます。
海外での医師の治療を受けた場合、国によっては大変高額な医療費を請求されることがあります。
ぜひとも十分な補償内容でご契約されますようお願い申し上げます。

海外旅行保険 Q&A

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されていますが、保険の内容は、どのクレジットカードも同じですか?

いいえ。
お持ちのカードの種類により補償される保険の内容は異なります。
なかには、海外旅行保険の「疾病死亡」補償が付いていなかったり、補償額が低かったり、一定の利用条件が付いている場合もあります。
まずは、ご自分のクレジットカードの付帯保険の内容をカード会社からのご案内などでお確かめください。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険だけでは十分ではないのですか?

クレジットカードの付帯保険には「疾病死亡」補償が付いていないのが一般的です。
また、海外で病気やケガを治療してもらう場合、驚くほど医療費は高くなることもあり、上乗せ補償として任意の海外旅行保険へも加入しておくことをおすすめします。
健康保険がきかない海外で手術などを行うと、200万円以上かかることは決して珍しいことではありません。
お持ちのカード付帯保険の治療費用の保険金額が50万円や100万円というような場合には、任意保険の加入もぜひお考えください。

複数のクレジットカードを持っていれば、万一の事故による死亡の際には、それらのカード付帯保険の合計額が支払われるのですか?

いいえ。
傷害死亡・後遺障害の補償については、いくら複数のカードを持っていても、その合計額が支払われるのではなく、そのなかの1枚の最高額が限度となります。
カード付帯保険にプラスして任意保険にも入れば、その両方の傷害死亡・後遺障害の保険金が支払われます。

保険は空港でも加入できますよね?

空港でも加入できますが、混んでいる空港で、あわただしく搭乗手続きをし、結局保険を掛け忘れるというような可能性があります。
また、万一空港に行く途中でカメラを壊した、ケガをしたというような場合、どうされますか?
自宅出発前に加入していれば、自宅を出発してから空港までの事故も補償されます。

以前に旅先で病気になった時、カード付帯保険を利用しようとしたのですが、連絡先がよくわからず、病院の手配なども自分でしなければなりませんでした。
何か安心して受けられるサービスはありますか?

いくらクレジットカードに保険が付いていても、イザというときの現地での連絡先を知っていなければ、高額治療費の支払いや言葉の不自由な相手とのやり取りで不安は募るばかりです。
必要な書類などが揃わずに帰国後補償されないというケースもあります。
カード付帯保険では、病院の手配・通訳手配などすべて自分でしなければならない場合も少なくありません。
その点、任意保険ではアクシデントの際のサポートサービスが充実しています。

・日本語スタッフによる安心の事故対応(24時間・365日)
・病院・医師の紹介・予約の手配
・提携病院でのキャッシュレス治療 など

【JALマイレージバンク会員の方】

海外旅行保険申込

【JALマイレージバンク会員以外の方】

海外旅行保険申込

左記の[海外旅行保険申込]ボタンをクリックするとジェイアイ傷害火災保険のインターネット契約サービスへ移動します。
当代理店は、ジェイアイ傷害火災保険(株)の保険取扱代理店であり、当サイトを通じて保険契約の締結を行ないます。
取扱代理店:株式会社ジャルパック、引受保険会社:ジェイアイ傷害火災保険株式会社
勧誘方針

保険のお申し込みにあわせて、JALマイレージバンクへ新規入会する!
JALマイレージバンク新規入会