特別版 長崎編 ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

グルメの旅レポーターはんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

ご当地グルメの旅トップページはこちら

長崎景色

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤コラボ企画!今回は長崎編。長崎市へ2泊3日で行ってきました!かつて江戸時代、日本は鎖国状態。その中で、国内唯一の江戸幕府公認の国際貿易港である出島があったのが、長崎。そのため、随所に異国情緒が今も残っています。そして、地形的にもすり鉢状になり、平地が少なく、市の中心部は三方を山に囲まれていて、「坂の街」「階段の街」と呼ばれることも。その地形ゆえの美しさも兼ね備え、「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコとともに、長崎も世界を代表する夜景都市、いわゆる「世界新三大夜景」都市として認定されたほど。さて、今回も旅が、始まります!

今回は長崎県の長崎市周辺へ2泊3日で行ってきました!

「ちゃんぽん」で壮大なスケールを知る

約10年前、初めてこの建物を見た時、あまりの壮大なスケールに、お城か、ホテルかと、目を疑ったことを覚えています。僕は、ガイドブックを片手に「ちゃんぽん」を食べに来たのです。何度、地図を見ても、住所がここ。じっと、建物を凝視すると、そこにはお目当ての中華料理店『四海樓』の文字が!あまりに中華料理店離れした壮大なスケールに、思わず、腰を抜かすかと思いましたよ。『四海樓』は、明治25年の時、19歳だった華僑の陳平順氏が中国福建省から長崎に渡り、明治32年に中華菜館兼旅館として創業したのが始まり。こちらへ真っ先に伺ったのは、兎にも角にも長崎名物をいただこうと思ったため。長崎名物のグルメはいろいろありますが、その筆頭とも言えるのが「ちゃんぽん」でしょう。実はこの「ちゃんぽん」は、こちらが元祖。陳氏が、中国人留学生たちに、安くてボリュームがあり栄養満点の料理を提供したいと、考案したとか。

店舗情報

四海樓(しかいろう)

  • 住所長崎県長崎市松が枝町4-5
  • 電話095-822-1296
  • 営業11:30〜15:00、17:00〜21:00(20:00L.O.)
  • 定休日不定休
  • 料金ちゃんぽん972円、炒麺(細麺の皿うどん)972円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 建物を設計したのは『四海樓』3代目の次男である、陳優宏さん。平成12年に建てられたとか。

    建物を設計したのは『四海樓』3代目の次男である、陳優宏さん。平成12年に建てられたとか。

  • エレベーターでレストランがある5階へと昇れば、店内の先に広がる長崎の海に、感動すら覚えてしまいます。

    エレベーターでレストランがある5階へと昇れば、店内の先に広がる長崎の海に、感動すら覚えてしまいます。

  • こちらが「ちゃんぽん」。中華料理の調理技術と長崎の山海の食材によって生まれた、長崎生まれの中華料理。

    こちらが「ちゃんぽん」。中華料理の調理技術と長崎の山海の食材によって生まれた、長崎生まれの中華料理。

  • 『四海樓』は「皿うどん」も元祖と言われています。今回は細麺タイプを。

    『四海樓』は「皿うどん」も元祖と言われています。今回は細麺タイプを。

  • 今は、4代目の陳優継さんがお店を切り盛りされています。

    今は、4代目の陳優継さんがお店を切り盛りされています。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 長崎を代表する名所・眼鏡橋近くの中島川公園へと向かいました。

    長崎を代表する名所・眼鏡橋近くの中島川公園へと向かいました。

  • 種類は「プレーン」だけかと思いきや、意外にもさまざまなアイスが。長崎産の幻の果実と呼ばれる“ゆうこう”を使用したものも。

    種類は「プレーン」だけかと思いきや、意外にもさまざまなアイスが。長崎産の幻の果実と呼ばれる“ゆうこう”を使用したものも。

  • 希少価値が高く薫り高いゆうこうを使った贅沢なアイス。柑橘系の良さも光ります。ゆうこうは契約農家さんから直接仕入れています。

    希少価値が高く薫り高いゆうこうを使った贅沢なアイス。柑橘系の良さも光ります。ゆうこうは契約農家さんから直接仕入れています。

  • こちらも、やはりバラの花のごとく。いただけば、本当にカステラの風味が活きているんです。さすが長崎。

    こちらも、やはりバラの花のごとく。いただけば、本当にカステラの風味が活きているんです。さすが長崎。

  • 「プレーン」は、ほんのりバニラ味。この「ちりんちりんあいす」は「氷菓(ラクトアイス)」というカテゴリーに分類されるそう。

    「プレーン」は、ほんのりバニラ味。この「ちりんちりんあいす」は「氷菓(ラクトアイス)」というカテゴリーに分類されるそう。

懐かしき「ちりんちりんあいす」は色褪せない

長崎市内を歩いていると、観光地などでアイスクリーム屋さんに遭遇することが多いです。それは「ちりんちりんあいす」と呼ばれているもの。それを求めて、今回は眼鏡橋近くの中島川公園へと向かいました。「ちりんちりんあいす」は、『前田冷菓』の登録商標です。現在の社長は、3代めの前田紀仁さん。母方の祖父母である、前田亀作氏とヤスさんが、昭和35年に始めた移動販売の屋台がルーツ。もともと亀作氏は『東洋軒』からアイスキャンデーをたくさん仕入れて、販売していたそう。それが「自分で作ろう!」という事になり、誕生したのだとか。当時は子ども向けの紙芝居や豆腐、野菜などの行商が、売り歩く際に鐘を鳴らして長崎市内を回っていました。これと同じように当時は三角頭巾に割烹着姿で屋台を押し、鐘を鳴らして流し売りをしていたことから次第に皆さまから「ちりんちりんあいす」と親しみをこめて呼ばれるように(今は鐘を鳴らしていません)。

店舗情報

前田冷菓(ちりんちりんあいす) 眼鏡橋付近

  • 住所長崎県長崎市栄町付近
  • 電話095-848-9200
  • 営業9:00〜17:00頃
  • 定休日不定休
  • 料金ゆうこう150円、カステラ味150円、プレーン150円
この店舗のマップを見る
あら(クエ)を堪能できる料理店

長崎市の銅座町は、市内でも有数の繁華街。江戸時代は輸出用銅を鋳造する施設のあった地で、現在は繁華街として、特に、夜に賑わう地。商店会としての結束も強く、「ウーメンスタンプラリー」を開催したりと、活性化につとめています。その一画にあるのが『銀鍋』。1階のテーブル席のほか、2階の椅子個室や中宴会場、3階の宴会場、4階の“酒菴(Shuan)”と名付けられたカウンターや個室、宴会場がある、会席料理・長崎料理店。特に3階は100人規模の宴会ができるほど。

店舗情報

銀鍋

  • 住所長崎県長崎市銅座町7-11
  • 電話095-821-8213
  • 営業11:30〜14:30、17:00〜23:00(日曜17:00〜21:30)
  • 定休日12月31日・1月1日・8月15日
  • 料金青一髪540円(ボトル2,710円)、壱岐ゴールド540円(ボトル2,710円)、対馬やまねこ430円(ボトル2,150円)、満々540円(2,710円)、杵響の蔵(4合瓶)2,970円、みずの光彩870円、刺盛 雪2,540円、あら うす造り1,730円、あらのあら煮1,730円、あらしゃぶ2,910円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • さすがは、きちんとした料理店です。地元長崎の焼酎や日本酒も各種揃っています。

    さすがは、きちんとした料理店です。地元長崎の焼酎や日本酒も各種揃っています。

  • 現在は、2代目の新ヶ江憲和さんが、陣頭指揮をとっています。

    現在は、2代目の新ヶ江憲和さんが、陣頭指揮をとっています。

  • 料理はコースほか、単品も。たとえば、お刺身。季節によって変わりますが、五島の「さば」、長崎の「いさき」、大村の「うに」など。

    料理はコースほか、単品も。たとえば、お刺身。季節によって変わりますが、五島の「さば」、長崎の「いさき」、大村の「うに」など。

  • あらのうす造り「あら」とは「クエ」のことだそう。うす造りですが、しっかりとした弾力と歯ごたえあり。

    あらのうす造り「あら」とは「クエ」のことだそう。うす造りですが、しっかりとした弾力と歯ごたえあり。

  • あらしゃぶ。さっと「しゃぶしゃぶ」しただけで、ぽん酢や赤おろしなどで味わいます。冬場は「あらちり」も提供なさっています。

    あらしゃぶ。さっと「しゃぶしゃぶ」しただけで、ぽん酢や赤おろしなどで味わいます。冬場は「あらちり」も提供なさっています。

ページのトップへ

長崎グルメ旅、2日目は、伝統的料理からスタートです!

明治創業の老舗で卓袱料理を

長崎の郷土料理というと、ちゃんぽん、皿うどん、カステラなど幅広く存在しますが、一番「長崎らしい」と言われるのが「卓袱料理(しっぽくりょうり)」です。今日はまず、それをいただきに伺いました。場所は金屋町の『坂本屋』。外観からして、料亭の雰囲気がひしひしと伝わってきます。もともとは、長崎街道矢上宿で呉服商両替商を営んでいた、初代・坂本寅一氏が、明治初期に現万才町に移り、明治27年に現在地である金屋町に旅館を構えたのが最初だそう。なので、今でも、旅館&料亭という2大看板を背負っての営業です。長崎の「卓袱料理」は、最初からたくさんのメニューが卓上に並びます。テーブルが円卓になっているのが通常なのですが、これは、江戸時代、天領の地であったゆえに、他の城下町とは違って、武士も役人も町人も、ひとつの膳を囲んで、分け隔てなく和気あいあいと味わえる、という意味があるそう。朱色の円卓は「卓袱台」と呼ばれ、網の目模様になっています。

店舗情報

坂本屋

  • 住所長崎県長崎市金屋町2-13
  • 電話095-826-8211
  • 営業11:30〜13:30(L.O.)、17:30〜20:30(L.O.)
  • 定休日無休
  • 料金卓袱のコース料理4,000円+税(料理内容は時期により変動)※予約は2名から
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • もともと旅館ということもあり、お部屋はすべて個室です。僕が伺ったところは座敷ですが、和室で椅子対応もなさっているそう。

    もともと旅館ということもあり、お部屋はすべて個室です。僕が伺ったところは座敷ですが、和室で椅子対応もなさっているそう。

  • 今回いただいたのは、お昼のコースで4,000円+税のタイプ。3,000円+税のタイプに、ハトシが付いたコースです。

    今回いただいたのは、お昼のコースで4,000円+税のタイプ。3,000円+税のタイプに、ハトシが付いたコースです。

  • 刺身は、ひらす(ひらまさ)や真鯛など。新鮮さが格別。このほか、お吸い物や和え物、酢の物、三品盛りなどがテーブルを彩ります。

    刺身は、ひらす(ひらまさ)や真鯛など。新鮮さが格別。このほか、お吸い物や和え物、酢の物、三品盛りなどがテーブルを彩ります。

  • メインの、東坡煮(とうばに)。東坡煮はいわゆる豚角煮のようなもので、その言い方はこちら『坂本屋』が元祖といわれています。

    メインの、東坡煮(とうばに)。東坡煮はいわゆる豚角煮のようなもので、その言い方はこちら『坂本屋』が元祖といわれています。

  • さらに、ハトシ。こちらは、食パンの間に海老のすり身を入れ、サラダ油などで揚げたもの。

    さらに、ハトシ。こちらは、食パンの間に海老のすり身を入れ、サラダ油などで揚げたもの。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • カウンターの前には大きな竹筒に入った“具”も、ずらりと並んでいます。どれにしようか迷ってしまうので、今回はお任せで。

    カウンターの前には大きな竹筒に入った“具”も、ずらりと並んでいます。どれにしようか迷ってしまうので、今回はお任せで。

  • おにぎり用の「木型」が。ただ、全てを「型」で作成するわけではなく、具を入れたら、それをキチンと手で三角形に整えていきます。

    おにぎり用の「木型」が。ただ、全てを「型」で作成するわけではなく、具を入れたら、それをキチンと手で三角形に整えていきます。

  • いやぁ、やはり、旨いです!!お米の甘味も格別。温かくて、ふっくらとした、できたてのごはんの美味しさが主役となっています。

    いやぁ、やはり、旨いです!!お米の甘味も格別。温かくて、ふっくらとした、できたてのごはんの美味しさが主役となっています。

  • 一品料理も充実しているのも嬉しい限り。串焼きやおでんなどいろいろ揃っています。

    一品料理も充実しているのも嬉しい限り。串焼きやおでんなどいろいろ揃っています。

  • お吸い物は、かつおやさば、昆布などにもこだわった、ダシの効いた味わいで、赤だしが人気No.1。

    お吸い物は、かつおやさば、昆布などにもこだわった、ダシの効いた味わいで、赤だしが人気No.1。

ほっとする、懐かしきおにぎりを、ほおばる

長崎屈指の繁華街、銅座町。昼間は静かなこの地も、夜になるにしたがってネオンが灯り、輝きを増していきます。その地で長年、親しまれているのが『かにや』。昭和40年の創業ですので、もう約半世紀の歴史を誇ります。店内に入れば、白木の分厚く長いカウンター。そして、奥にはテーブル席と小上がり。特にカウンターは2段になっていて、厨房側が高く、客席側が低い作りは、寿司店を想像させます。ですが、こちらは全国でも珍しい「おにぎりやさん」なのです!メニューを拝見すれば、梅干しやきゃらぶき、はとうがらしなど、20数種類のラインナップ。全て160円という構成。さらに、『かにや』はおにぎりだけではなく、一品料理も充実しているのも嬉しい限り。串焼きやおでんなどいろいろ揃っています。特に今、長崎は「長崎おでん」として大々的に売り出し中とか。確かに当地はもともと、「かまぼこ(かんぼこ)」が各地で製造されている地。新鮮な魚介がたくさん採れる県ならではの光景ですね。

店舗情報

かにや本店

  • 住所長崎県長崎市銅座町10-2
  • 電話095-823-4232
  • 営業18:00〜翌3:00
  • 定休日日曜、祝日は不定休
  • 料金おにぎり各種160円、赤だし270円、おでん各種130円、半熟玉子焼き380円
この店舗のマップを見る
眺めの良い展望台で名物トルコライスを

出島、グラバー園、亀山社中など、歴史的にも重要な地のほか、長崎には風光明媚な景勝地も多く、観光でも楽しさ全開。そのうちのひとつが、稲佐山です。平地が少なく、住宅の多くも山の斜面を利用している地ゆえ、坂道も多く、随所に眺めの良い場所はありますが、稲佐山は標高333mで、特にオススメ。今回は、その眺めの良さを最大限に生かすべく、夜に訪問してみました!なぜ、グルメ旅なのに眺め?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。実は、稲佐山の頂上には展望台があって、そこに「ひかりのレストラン」という素敵なレストランがあるのです。今回こちらでいただいたのが、長崎名物である「トルコライス」。「トルコライス」とは、トンカツやピラフ、ナポリタンなどがひとつの器に載った料理で、長崎市を中心に広がっているご当地グルメです(大阪などにも同名あり)。しかも、こちらのは、トンカツではなくステーキ。しかも「長崎和牛ステーキトルコライス」という最上級バージョン!これは、長崎和牛が日本一になったのと、夜景が世界三大夜景に選ばれたのを記念して誕生した新メニューです。

店舗情報

ひかりのレストラン

  • 住所長崎県長崎市稲佐町364 稲佐山展望台2階
  • 電話095-862-1050
  • 営業11:00〜21:30(フード20:30、ドリンク21:00L.O.)
  • 定休日無休(天候不良の時は休業)
  • 料金カクテル各720円、長崎和牛ステーキトルコライス セット2,100円(20食限定)
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 稲佐山に昇るには、ロープウェイが便利。麓の淵神社駅から稲佐岳駅まで5分。しかも、凄いんです!ゴンドラが360度ガラス張り!

    稲佐山に昇るには、ロープウェイが便利。麓の淵神社駅から稲佐岳駅まで5分。しかも、凄いんです!ゴンドラが360度ガラス張り!

  • 「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコ、長崎の3都市が世界を代表する夜景都市「世界新三大夜景」都市に認定!

    「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコ、長崎の3都市が世界を代表する夜景都市「世界新三大夜景」都市に認定!

  • 円形のガラス張りになった一面には、1,000万ドルの夜景が広がるカウンター席。テーブル席や個室もあります。

    円形のガラス張りになった一面には、1,000万ドルの夜景が広がるカウンター席。テーブル席や個室もあります。

  • 素敵な夜景を眺めながら、まずはカクテルを。カシスソーダとカシスオレンジ。

    素敵な夜景を眺めながら、まずはカクテルを。カシスソーダとカシスオレンジ。

  • 長崎和牛自体が美味しいですね〜。特に、もも肉の中でも柔らかいランプ肉を使用していて、肉汁も豊富で味に深みが!

    長崎和牛自体が美味しいですね〜。特に、もも肉の中でも柔らかいランプ肉を使用していて、肉汁も豊富で味に深みが!

ページのトップへ

おはようございます。長崎グルメ旅、3日目です!

地元の新鮮食材が食べ放題!

今日は、長崎駅付近からクルマで約1時間の小ドライブで、外海(そとみ)地区に向かいます。西彼杵半島の東西に位置する外海地区は、隠れキリシタンの深い信仰の歴史を物語る史跡が数多く点在するエリアで、明治時代に建てられた出津教会、黒崎教会を始め、当地が小説『沈黙』の舞台となったことに端を発する遠藤周作記念館、晴れた日には五島列島も見える角力灘など、見ごたえ抜群。その地にある『道の駅夕陽が丘 そとめ』のレストラン『ラ・メール』へと向かいました。こちらでは11:00〜15:00まで、バイキング(いわゆる食べ放題)をなさっています。料理長は長崎のホテルの飲食部門などにもいらした実力派。そして実はこの『ラ・メール』は地元長崎のJAが運営しています。そのため、地元など新鮮な食材が揃います。というより料理長みずから、毎朝採れたての野菜や魚市場から海産物を仕入れて、その日の献立を作るのだとか。

店舗情報

レストラン ラ・メール

  • 住所長崎県長崎市東出津町149-2 道の駅夕陽が丘 そとめ内
  • 電話0959-25-1430
  • 営業バイキング11:00〜15:00(14:00L.O.)
  • 定休日無休(1月1日〜3日は休み)
  • 料金中学生〜69歳1,200円、70歳以上800円、4歳〜6年生600円、ドリンクバー(セットの場合)100円、ドリンクバーのみ300円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 『道の駅夕陽が丘 そとめ』のレストラン『ラ・メール』へと向かいました。

    『道の駅夕陽が丘 そとめ』のレストラン『ラ・メール』へと向かいました。

  • 美味しそうな和洋中料理や、旬の地元野菜、スイーツなどが、ずらり!

    美味しそうな和洋中料理や、旬の地元野菜、スイーツなどが、ずらり!

  • いちじくとさつまいもの天ぷら。いちじくって天ぷらにできるんですね!

    いちじくとさつまいもの天ぷら。いちじくって天ぷらにできるんですね!

  • ド・ロさまそうめん。明治時代に村民の生活を向上させようと素麺の技術を伝えたド・ロ神父。その製法が再現されたそうめんだそう。

    ド・ロさまそうめん。明治時代に村民の生活を向上させようと素麺の技術を伝えたド・ロ神父。その製法が再現されたそうめんだそう。

  • 毎朝採れたての野菜や魚市場から海産物を仕入れて、その日の献立を作るのだとか。

    毎朝採れたての野菜や魚市場から海産物を仕入れて、その日の献立を作るのだとか。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 外観からして、こだわり感たっぷりの喫茶店といった感じが伝わってきます。煉瓦塀のお店を、西洋甲冑が守っています!

    外観からして、こだわり感たっぷりの喫茶店といった感じが伝わってきます。煉瓦塀のお店を、西洋甲冑が守っています!

  • 店内もアンティークな骨董に溢れていて、素敵ですね。ちなみに『銅八銭』とは長崎の言葉で「らっかせい」のことだそう。

    店内もアンティークな骨董に溢れていて、素敵ですね。ちなみに『銅八銭』とは長崎の言葉で「らっかせい」のことだそう。

  • 四角い容器に、氷、卵の黄身2つ、練乳、はちみつ、砂糖などを入れ、いきなり「ガーッ!!」。これがシェイクの装置なのか!!

    四角い容器に、氷、卵の黄身2つ、練乳、はちみつ、砂糖などを入れ、いきなり「ガーッ!!」。これがシェイクの装置なのか!!

  • 想像していたのと全く違う、縦長バージョン。わぁ、美味しい。やや濃厚な感じに仕上がっているのは、黄身を2つ合わせるから。

    想像していたのと全く違う、縦長バージョン。わぁ、美味しい。やや濃厚な感じに仕上がっているのは、黄身を2つ合わせるから。

  • 「銅八銭トルコライス」カレー風味のピラフ、塩胡椒のスパゲッティ、自慢のカレーをトッピングした揚げ物。

    「銅八銭トルコライス」カレー風味のピラフ、塩胡椒のスパゲッティ、自慢のカレーをトッピングした揚げ物。

独自の進化を遂げた長崎のミルクセーキ

「ミルクセーキ」には、いくつかの系統があるんです。全国的に見れば、一番メジャーなのは、牛乳、卵黄、砂糖、バニラエッセンスを用いて作るタイプで、正確には「フレンチスタイル」という系統。一方、牛乳、アイスクリーム、砂糖、バニラエッセンスを用いて作るタイプに「アメリカンスタイル」という系統がありますが、日本では「シェイク」と呼ぶことが多いです。その「アメリカンスタイル」に近いのですが、その進化型というか、発展系というか、独自系なのが「長崎スタイル」の「ミルクセーキ」。それを求めて、やってきたのが『銅八銭(どうはっせん)』。オープンは昭和51年。「もともとこの周辺は住宅地で、庭と骨董を眺めながら、おいしいコーヒーを、というのがコンセプトでした」と梶原美千代さん。なので、最初はコーヒーとサンドイッチ、ジュースなどからスタートしたそう。徐々にお客さまの意見を取り入れて、スパゲッティができたり、カレーができたりと、料理が増えていったのだとか。そして「ミルクセーキ」も評判となり、種類も増えました。

店舗情報

銅八銭

  • 住所長崎県長崎市上町6-7
  • 電話095-827-3971
  • 営業10:00〜23:00
  • 定休日第1、3土曜日
  • 料金各種ミルクセーキ680円、銅八銭ランチC1,290円、銅八銭トルコライス1,290円
この店舗のマップを見る
名物一口餃子で、長崎グルメをしめる

長崎グルメ旅もいよいよ最後の1軒となりました。3日間、市内を回って、9軒目。真打を務めるのは・・・市電の走る観光通り、思案橋。その至近にある『宝雲亭 思案橋店』(ほううんてい しあんばしてん)。店を構えて40数年。長崎名物である「一口餃子」をいただくべく、有名餃子店を訪れました。年季が入っているし、餃子店といえば油を使うにもかかわらず、店内に清潔感がただよっています。改装したというのもありますが、キチンとした掃除も行き届いていますね。会社員の男性に特に人気ですが、意外と女性のお客さんも多いそう。1階はカウンターとテーブル席、2階にもテーブル席があります。

店舗情報

宝雲亭 思案橋店

  • 住所長崎県長崎市本石灰町1-8
  • 電話095-821-9333
  • 営業17:00〜23:30(23:00L.O.)
  • 定休日不定休
  • 料金生ビール(中)540円、餃子1人前(10コ)380円(写真は3人前)、豚ニラトジ540円、牛スジポン480円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 営業時間は夜のみ。オープンの17時に伺えば、せっせと餃子を作り続けています。手作りの良さを見られて、ちょっと嬉しい気分!

    営業時間は夜のみ。オープンの17時に伺えば、せっせと餃子を作り続けています。手作りの良さを見られて、ちょっと嬉しい気分!

  • 一口餃子って大変です。小さいのでたくさん作らないといけない。せっせと皮を伸ばしては、餡を入れていきます。

    一口餃子って大変です。小さいのでたくさん作らないといけない。せっせと皮を伸ばしては、餡を入れていきます。

  • 餃子をオーダー。1人前10コなので、3人前です。もちっとした厚めの皮がいいですね。

    餃子をオーダー。1人前10コなので、3人前です。もちっとした厚めの皮がいいですね。

  • 玉ねぎと豚肉、背脂などが入り、肉汁の旨みと優しい甘さが光ります。醤油と酢の合わさった「餃子タレ」や、ゆずこしょうが合う!

    玉ねぎと豚肉、背脂などが入り、肉汁の旨みと優しい甘さが光ります。醤油と酢の合わさった「餃子タレ」や、ゆずこしょうが合う!

  • 「豚ニラトジ」。このままでも卵の甘さが活きていますが、そこに卓上の甘口でさらっとした「ニビシソース」をかかけるのも一興。

    「豚ニラトジ」。このままでも卵の甘さが活きていますが、そこに卓上の甘口でさらっとした「ニビシソース」をかかけるのも一興。

ページのトップへ

長崎グルメ2泊3日の旅、いかがでしたでしょうか?さまざまな料理の方向性があることに、驚かれたかもしれません。さて、今回も番外編!

長崎ならではの、カステラ×アイスのコラボ!

今回番外編で訪れたのは、『ニューヨーク堂』。初代の松本兼松氏は、23年間アメリカのニューヨークで大手自動車メーカーの社長の専属シェフとして経験を積み、昭和12年に創業。当時は洋食レストランでしたが、統制時代の材料難から、戦後に、用意できる分だけでスイーツに特化し、再開したそう。

店舗情報

ニューヨーク堂

  • 住所長崎県長崎市古川町3-17
  • 電話095-822-4875
  • 営業10:00〜18:30(日曜〜18:00)
  • 定休日無休
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 『ニューヨーク堂』は、昭和12年に創業。

    『ニューヨーク堂』は、昭和12年に創業。

  • 一番人気の「カステラアイス」。こちらのカステラには、ざらめが入っているそうで、その食感がアクセント。

    一番人気の「カステラアイス」。こちらのカステラには、ざらめが入っているそうで、その食感がアクセント。

  • カステラとバニラアイスがおいしくバランスを取っています。

    カステラとバニラアイスがおいしくバランスを取っています。

  • 長崎県産の茂木びわをまるごと1個使用した「長崎 びわの実アイス」。

    長崎県産の茂木びわをまるごと1個使用した「長崎 びわの実アイス」。

  • もなかに入った「ながさきアイス」(アイスモナカ)も大評判。

    もなかに入った「ながさきアイス」(アイスモナカ)も大評判。

ご注意:店舗の営業時間等は、はんつ遠藤さんのブログ内容に基づいて記載しております。

ページのトップへ

プランマップ

2014年9月10日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ご当地グルメの旅一覧

第48回 岩手編

岩手ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は岩手県へ行ってきました!

第47回 長崎編

長崎ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は長崎県へ行ってきました!

第46回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第45回 札幌・小樽編
札幌・小樽ご当地グルメ2泊3日の旅
第44回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第43回 箱根編
箱根ご当地グルメ2泊3日の旅
第42回 熊本編
熊本ご当地グルメ2泊3日の旅
第41回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 南あわじ市編
南あわじ市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 知床編
知床ご当地グルメ2泊3日の旅
第40回 奄美大島編
奄美大島ご当地グルメ2泊3日の旅
第39回 佐世保編
佐世保ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 網走編
網走ご当地グルメ2泊3日の旅
第38回 大阪編
大阪ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 種子島編
種子島ご当地グルメ2泊3日の旅
第37回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 徳島編
徳島ご当地グルメ2泊3日の旅
第36回 南紀白浜編
南紀白浜ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第35回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第34回 富良野・美瑛編
富良野・美瑛ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第33回 福岡市編
福岡ご当地グルメ2泊3日の旅
第32回 山口宇部編
山口宇部ご当地グルメ2泊3日の旅
第31回 和歌山編
和歌山ご当地グルメ2泊3日の旅
第30回 神戸編
神戸ご当地グルメ2泊3日の旅
第29回 宮古島編
宮古島ご当地グルメ2泊3日の旅
第28回 金沢編
金沢ご当地グルメ2泊3日の旅
第27回 東京編
東京ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 鹿児島編
鹿児島ご当地グルメ2泊3日の旅
第26回 札幌編
札幌ご当地グルメ2泊3日の旅
第25回 仙台編
仙台ご当地グルメ2泊3日の旅
第24回 北九州市編
北九州市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 みなみ北海道編
みなみ北海道ご当地グルメ2泊3日の旅
第23回 京都編
京都ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 長崎編
長崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第22回 青森編
青森ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 高松編
高松ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 釧路編
釧路ご当地グルメ2泊3日の旅
第21回 沖縄編
沖縄ご当地グルメ2泊3日の旅
第20回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
第19回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
第18回 横浜編
横浜ご当地グルメ2泊3日の旅
第17回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第16回 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第15回 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
第14回 八重山編
石垣島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 小松編
小松ご当地グルメ2泊3日の旅
第13回 愛知編
名古屋ご当地グルメ2泊3日の旅
第12回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
第11回 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第10回 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第9回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第8回 北海道・函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第7回 島根 出雲・松江編
島根ご当地グルメ2泊3日の旅

ページのトップへ

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

早く買うほどトクになる! 本日は、以下ご搭乗分の予約受付中です

75日前までの予約なら ウルトラ先得
月日〜月日
販売は終了しました
55日前までの予約なら スーパー先得
月日〜月日
販売は終了しました
45日前までの予約なら 先得割引タイプB
月日〜月日
販売は終了しました
28日前までの予約なら 先得割引タイプA
月日〜月日
販売は終了しました
旅程

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • レストランを予約
  • 旅パーツを予約

JALダイナミックパッケージ 航空券と宿泊を自由に組み合わせて、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能!7日前までがおトク!

スマートフォンサイトはこちら

パッケージツアー

お申込はご出発前日から起算して7日前(21時29分)まで

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
本日のアクセスランキング

出発地

他にも、○○○○を巡るツアーを多数ご用意しております!

クリックがランキングに反映!「グルメ旅ランキング」をチェック!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

ページのトップへ