特別企画・小松編 ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

グルメの旅レポーターはんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

ご当地グルメの旅トップページはこちら

小松市の景色

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。今回は石川県小松市へ2泊3日で行ってきました!
小松市は小松空港があるので名前はご存じな方も多いと思います。ただ、いつも空港を降りると、県内各地へとレンタカーなどで向かってしまう事が多く、実際に市内に3日間滞在したのは、初めて。するとですね、驚くべき楽しさが、隠れていたのです!いや、小松市にとっては隠れてないんでしょうけど、僕にとっては、隠れていたのです(汗)

今回は小松市へ2泊3日で行ってきました!

今、日本中が注目する”小松うどん“とは?

ご当地うどんの中で、今、最も注目を集めているのが「小松うどん」。全国的な認知度はこれからにも関わらず、全国から集結したうどんイベントで、なんと、グランプリを獲得してしまったから、驚きです。それを求めて、いざ、小松駅前へ。店舗はJR小松駅の高架下にある『 小松うどん道場 つるっと』。オープンしてまだ約2年にも関わらず、すでに8万人が来店!店頭に立っただけで、繁盛しているのが分かります。そもそも「小松うどん」とは300年以上の歴史を誇るうどん。また、そんな「小松うどん」には「小松市内で製造された麺であるべし」「白山水系の水で仕込むべし」「 具材は、” じのもん“ を出来る限り使うべし 」「こまつの発展を願い、茹で上げるべし」・・・といった定義もあるそうです。

店舗情報

小松うどん道場 つるっと

  • 住所石川県小松市土居原町13-18
  • 電話0761-23-2217
  • 営業10:30〜20:00(19:30L.O.)※水曜は10:30〜15:00頃
  • 定休日なし
  • 料金冷し丸芋磯辺揚ぶっかけ880円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • お店はセルフ方式。自ら食券を渡し、出来上がって呼ばれたら取りに行き、自分で席まで運ぶスタイル。

    お店はセルフ方式。自ら食券を渡し、出来上がって呼ばれたら取りに行き、自分で席まで運ぶスタイル。

  • 今回、頂いたのは「冷し丸芋磯辺揚ぶっかけ」880円。

    今回、頂いたのは「冷し丸芋磯辺揚ぶっかけ」880円。

  • 冷たいバージョンゆえの、つるりとしたコシのある食感に加え、やや縦方向に伸びのある感じがいいです。

    冷たいバージョンゆえの、つるりとしたコシのある食感に加え、やや縦方向に伸びのある感じがいいです。

  • ぶっかけダシもしっかりしていますね。伺えば店長の玉井昌一さんは、金沢や小松で日本料理の修業を積んだ、実力派。

    ぶっかけダシもしっかりしていますね。伺えば店長の玉井昌一さんは、金沢や小松で日本料理の修業を積んだ、実力派。

  • オーダーしてから、丸芋を擦って丸めて、磯辺揚げにしていくという「丸芋磯辺揚げ」。だから、おいしいんですね。

    オーダーしてから、丸芋を擦って丸めて、磯辺揚げにしていくという「丸芋磯辺揚げ」。だから、おいしいんですね。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内は南欧のような色使いで、明るい雰囲気。ワイン部屋がキチンとある点にもびっくりしました。

    店内は南欧のような色使いで、明るい雰囲気。ワイン部屋がキチンとある点にもびっくりしました。

  • 殆どが自家製野菜だそう。小さく白い丸いものは、加茂瓜(かもうり)。南加賀で栽培されている、冬瓜の変種だとか。

    殆どが自家製野菜だそう。小さく白い丸いものは、加茂瓜(かもうり)。南加賀で栽培されている、冬瓜の変種だとか。

  • 今回は「スパゲティランチ」を・・・って、900円!!!サラダ、パン、スパゲティ、食後のドリンクがついて、ですよ!!!

    今回は「スパゲティランチ」を・・・って、900円!!!サラダ、パン、スパゲティ、食後のドリンクがついて、ですよ!!!

  • パスタはモンテ物産のオリジナルブランド、グランフィーロ。1.6mmなので定番の良さがありますね。

    パスタはモンテ物産のオリジナルブランド、グランフィーロ。1.6mmなので定番の良さがありますね。

  • 今回は「白茄子」をオリーブオイルで素揚げしたものがトッピングされています。もう一度、書きますが、これで、900円。お得!

    今回は「白茄子」をオリーブオイルで素揚げしたものがトッピングされています。もう一度、書きますが、これで、900円。お得!

フランス修業の確かな腕ながらあえて気軽に提供

空港があるのも利点なのか、小松市は国際交流が盛んです。国境を越えた市民交流や国際理解の推進のため、海外の都市と文化や教育、行政などの分野で交流を行っています。そんな小松で、外国の方々が来日した際に重宝がられているのが『 夢屯(むーとん)』。オーナーシェフの寺本さんは小松市の出身で、大阪やフランス、神戸などでフレンチの修業を積み、地元でお店を開いたそう。実際に市の国際交流で、ルクセンブルクで料理をふるまい、新聞に掲載されたこともあるとか。でも看板には「地中海料理」の文字が。伺えば、もともとはフランス料理だったのが、もっと堅苦しくなく、気軽に来てほしいという思いから、見せ方をかえたのだとか。

店舗情報

夢屯(むーとん)

  • 住所石川県小松市日の出町4-15 ウィルワークス2F
  • 電話0761-20-4610
  • 営業11:30〜13:30(L.O.)、18:00〜21:00(L.O.)
  • 定休日木曜
  • 料金スパゲティランチ900円
この店舗のマップを見る
日本料理と器の大切な関係

日本を代表する陶磁器のひとつ、九谷焼。江戸時代から伝わり、古九谷、再興九谷、新九谷と分類され、今でも高評価です。有名な作家に小松市出身の初代〜四代徳田八十吉氏らが。特に三代徳田八十吉氏は人間国宝(重要無形文化財保持者)。その三代が、足しげく通った割烹を訪ねました。『梶助』は創業半世紀。染物(そめなおし)を生業としてきた梶俊夫さんが居酒屋を始めたのが、最初。二代目の梶吉久さんが、金沢で最も古い老舗料亭『つば甚』で修業を積んだのを機に、割烹へと昇華しました。

店舗情報

梶助

  • 住所石川県小松市大和町141
  • 電話0761-22-8314
  • 営業11:30〜13:30(要予約)、17:00〜22:00(予約推奨)
  • 定休日不定
  • 料金今回の夜会席5,250円、個室料金10%
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 三代目の梶太郎さんは東京『なだ万』などで修業を積んで、戻ってきました。

    三代目の梶太郎さんは東京『なだ万』などで修業を積んで、戻ってきました。

  • 八寸は、北海道産生いくら+自家製ダシにスダチを添えて、大豆貝、自家製のボラのカラスミ、塩うに、枝豆。器は吉田幸央氏の作品。

    八寸は、北海道産生いくら+自家製ダシにスダチを添えて、大豆貝、自家製のボラのカラスミ、塩うに、枝豆。器は吉田幸央氏の作品。

  • お刺身。今回は高知の鮪大トロ、赤イカ、真鯛、ぼたん海老。器はなんと、三代徳田八十吉氏の作品。日本酒も良質なものが揃う。

    お刺身。今回は高知の鮪大トロ、赤イカ、真鯛、ぼたん海老。器はなんと、三代徳田八十吉氏の作品。日本酒も良質なものが揃う。

  • 焼魚は数種類から選べるスタイル。これは、のどぐろの塩焼き(数名分)。器は、高聡文氏の作品。

    焼魚は数種類から選べるスタイル。これは、のどぐろの塩焼き(数名分)。器は、高聡文氏の作品。

  • 食事は、小松うどん。輪島塗りの器ですね。汁は昆布とカツオがベースで、焼き干ししたフグの中骨なども用いて深みを醸し出しています。

    食事は、小松うどん。輪島塗りの器ですね。汁は昆布とカツオがベースで、焼き干ししたフグの中骨なども用いて深みを醸し出しています。

ページのトップへ

おはようございます。小松市2日目、今日も良い天気です。

地元食材ふんだんの料理が嬉しい

私は仕事柄、全国各地をクルマで移動し、取材&撮影をさせて頂いています。その際、その土地で必ずといって良いほど立ち寄るのが「道の駅」。実はこの「道の駅」の良さを見分ける端的な方法があります。それは「地元の野菜がいかに充実しているか」という点。地元野菜がたくさん販売されているところは、地元のお客さんがたくさん来るという事に繋がります。なので盛況となり、好循環が生まれるというわけ。そんな「道の駅」がある市は輝いている事がとても多いです。そこで、小松市にも「道の駅」があるというので早速訪問してみました。その名も『道の駅 こまつ木場潟』。3年前の2010年4月に開駅されたばかり。国道8号線沿いで、蓮代寺インターチェンジに隣接し、便利な立地です。

店舗情報

道の駅 こまつ木場潟

  • 住所石川県小松市蓮代寺町ケ2番2
  • 電話0761-25-1188
  • 営業直売所 8:30〜19:00(11月〜3月は18:00まで)、レストラン 9:00〜19:00(定食は11:00〜)
  • 定休日なし(11月〜3月の間は水曜定休)
  • 料金生トマト入りカレー650円、チャーシューメン500円、トマトカレードリアセット700円、四季彩定食600円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • かなりの広さで、観光客はもちろん、地元の方々が多数訪れて、買っていきます。これは、期待大!

    かなりの広さで、観光客はもちろん、地元の方々が多数訪れて、買っていきます。これは、期待大!

  • 小松産のトマトを使用した「生トマト入りカレー」。トマトの程良い酸味と、カレー本来のスパイシーな辛さのバランスが絶妙な味わい。

    小松産のトマトを使用した「生トマト入りカレー」。トマトの程良い酸味と、カレー本来のスパイシーな辛さのバランスが絶妙な味わい。

  • 「チャーシューメン」。和風テイストのスープは、実はうどんつゆだそう。ほんのりとした甘さがいいですね。

    「チャーシューメン」。和風テイストのスープは、実はうどんつゆだそう。ほんのりとした甘さがいいですね。

  • 先ほどのトマトカレーを用いたドリア。これは小松市とJAこまつ、KOMATSUが共同開発したもので、9月に登場したばかりの新商品。

    先ほどのトマトカレーを用いたドリア。これは小松市とJAこまつ、KOMATSUが共同開発したもので、9月に登場したばかりの新商品。

  • 「四季彩定食」。こちらは内容が常に変わるようで、今回のバージョンは、板津地区産の丸芋を用いたさつま揚げなど。

    「四季彩定食」。こちらは内容が常に変わるようで、今回のバージョンは、板津地区産の丸芋を用いたさつま揚げなど。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • おしゃれな外観を持つ欧風洋菓子のお店。

    おしゃれな外観を持つ欧風洋菓子のお店。

  • オーナーシェフの越栄信英さん。ケーキは、テイクアウトはもちろん、店内奥や店頭のオープンテラスでも味わうことができます。

    オーナーシェフの越栄信英さん。ケーキは、テイクアウトはもちろん、店内奥や店頭のオープンテラスでも味わうことができます。

  • ケーキは常時約40種類、焼菓子も約40種類。その他、限定品などを合わせると約150種類。

    ケーキは常時約40種類、焼菓子も約40種類。その他、限定品などを合わせると約150種類。

  • 小松産の大豆を使用したムースで、名前のとおり抹茶風味もほんのり。和のテイストが加わったスイーツに新しさを感じます。

    小松産の大豆を使用したムースで、名前のとおり抹茶風味もほんのり。和のテイストが加わったスイーツに新しさを感じます。

  • 「五郎島金時のタルト」。加賀の伝統野菜である、地元産の五島島金時というさつまいもを使用したタルトは、金時の濃厚さが前面に。

    「五郎島金時のタルト」。加賀の伝統野菜である、地元産の五島島金時というさつまいもを使用したタルトは、金時の濃厚さが前面に。

地元食材たっぷりの真面目なケーキたち

青空に映える洋風建築一戸建て。まるで童話に出てくるお菓子の家さながらの出で立ちに、それが洋菓子店であることは、想像に難くなく、そして美味しさに溢れている事が、外観からも伝わってきます。駐車場にクルマを停めて店内へと向かえば、ショーケースには美しき定番&季節感を重視したスイーツが、ずらり。テーブル側にも、風味が伝わってきそうな焼菓子が幾つも並んでいます。『ケーキハウス マルフジ』。創業は昭和30年。先代が高岡の『マルフジ』で修業を積み、小松初の欧風洋菓子店として、地元で独立。現在は2代目の越栄信英さんがオーナーシェフで、約25名のスタッフとともに作品を作り続けています。「もともと祖母がお菓子を運ぶ仕事をしていたんですよ。それも手伝っていたので、高校生の頃から家業を継ぐのは当然と思っていましたね」と越栄さん。自身は大阪や東京、長崎、神戸などでも修業を積んだそう。

店舗情報

Marufuji

  • 住所石川県小松市沖町ナ30
  • 電話0761-22-7866
  • 営業10:00〜19:00
  • 定休日月曜日、第2、4火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • 料金こまっ茶ムース420円、五郎島金時のタルト420円、有機豆使用コーヒー430円(250円以上の商品をセットだと330円)
この店舗のマップを見る
格式ある小松の老舗料亭で舌鼓を打つ

歌舞伎の演目十八番で有名な『勧進帳』。その舞台となった「安宅の関」の、梯川を挟んだ対面に、『料亭 まつ家』は、あります。数寄屋造りの精悍なる面持ち、「魚」と描かれた威風堂々とした白い暖簾。創業以来約90年、著名人等にも愛され、老舗の風格が息づいています。森泰洋さんは3代目。平安時代より続く、日本最古の調理の流派である「生間(いかま)流包丁道」。その高弟である、関西割烹の重鎮・家高博光氏に、大阪にて師事し、家業を継いだそう。「生間(いかま)流包丁道」とは、平安時代から宮中の節会など、めでたい日に行われる食の儀式の流儀の一つ。烏帽子、袴、狩衣姿 で、まな板の上の魚や鳥に直接手を触れずに包丁を使って料理し、 めでたい形に盛りつける技をいうそう。

店舗情報

安宅の関・名代近海料理 料亭 まつ家

  • 住所石川県小松市安宅町ワ-30
  • 電話0761-24-3800(代)
  • 営業11:30〜14:30、17:00〜22:00(左記以外にも予約対応)
  • 定休日不定
  • 料金夕食「懐石」8,400円〜21,000円など(要相談)
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 安宅漁港に面した地の利を活かし、新鮮な魚介類にこだわる老舗。「波味三昧」と銘打たれた、季節感を大切にした品々が味わえる。

    安宅漁港に面した地の利を活かし、新鮮な魚介類にこだわる老舗。「波味三昧」と銘打たれた、季節感を大切にした品々が味わえる。

  • 確かな技術で、約90年続く老舗を切り盛りする。随所に料理に対する真摯な姿勢と、こだわりを感じます。

    確かな技術で、約90年続く老舗を切り盛りする。随所に料理に対する真摯な姿勢と、こだわりを感じます。

  • 「季節の前菜(11月中旬まで)」。子持ち鮎の煮ものや、烏賊のうるか和えなど季節感が前面に出た品が並びます。

    「季節の前菜(11月中旬まで)」。子持ち鮎の煮ものや、烏賊のうるか和えなど季節感が前面に出た品が並びます。

  • 「蟹の甲羅揚げ」は、小松市が発祥の料理として有名。甲羅の中に蟹の身や味噌などがぎっしりと詰まった一品。

    「蟹の甲羅揚げ」は、小松市が発祥の料理として有名。甲羅の中に蟹の身や味噌などがぎっしりと詰まった一品。

  • 「鮑の磯蒸し」。鮑の旨みを活かしつつも、柔らかく仕上げています。鮑の肝とウニのソースで、濃厚な味わい。

    「鮑の磯蒸し」。鮑の旨みを活かしつつも、柔らかく仕上げています。鮑の肝とウニのソースで、濃厚な味わい。

ページのトップへ

おはようございます。小松市グルメ旅も3日目、いよいよ最終日。今日は中華料理からスタートです!

小松名物「塩焼きそば」を九谷焼で

小松市の有名ご当地グルメのひとつに「塩焼きそば」があります。今では市内各地で味わえますが、その元祖は『清ちゃん』。ご主人の高輪清さんが美味なる料理を求めて日本各地はおろか、中国まで行き、出会ったのが「チャーメン」。それを進化させて誕生したのが始まり。その味を求めて、市内をうろうろ。今回伺ったのは『尚軒』。餃子で有名な『勝ちゃん』で修業を積んで独立。今は息子さんである高橋しげきさんも、共に切り盛りなさっています。しげきさんは金沢でアパレル関係の仕事をなさっていたこともあるそう。そんなセンスも、店内随所に感じられます。

店舗情報

尚軒(なおけん)

  • 住所石川県小松市糸町2-2 幸日館1F
  • 電話0761-21-9852
  • 営業11:30〜14:30、17:00〜24:00(月曜〜22:00)
  • 定休日火曜
  • 料金担々麺680円、塩やきそば580円、焼き餃子(7個)420円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店主の息子さんである高橋しげきさん。おしゃれな雰囲気のお店です。

    店主の息子さんである高橋しげきさん。おしゃれな雰囲気のお店です。

  • 「担々麺」。芝麻醤特有のまろやかなゴマテイストの後に、自家製ラー油のダイレクトな辛さが。一番人気というのも、頷けます。

    「担々麺」。芝麻醤特有のまろやかなゴマテイストの後に、自家製ラー油のダイレクトな辛さが。一番人気というのも、頷けます。

  • 「塩焼きそば」。全体的に上品な味付けとでもいいましょうか、塩、油ともにあっさり系。ほんのりオイスターソースの風味も。

    「塩焼きそば」。全体的に上品な味付けとでもいいましょうか、塩、油ともにあっさり系。ほんのりオイスターソースの風味も。

  • 初代が餃子で有名な『勝ちゃん』の出身だけに、やはり「餃子」のレベルも高し。なんといっても、手作りの皮が特に美味!

    初代が餃子で有名な『勝ちゃん』の出身だけに、やはり「餃子」のレベルも高し。なんといっても、手作りの皮が特に美味!

  • 器も粋ですねぇ。小松市は九谷焼で有名な地。小松市では今、九谷焼の皿で料理を提供しようというプロジェクトが進行中だそう。

    器も粋ですねぇ。小松市は九谷焼で有名な地。小松市では今、九谷焼の皿で料理を提供しようというプロジェクトが進行中だそう。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 歴史や佇まいから和菓子の印象が強い方も多いと思います。しかし、洋菓子の要素、つまりは和洋折衷的な要素も感じる事ができます。

    歴史や佇まいから和菓子の印象が強い方も多いと思います。しかし、洋菓子の要素、つまりは和洋折衷的な要素も感じる事ができます。

  • 5代目の山上浩平さんは、和菓子の家系にも関わらず、先見の明があったからでしょうか、洋菓子の修業も積んだ方です。

    5代目の山上浩平さんは、和菓子の家系にも関わらず、先見の明があったからでしょうか、洋菓子の修業も積んだ方です。

  • 一番の有名商品である「ふる里」は、カステラとあんこの融合がコンセプトです。

    一番の有名商品である「ふる里」は、カステラとあんこの融合がコンセプトです。

  • 特に今回、ご紹介したいのが「こまつの大麦のちーずけーき」。小松産大麦使用。香ばしく食物繊維が豊富なチーズケーキです。

    特に今回、ご紹介したいのが「こまつの大麦のちーずけーき」。小松産大麦使用。香ばしく食物繊維が豊富なチーズケーキです。

  • サブレ生地の上に、大麦と隠し味に麦茶を加えたベイクドチーズ。麦の香りが広がる珍しきチーズケーキです。

    サブレ生地の上に、大麦と隠し味に麦茶を加えたベイクドチーズ。麦の香りが広がる珍しきチーズケーキです。

老舗存続の理由は進化にあった

旅をし、各地の名所旧跡を訪ねる。そして、帰途にはお土産を買って。その定番のスタイルに於いて、老舗の和菓子店は重要な位置づけです。時代を超えて存在し続ける味は、何代にも渡り、ファンを獲得していく、そんな気迫すら漂います。ですが、ずっと支持される所以、努力、その言葉を真に感じる事が、今回、できました。それが『山上福寿堂』。創業は寛永15年(西暦1638年)というから長い歴史を誇る。現在の場所には120年前の「明治の大火」にて、移転してきたそう。当時に建てられた建物は有形文化財的。店内は昭和の終わりに改装したそうですが、それでも屈強なる梁などに歴史を感じます。

店舗情報

山上福寿堂

  • 住所石川県小松市材木町48-1
  • 電話0761-22-0204
  • 営業7:00〜19:00
  • 定休日水曜
  • 料金こまつの大麦のちーずけーき180円
この店舗のマップを見る
小松繁華街で重宝する寿司&創作料理

小松市グルメ旅もいよいよ大詰め。最後の店舗となりました。時はすでに17時すぎ。辺りも段々と暗くなり始め、そこにポッと灯りが。場所は小松の繁華街の中心。末広交差点にほど近い地に『秀寿司』は、あります。店内に入れば、寿司店ならではのネタケースが見えるカウンター。そして奥には畳ながらテーブル席が並ぶ部屋が。初代店主は藤田秀さん。現在は息子である2代目の秀二さんが中心となり、切り盛りしています。

店舗情報

秀寿司

  • 住所石川県小松市清水町7
  • 電話0761-22-3066
  • 営業17:00〜翌2:00
  • 定休日日曜
  • 料金神泉大吟醸4合瓶5,000円、天狗舞4合瓶6,500円,手取川4合瓶6500円、香箱ガニ時価(1,500円など)、上にぎり(1人前9貫)2,000円(写真は3人前程度)、のどぐろ塩焼 時価(2,300円など)、生牡蠣 時価(1,000円など)、ライスコロッケ800円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 清潔感のある店内。日本酒も地元・小松の「神泉」を始め、「天狗舞」「手取川」など石川のこだわりの名酒が。

    清潔感のある店内。日本酒も地元・小松の「神泉」を始め、「天狗舞」「手取川」など石川のこだわりの名酒が。

  • 二代目の秀二さん。ふっくらとした身に脂の乗ったのどぐろは、熱々の塩焼をハフハフと言いながら味わうのもまた醍醐味。

    二代目の秀二さん。ふっくらとした身に脂の乗ったのどぐろは、熱々の塩焼をハフハフと言いながら味わうのもまた醍醐味。

  • 「香箱ガニ」。いよいよ石川でも解禁に。日本海の幸の代表的な一品。甘みと旨みがたまりません。

    「香箱ガニ」。いよいよ石川でも解禁に。日本海の幸の代表的な一品。甘みと旨みがたまりません。

  • 「上にぎり」は甘海老、大トロ、えんがわ、赤イカ、赤貝、中おちなど。瑞々しいお刺身は、わりと大きめで、食べごたえあり!

    「上にぎり」は甘海老、大トロ、えんがわ、赤イカ、赤貝、中おちなど。瑞々しいお刺身は、わりと大きめで、食べごたえあり!

  • 能登半島からの直送の「生牡蠣」。まさに海のミルク。美味なる旨み。

    能登半島からの直送の「生牡蠣」。まさに海のミルク。美味なる旨み。

ページのトップへ

いかがでしたでしょうか?小松市グルメ3日間の旅。では、恒例の番外編!

小松空港に「空の駅 こまつ」オープン

2013年10月1日に、小松空港に『空の駅 こまつ』がオープンしました。店舗はターミナル1階。白を基調とした空間がロビーに映えます。コンセプトは「” 小松ならでは“ のご当地商品を取りそろえたショップ。小松市自慢の和菓子や食品に加え、これまで空港では取り扱っていない新鮮な野菜やフレッシュジュースなども取りそろえています」とのこと。

店舗情報

「空の駅 こまつ」

  • 住所小松空港ターミナル1階
  • 営業7:15〜19:35(飛行機の発着時刻により変動あり)
  • 定休日なし(「空カフェ」は小松空港ターミナル2階)
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 広々とした店内に小松らしさ満点の商品が並ぶ。

    広々とした店内に”小松らしさ“満点の商品が並ぶ。

  • 地元のJA小松市 営農資材センター「JAあぐり」から直送の野菜や果物、地元の食材を使用したお土産。

    地元のJA小松市 営農資材センター「JAあぐり」から直送の野菜や果物、地元の食材を使用したお土産。

  • 小松市日用町は「苔の町」としても有名で、かつて「苔の園」という日本唯一の苔植物園があった地なのです。

    小松市日用町は「苔の町」としても有名で、かつて「苔の園」という日本唯一の苔植物園があった地なのです。

  • 小松といえば「九谷焼」。その作品はお椀や器のみならず、招き猫などさまざまな形状へと変化しているのも、見ているだけでも楽しいもの。

    小松といえば「九谷焼」。その作品はお椀や器のみならず、招き猫などさまざまな形状へと変化しているのも、見ているだけでも楽しいもの。

  • ターミナル2階には、同系列の「空カフェ」もあるので、時間の許す限り、ゆったりとくつろぐのも、よいでしょう!

    ターミナル2階には、同系列の「空カフェ」もあるので、時間の許す限り、ゆったりとくつろぐのも、よいでしょう!

ご注意:店舗の営業時間等は、はんつ遠藤さんのブログ内容に基づいて記載しております。

小松特集

ページのトップへ

プランマップ

2013年11月1日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ご当地グルメの旅一覧

第48回 岩手編

岩手ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は岩手県へ行ってきました!

第47回 長崎編

長崎ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は長崎県へ行ってきました!

第46回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第45回 札幌・小樽編
札幌・小樽ご当地グルメ2泊3日の旅
第44回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第43回 箱根編
箱根ご当地グルメ2泊3日の旅
第42回 熊本編
熊本ご当地グルメ2泊3日の旅
第41回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 南あわじ市編
南あわじ市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 知床編
知床ご当地グルメ2泊3日の旅
第40回 奄美大島編
奄美大島ご当地グルメ2泊3日の旅
第39回 佐世保編
佐世保ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 網走編
網走ご当地グルメ2泊3日の旅
第38回 大阪編
大阪ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 種子島編
種子島ご当地グルメ2泊3日の旅
第37回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 徳島編
徳島ご当地グルメ2泊3日の旅
第36回 南紀白浜編
南紀白浜ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第35回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第34回 富良野・美瑛編
富良野・美瑛ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第33回 福岡市編
福岡ご当地グルメ2泊3日の旅
第32回 山口宇部編
山口宇部ご当地グルメ2泊3日の旅
第31回 和歌山編
和歌山ご当地グルメ2泊3日の旅
第30回 神戸編
神戸ご当地グルメ2泊3日の旅
第29回 宮古島編
宮古島ご当地グルメ2泊3日の旅
第28回 金沢編
金沢ご当地グルメ2泊3日の旅
第27回 東京編
東京ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 鹿児島編
鹿児島ご当地グルメ2泊3日の旅
第26回 札幌編
札幌ご当地グルメ2泊3日の旅
第25回 仙台編
仙台ご当地グルメ2泊3日の旅
第24回 北九州市編
北九州市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 みなみ北海道編
みなみ北海道ご当地グルメ2泊3日の旅
第23回 京都編
京都ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 長崎編
長崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第22回 青森編
青森ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 高松編
高松ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 釧路編
釧路ご当地グルメ2泊3日の旅
第21回 沖縄編
沖縄ご当地グルメ2泊3日の旅
第20回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
第19回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
第18回 横浜編
横浜ご当地グルメ2泊3日の旅
第17回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第16回 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第15回 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
第14回 八重山編
石垣島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 小松編
小松ご当地グルメ2泊3日の旅
第13回 愛知編
名古屋ご当地グルメ2泊3日の旅
第12回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
第11回 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第10回 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第9回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第8回 北海道・函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第7回 島根 出雲・松江編
島根ご当地グルメ2泊3日の旅

ページのトップへ

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

早く買うほどトクになる! 本日は、以下ご搭乗分の予約受付中です

75日前までの予約なら ウルトラ先得
月日〜月日
販売は終了しました
55日前までの予約なら スーパー先得
月日〜月日
販売は終了しました
45日前までの予約なら 先得割引タイプB
月日〜月日
販売は終了しました
28日前までの予約なら 先得割引タイプA
月日〜月日
販売は終了しました
旅程

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • レストランを予約
  • 旅パーツを予約

JALダイナミックパッケージ 航空券と宿泊を自由に組み合わせて、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能!7日前までがおトク!

スマートフォンサイトはこちら

パッケージツアー

お申込はご出発前日から起算して7日前(21時29分)まで

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
本日のアクセスランキング

出発地

他にも、○○○○を巡るツアーを多数ご用意しております!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

ページのトップへ