特別版 鹿児島編 ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

グルメの旅レポーターはんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

ご当地グルメの旅トップページはこちら

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は鹿児島編。九州の鹿児島県へ2泊3日で行ってきました。鹿児島は広いです!九州の南部に位置し、薩摩半島と大隅半島。そして離島の薩南諸島。世界遺産の屋久島や、種子島には宇宙センター。桜島からは時々、噴煙が上っています。全てがダイナミック。そんな魅惑の県。全部回りたいけれど、3日じゃ絶対にムリ。そこで今回は、阿久根やいちき串木野、指宿、知覧といった薩摩半島、そして鹿児島市を巡ります。

今回は鹿児島県へ2泊3日で行ってきました!

交流館にリノベーションした駅で、名物カレーを味わう

鹿児島グルメ旅、初日にまず向かったのは、阿久根市です。マリンブルーのビーチが広がり、豊かな自然と人が共生するまち。日本三大急潮のひとつでもある黒之瀬戸も有名です。でも「駅舎が変わったんです」と最初に言われたときには、「グルメ旅と何の関係が?」と思ってしまった僕。いやいや、阿久根駅を拝見した瞬間に、驚きました!なんだ、この綺麗な駅舎は!国鉄およびJR九州の駅として大正11年に開業した阿久根駅は、九州新幹線開業に伴い、第三セクター肥薩おれんじ鉄道へと移管されました。そして平成26年5月、市民の思い出や愛着を大切にしたいとの思いから、工業デザイナーの水戸岡鋭治さんのデザインのもと、リノベーションされたのです。今回伺ったのは、そんな駅内にある駅の食堂「阿久根屋」です。

店舗情報

駅の食堂 阿久根屋

  • 住所鹿児島県阿久根市栄町1 にぎわい交流館阿久根駅内
  • 電話0996-73-4850
  • 営業11:00〜20:30(L.O.)
  • 定休日無休
  • 料金阿久根屋カリー(スープ、サラダ付)600円、阿久根屋ビーフカリー(スープ、サラダ付)1,000円、トッピング たか海老150円、真鰯80円ほか
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • コンセプトは「まちの迎賓館」と「まちの公民館」。駅機能もありますが、ここはくつろぎの空間。図書コーナー、キッズコーナーも。

    コンセプトは「まちの迎賓館」と「まちの公民館」。駅機能もありますが、ここはくつろぎの空間。図書コーナー、キッズコーナーも。

  • 豊富な特産品の中からコンシェルジュがこだわってセレクトした逸品がならぶ売店も。

    豊富な特産品の中からコンシェルジュがこだわってセレクトした逸品がならぶ売店も。

  • そんな駅内にある駅の食堂「阿久根屋」。

    そんな駅内にある駅の食堂「阿久根屋」。

  • 名物の阿久根屋カリーをいただきました(カフェでもいただけます)。たくさんの人に愛される、そんな優しい味わいのビーフカレー。

    名物の阿久根屋カリーをいただきました(カフェでもいただけます)。たくさんの人に愛される、そんな優しい味わいのビーフカレー。

  • 阿久根屋ビーフカリーも大評判。華鶴和牛が載ったぜいたくな一品。和牛は塩コショウで味付けされていますが、カレーとの相性もぴったり。

    阿久根屋ビーフカリーも大評判。華鶴和牛が載ったぜいたくな一品。和牛は塩コショウで味付けされていますが、カレーとの相性もぴったり。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • こちらは大型のまぐろ船を4隻も所有する、新洋水産の直営店舗。今回は「まぐろの大カマ焼き定食」をいただきに来たというわけ。

    こちらは大型のまぐろ船を4隻も所有する、新洋水産の直営店舗。今回は「まぐろの大カマ焼き定食」をいただきに来たというわけ。

  • 平成25年(2013年)12月にオープンした「まぐろの館」は3階建て。2階へと上がると、まぐろ料理専門店『松榮丸』があります。

    平成25年(2013年)12月にオープンした「まぐろの館」は3階建て。2階へと上がると、まぐろ料理専門店『松榮丸』があります。

  • そんな思い入れがいっぱい詰まった定食は、さすがの「大カマ」。まぐろ専門会社の意地を感じますね!

    そんな思い入れがいっぱい詰まった定食は、さすがの「大カマ」。まぐろ専門会社の意地を感じますね!

  • 肉厚の大カマは丸ごと焼かれ、外はカリカリで、中はやわらかジューシー!こちらは、めばちまぐろのカマだそう。

    肉厚の大カマは丸ごと焼かれ、外はカリカリで、中はやわらかジューシー!こちらは、めばちまぐろのカマだそう。

  • まぐろの刺身やまぐろの皮の酢の物などもついてきます。

    まぐろの刺身やまぐろの皮の酢の物などもついてきます。

まぐろ会社直営ならではの大カマ焼き!

阿久根駅から約50q。次は、いちき串木野市に向かいます。串木野といえば漁港が有名です。特に、大正時代から昭和にかけて、まぐろ漁が盛ん。その関係で、ご当地ラーメンとして「まぐろラーメン」が誕生したりも。そんな、いちき串木野で料理といえば、やはり、まぐろでしょう。平成25年(2013年)12月にオープンした「まぐろの館」は3階建てで、409トンのまぐろ船を模して造られています。こちらは大型のまぐろ船を4隻も所有する、新洋水産の直営店舗。南インド洋とかオーストラリアとか遠洋漁業の会社です。行ったら1年半くらい帰らないとか!!社長の松元要さんはもちろん串木野の出身。今まではずっと、まぐろ漁&加工の会社でしたが、地元にまぐろ料理店&販売店を出店するのが夢だったそう。

店舗情報

まぐろ料理専門店 松榮丸(まつえいまる)

  • 住所鹿児島県いちき串木野市八房3141-1
  • 電話0996-29-5517
  • 営業11:00〜15:00、17:00〜21:00(20:30L.O.)、土日祝11:00〜21:30(20:30 L.O.)、第2木曜は11:00〜15:00
  • 定休日無休
  • 料金まぐろの大カマ焼き定食1,300円+税(数量限定)
この店舗のマップを見る
指宿温泉の夜にぴったりの、粋な料理店

いちき串木野から南東側へ約70q。薩摩半島をどんどん南下して、指宿へと参りました。指宿といえば、温泉街。市内各地に温泉が湧き、海に流れ出ているところまで。それを利用した「砂むし温泉」まで存在するほどの地。今宵は、今、話題の和食・郷土料理店へと、向かいましょう。周囲はすっかり暗くなり、そこに、ポッと灯りが点っています。それが『味彩 むさし』。ところで、みなさんは「温たまらん丼」をご存知でしょうか?指宿で誕生した新ご当地名物。各店舗で中身が違いますが、共通点は「温泉玉子」を使用している点。西養鶏場「さつま芋卵」を使用。餌にさつま芋とカツオの頭を砕いたものを混ぜて与えているそう。カツオの頭にはDHAが多量に含まれていることから、かなり栄養豊富な卵といえるかも。で、『むさし』の「温たまらん丼」は、主役は指宿産カツオのたたき醤油漬けで、脇を山川漬や季節に応じた指宿の野菜で固め、そこに季節代わりの特製ソースと温泉玉子が添えられています。

店舗情報

味彩 むさし

  • 住所鹿児島県指宿市大牟礼1-19-6
  • 電話0993-23-3888
  • 営業18:00〜23:00(前日までの予約で12:00〜14:00も営業)
  • 定休日水曜
  • 料金温たまらん丼1,000円+税、こだわり黒豚角煮 旬菜添え 800円+税、坊主蒟蒻(唐揚、塩焼)800円+税、海(ボトル)3,000円+税
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 照明を落とした店内には木のぬくもりが活きています。重厚なカウンターもいいですし、個室も落ち着きますね。

    照明を落とした店内には木のぬくもりが活きています。重厚なカウンターもいいですし、個室も落ち着きますね。

  • お店を切り盛りするのは、前川猛志さんと明さん。さすが鹿児島。店内には焼酎がずらり。大海酒造の「海」もありました。

    お店を切り盛りするのは、前川猛志さんと明さん。さすが鹿児島。店内には焼酎がずらり。大海酒造の「海」もありました。

  • カツオのおいしさと、温泉玉子の甘さが、たまりません!!

    カツオのおいしさと、温泉玉子の甘さが、たまりません!!

  • 黒豚の角煮も絶品。指宿「たにかど農場」の六白黒豚であるいぶすき黒豚を用いています。柔らかくて、旨みたっぷり。とろとろ!!

    黒豚の角煮も絶品。指宿「たにかど農場」の六白黒豚であるいぶすき黒豚を用いています。柔らかくて、旨みたっぷり。とろとろ!!

  • 「坊主蒟蒻(ぼうずこんにゃく)も、いいですよ」と運ばれてきた魚のから揚げ。身が柔らかくて、適度に脂がのっています。

    「坊主蒟蒻(ぼうずこんにゃく)も、いいですよ」と運ばれてきた魚のから揚げ。身が柔らかくて、適度に脂がのっています。

ページのトップへ

おはようございます。鹿児島グルメ旅2日目です。

知覧の武家屋敷で、鹿児島郷土料理を堪能

今日は指宿を出発して、北上します。そして1軒目は、南九州市の知覧。知覧は、武家屋敷群が今でも残る、歴史のある町です。かつて亀甲城や知覧城といった城もあった地域で、質実剛健的な雰囲気もただよっています。そんな武家屋敷の中にある、さつま郷土料理店『城庵』にご訪問です。昭和初期に建てられた住まいを利用して、昭和50年代に料理店を始めたそう。ご主人の城宰さんにお話を伺うと、先祖をさかのぼれば東京の渋谷周辺を管轄していた渋谷一族で、そこから鹿児島の川内に移り、そして、知覧へ。周辺にも約10軒の城姓の親族がいるとか。なんせ、武家屋敷の中です。歴史もありますね。今回はこちらのお店の名物、「城庵セット」をいただきました。おお、一の膳、二の膳がある本格派です。

店舗情報

さつま郷土料理食事処 城庵(たきあん)

  • 住所鹿児島県南九州市知覧町郡6329
  • 電話0993-83-3186
  • 営業10:30〜15:00(14:30L.O.)
  • 定休日無休(1月9日のみ休業)
  • 料金城庵セット2,160円※駐車場は武家屋敷パーキングを利用(有料)
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 武家屋敷の中にある、さつま郷土料理店『城庵』を訪問しました。

    武家屋敷の中にある、さつま郷土料理店『城庵』を訪問しました。

  • まずは一の膳。梅酒も載っていますね。季節の小鉢。今日は豆腐の白和えや蒟蒻刺身、鶏のお刺身など。

    まずは一の膳。梅酒も載っていますね。季節の小鉢。今日は豆腐の白和えや蒟蒻刺身、鶏のお刺身など。

  • そして二の膳。豪華ですねぇ。煮しめや酒寿司、さつま揚げ、蕎麦、季節の小鉢や自家製の香の物も。

    そして二の膳。豪華ですねぇ。煮しめや酒寿司、さつま揚げ、蕎麦、季節の小鉢や自家製の香の物も。

  • 鶏のお刺身。鮮度がいいですね!

    鶏のお刺身。鮮度がいいですね!

  • 酒寿司。珍しいですね。地元の 「地酒」という菜のお酒で味つけする鹿児島の郷土料理です。

    酒寿司。珍しいですね。地元の 「地酒」という菜のお酒で味つけする鹿児島の郷土料理です。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 地下1階、1階、2階、4階(夏は5階)とあり、鉄板焼きや洋食、居酒屋といったラインナップ。でも、やはり「白熊」が一番人気。

    地下1階、1階、2階、4階(夏は5階)とあり、鉄板焼きや洋食、居酒屋といったラインナップ。でも、やはり「白熊」が一番人気。

  • 可愛らしい見た目じゃないと「白熊」じゃないので、本当は「かき氷」と「白熊」は違うものなのですが、鹿児島では総称して「白熊」。

    可愛らしい見た目じゃないと「白熊」じゃないので、本当は「かき氷」と「白熊」は違うものなのですが、鹿児島では総称して「白熊」。

  • 実は「白熊」にはバリエーションがあります。なんと19種類。ほかにも限定メニューもあり、6月にはさらに10種類増えていたとか。

    実は「白熊」にはバリエーションがあります。なんと19種類。ほかにも限定メニューもあり、6月にはさらに10種類増えていたとか。

  • 「南海の黒熊」。桜島をモチーフに、白熊を溶岩に見立てた一品。黒蜜で桜島の力強さを表現しています。

    「南海の黒熊」。桜島をモチーフに、白熊を溶岩に見立てた一品。黒蜜で桜島の力強さを表現しています。

  • 「焼酎みぞれ」。黒伊佐錦の焼酎とむらさきいもで蜜を作ってかけています。ミルクの爽やかな甘みも加わった、大人のための白熊。

    「焼酎みぞれ」。黒伊佐錦の焼酎とむらさきいもで蜜を作ってかけています。ミルクの爽やかな甘みも加わった、大人のための白熊。

鹿児島でかき氷といえば、白熊

鹿児島2泊3日グルメ旅も2日目の2軒目にして、ようやく鹿児島市内へ。今までは風光明媚な景色が広がる地でしたが、一転して都会です。 昨今は、夏になると、巷でかき氷が話題に上がります。そんな追い風もあって、鹿児島名物の「かき氷」がさらに大評判。でも、鹿児島では、それを「白熊(しろくま)」と呼びます。元祖が、こちら『天文館むじゃき』です。『天文館むじゃき』は、もともと昭和22年に創業者の久保武氏により大衆食堂としてスタートしました。なので、決して「白熊」専門店ではありません。さて、この「白熊」ですが、もともとはイチゴにミルクをかけてみるとおいしかった事にヒントを得て考案された一品。形状が動物の白熊に似ていることから名づけられました。考案当時は、もっとシンプルな見た目だったようですが、改良を重ねるごとに現在のビジュアルに。ミルクのコクと蜜の甘さがたまりません。思い出しただけでまた食べたくなってしまいます!

店舗情報

天文館むじゃき

  • 住所鹿児島県鹿児島市千日町5街区8号
  • 電話099-222-6904
  • 営業11:00〜22:00(21:30L.O.)、日祝と7〜8月は10:00〜22:00(21:30L.O.)
  • 定休日無休
  • 料金白熊レギュラー720円(ベビーあり)、南海の黒熊レギュラー720円(ベビーあり)、焼酎みぞれ660円
この店舗のマップを見る
鹿児島食材の素晴らしさを伝える産直鉄板料理店

鹿児島市の天文館周辺には、大小様々な飲食店が軒を連ねています。そんな天文館の「にぎわい通り」に2013年11月にオープンしたのが『産直鉄板 ビーファーズ』。店舗の前に立って驚いたのは、1階から3階まであり、フロアー毎にコンセプトが違う点。1階はカウンターでシェフによる鉄板ショーを見ながら、カジュアルに楽しめる空間。2階はセルフスタイルで、自分好みの焼き加減を楽しめる、掘りごたつ。3階は「A5等級BMSNo.10以上」という最高級ブランド「4%の奇跡」の希少部位が味わえる限定4部屋の個室です。それにしても、店名が変わっていますね。何語なんだろう?と伺えば「ビーフとファーマーズ」を、かけているそう。つまりは、牛(ビーフ)の生産者(ファーマーズ)が、「究極の産直」としてお届けできるお店を作りたいと、その思いを形にしたのがこちら。なるほど!今宵は、1階へと向かいました。こちらは牛肉の生産から加工、販売までを一貫体制で行う鹿児島の『カミチク』の直営店舗。なので、食材には絶対の自信が。牛肉は「極上5等級黒毛和牛」「4等級以上の薩摩牛」「元米牛」から選ぶスタイル。各々、ヒレとサーロインがあります。迷いますが「薩摩牛」の「サーロイン」3,800円を。今回は+1,700円でフルコースセットにしました。

店舗情報

産直鉄板ビーファーズ

  • 住所鹿児島県鹿児島市東千石町13-10 ビーファーズビル
  • 電話099-295-3829
  • 営業11:30〜15:00(14:30L.O.)、17:00〜22:00(21:30L.O.)
  • 定休日無休(年末年始除く)
  • 料金薩摩牛サーロイン3,800円+税、フルコースセット1,700円+税
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店舗の前に立って驚いたのは、1階から3階まであり、フロアー毎にコンセプトが違う点。

    店舗の前に立って驚いたのは、1階から3階まであり、フロアー毎にコンセプトが違う点。

  • シェフが目の前で調理を。カウンター越しで焼いてくださるスタイルは、贅沢ですね。

    シェフが目の前で調理を。カウンター越しで焼いてくださるスタイルは、贅沢ですね。

  • まずは前菜盛り合わせ。器も洒落ていて、彩りも豊か。

    まずは前菜盛り合わせ。器も洒落ていて、彩りも豊か。

  • 野菜も鉄板焼きです。一つ一つ丁寧に焼かれていきます。

    野菜も鉄板焼きです。一つ一つ丁寧に焼かれていきます。

  • もちろん薩摩牛の旨さはピカイチ!見ただけで美味しさが伝わってきます!!外側は香ばしく、中はややレアでジューシー。

    もちろん薩摩牛の旨さはピカイチ!見ただけで美味しさが伝わってきます!!外側は香ばしく、中はややレアでジューシー。

ページのトップへ

鹿児島2泊3日グルメ旅も、いよいよ3日目。最終日です。

かつて応援のために誕生した、元祖黒豚しゃぶしゃぶ

今日はまず、鹿児島を代表する食材“黒豚”の専門店へと向かいます。天文館通りの『あぢもり』。今や、超有名なブランド豚である「さつま黒豚」は、歴史が古いです。それは江戸時代のはじめ、初代藩主島津家久により琉球から薩摩に来た小柄で黒いタイプの豚が、前田利右衛門が琉球から持ち込んださつまいもを餌にして改良を重ねた結果、成長したという豚。ただ、黒豚は美味しいけれど、昭和40年代は生産効率の良い白豚に負けて、風前の灯だったとか。それを武田信近氏や県職員の永田文吉氏らの努力があり、『あぢもり』も黒豚を応援する意味で、店舗を始めたそう。そして、黒豚ですが、旨い、その一言に尽きますね。伺えば、さつま黒豚は肉の繊維が細いため、非常に柔らかくて独特の小味があるそう。糖分やそのほかの呈味成分が多くてほのかな甘みがあり、水っぽさがなく肉が締まり、脂肪の融点が高いために脂身がべとつかないという利点が。そのために、さっぱりとした味わいを堪能できます。

店舗情報

黒豚料理 あぢもり

  • 住所鹿児島県鹿児島市千日前13-21
  • 電話099-224-7634
  • 営業11:30〜15:00(とんかつ14:15L.O、黒しゃぶ13:00入店まで)、17:30〜21:30(20時まで入店OK)※夜は黒豚しゃぶしゃぶのみ
  • 定休日火曜(不定休あり)、年末年始
  • 料金桜島コース8,640円(税込・サービス料別)、黒豚スペシャルミックスかつセット1,680円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 落ち着きのある和室で、「桜島コース」をいただくことに。

    落ち着きのある和室で、「桜島コース」をいただくことに。

  • 先付から「抹茶入り黒豚コラーゲン」そして、黒豚一口ヒレかつ、黒豚コロッケ、黒豚豚とろ(刺身風)、黒豚角煮など。

    先付から「抹茶入り黒豚コラーゲン」そして、黒豚一口ヒレかつ、黒豚コロッケ、黒豚豚とろ(刺身風)、黒豚角煮など。

  • 特選黒豚しゃぶしゃぶ、野菜も。黒豚は“バラ盛り”と呼ばれる盛り付け方で、肉のおいしさはもちろん、美しさも兼ね備えています。

    特選黒豚しゃぶしゃぶ、野菜も。黒豚は“バラ盛り”と呼ばれる盛り付け方で、肉のおいしさはもちろん、美しさも兼ね備えています。

  • 特上の黒豚と秘伝のスープ、そして地玉子の絶妙な組み合わせ。牛肉では味わえない、あっさりとしたおいしさが後を引きます。

    特上の黒豚と秘伝のスープ、そして地玉子の絶妙な組み合わせ。牛肉では味わえない、あっさりとしたおいしさが後を引きます。

  • ちなみに1階ではとんかつが味わえます。黒豚スペシャルミックスかつセット。

    ちなみに1階ではとんかつが味わえます。黒豚スペシャルミックスかつセット。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 昭和34年創業にして、鹿児島の郷土料理の草分けといわれる料理店。

    昭和34年創業にして、鹿児島の郷土料理の草分けといわれる料理店。

  • キビナゴのお刺身ですね。朝イチでキビナゴそのものを丸で仕入れて、自ら仕込んでいるそう。しっかりといた酸味のある酢味噌で。

    キビナゴのお刺身ですね。朝イチでキビナゴそのものを丸で仕入れて、自ら仕込んでいるそう。しっかりといた酸味のある酢味噌で。

  • さつま若しゃもの刺身。4,800円以上のコースに入ります。生姜などの薬味を添えて味わえば、とろけるようなおいしさが広がります。

    さつま若しゃもの刺身。4,800円以上のコースに入ります。生姜などの薬味を添えて味わえば、とろけるようなおいしさが広がります。

  • さつま揚げ。鱈や鯵、鰯など様々な魚をすり身にし、揚げています。甘さひかえめ、しかもふっくらではなく、しっかりとした味わい。

    さつま揚げ。鱈や鯵、鰯など様々な魚をすり身にし、揚げています。甘さひかえめ、しかもふっくらではなく、しっかりとした味わい。

  • とんこつ。かごしま黒豚の骨付き肉をじっくり煮て、黒砂糖、麦味噌、焼酎で味つけした一品。ふっくらやわらかい肉を堪能できます。

    とんこつ。かごしま黒豚の骨付き肉をじっくり煮て、黒砂糖、麦味噌、焼酎で味つけした一品。ふっくらやわらかい肉を堪能できます。

天文館で薩摩の郷土料理を味わう

2日目の1軒目は、知覧の武家屋敷で、鹿児島郷土料理を堪能しましたが、ここ天文館地区でも、本格的な郷土料理を楽しめます。その一画の『さつま路』へと向かいました。昭和34年創業にして、鹿児島の郷土料理の草分けといわれる料理店です。鹿児島の自然の恵みたっぷりの食材を生かした郷土料理、創作郷土料理が味わえると、ずっと大評判。鹿児島の“食”交流推進会議に「かごしま地産地消推進店」として認定されています。例えば郷土料理は、伝統的な美味を味わえるコースが篤姫膳2,800円から島津極上膳10,800円までさまざま。今回は、多くの膳にて提供される一品をご紹介しましょう。

店舗情報

さつま路

  • 住所鹿児島県鹿児島市東千石町6-29
  • 電話099-226-0525
  • 営業11:30〜14:30、17:30〜22:00
  • 定休日年末年始
  • 料金大久保極上膳6,800円ほか
この店舗のマップを見る
自社飼育の黒さつま鶏や天然物の刺身を堪能

鹿児島2泊3日グルメ旅もいよいよ最後の1軒となりました。ラストに選びし店舗は『さけ咲』。鹿児島中央駅にほど近く、空港行のバスに乗るのにも便利な立地。こちらは鹿児島の旬の食材を活かし、目利きが仕入れた鮮魚、四季折々の天然モノにこだわった厳選素材で和洋折衷ジャンルを問わず提供しています。もともとは鹿児島の老舗蕎麦店『兵六』の流れを汲み、他にも『くら蔵』、『ゆとり館』といった店舗も切り盛りしています。特に凄いのは、自ら、黒さつま地鶏である黒王という鶏を飼育している点。これは約150日も育てた鶏だそう。それだけ飼育したら、相当大きいですね!

店舗情報

一条通 さけ咲(さけさけ)

  • 住所鹿児島県鹿児島市中央町1-10
  • 電話099-214-5885
  • 営業17:00〜24:00(23:00料理L.O.)、金土17:00〜翌1:00(24:00料理L.O.)
  • 定休日無休
  • 料金黒さつま鶏の刺身750円、奇跡のやきとり600円、黒さつま鶏のにぎりずし1,000円、お刺身盛り合わせ1,200円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 鹿児島中央駅にほど近く、空港行のバスに乗るのにも便利な立地。

    鹿児島中央駅にほど近く、空港行のバスに乗るのにも便利な立地。

  • 「黒さつま鶏の刺身」。もも肉とむね肉。炙りになっていますね。鹿児島の鶏の炙り方は、上だけ焼くのと、冷水につけないのが特徴。

    「黒さつま鶏の刺身」。もも肉とむね肉。炙りになっていますね。鹿児島の鶏の炙り方は、上だけ焼くのと、冷水につけないのが特徴。

  • 「黒さつま鶏のにぎりずし」。豪快な握り寿司ですねぇ。ねっとりとし、弾力のある鶏の食感が、絶品!甘めの醤油との相性も絶妙。

    「黒さつま鶏のにぎりずし」。豪快な握り寿司ですねぇ。ねっとりとし、弾力のある鶏の食感が、絶品!甘めの醤油との相性も絶妙。

  • 「奇跡のやきとり」。もも、砂ずり、はつ、レバー、むね肉がひとつの串にささったお得なやきとり。

    「奇跡のやきとり」。もも、砂ずり、はつ、レバー、むね肉がひとつの串にささったお得なやきとり。

  • 「お刺身」。秋太郎(芭蕉かじき)、ごまあら、ほしがつお、やりいか、あかばら(天然かんぱち)。全て天然モノ。時期により変動。

    「お刺身」。秋太郎(芭蕉かじき)、ごまあら、ほしがつお、やりいか、あかばら(天然かんぱち)。全て天然モノ。時期により変動。

ページのトップへ

いかがでしたでしょうか、鹿児島2泊3日グルメの旅。風光明媚&自然派の料理店もあり、都会なイメージもあり、ダイナミックなスケールも楽しき3日間でした。

鹿児島焼酎全ての蔵元が揃う

さて、今回も番外編です。鹿児島といえば、焼酎です。なんと県内には112社の蔵元があり、全部で約3,000もの種類があるそう。それらを取り揃える焼酎Bar『礎』。「鹿児島県内全社の焼酎がありますよ」とオーナーの池畑裕一さんが笑います。そのために約15軒の問屋さんから仕入れているそう。ちなみに池畑さんは焼酎のみならず、日本酒学講師、焼酎きき酒師、日本酒きき酒師、ワインコーディネーター、スピリッツアドバイザー、ビアアドバイザーといった資格も有しています。もともとお姉さんが焼酎蔵に嫁ぎ、その関係で池畑さんも蔵で勉強をさせてもらい、焼酎バーをオープンさせたそう。「焼酎に詳しい県外の方が楽しめる焼酎バーが、天文館にはなかったので、オープンしました」と池畑さん。

店舗情報

本格焼酎Bar 礎(いしずえ)

  • 住所鹿児島県鹿児島市千日町6-1 天文館フラワービル4F
  • 電話099-227-0125
  • 営業20:00〜翌3:00
  • 定休日不定休
  • 料金焼酎600円〜
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 鹿児島には、全部で約3,000もの種類の焼酎があるそう。それらを取り揃える焼酎Bar『礎』。

    鹿児島には、全部で約3,000もの種類の焼酎があるそう。それらを取り揃える焼酎Bar『礎』。

  • もともとお姉さんが焼酎蔵に嫁ぎ、その関係で池畑さんも蔵で勉強をさせてもらい、焼酎バーをオープンさせたそう。

    もともとお姉さんが焼酎蔵に嫁ぎ、その関係で池畑さんも蔵で勉強をさせてもらい、焼酎バーをオープンさせたそう。

  • リストを拝見したら、超驚き。蒸留の別、麹菌、原材料などがずらっと書かれています。

    リストを拝見したら、超驚き。蒸留の別、麹菌、原材料などがずらっと書かれています。

  • 大海酒造の「くじら」ももちろんあります。でも、これは通常のとは違い、「縦くじら」と呼ばれている銘柄。

    大海酒造の「くじら」ももちろんあります。でも、これは通常のとは違い、「縦くじら」と呼ばれている銘柄。

  • 東酒造の「西郷庵」も。黒麹で発酵し、時間差で黄麹を追い麹する技法で造りあげた本格芋焼酎です。

    東酒造の「西郷庵」も。黒麹で発酵し、時間差で黄麹を追い麹する技法で造りあげた本格芋焼酎です。

ご注意:店舗の営業時間等は、はんつ遠藤さんのブログ内容に基づいて記載しております。

ページのトップへ

プランマップ

2015年1月7日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ご当地グルメの旅一覧

第48回 岩手編

岩手ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は岩手県へ行ってきました!

第47回 長崎編

長崎ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は長崎県へ行ってきました!

第46回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第45回 札幌・小樽編
札幌・小樽ご当地グルメ2泊3日の旅
第44回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第43回 箱根編
箱根ご当地グルメ2泊3日の旅
第42回 熊本編
熊本ご当地グルメ2泊3日の旅
第41回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 南あわじ市編
南あわじ市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 知床編
知床ご当地グルメ2泊3日の旅
第40回 奄美大島編
奄美大島ご当地グルメ2泊3日の旅
第39回 佐世保編
佐世保ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 網走編
網走ご当地グルメ2泊3日の旅
第38回 大阪編
大阪ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 種子島編
種子島ご当地グルメ2泊3日の旅
第37回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 徳島編
徳島ご当地グルメ2泊3日の旅
第36回 南紀白浜編
南紀白浜ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第35回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第34回 富良野・美瑛編
富良野・美瑛ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第33回 福岡市編
福岡ご当地グルメ2泊3日の旅
第32回 山口宇部編
山口宇部ご当地グルメ2泊3日の旅
第31回 和歌山編
和歌山ご当地グルメ2泊3日の旅
第30回 神戸編
神戸ご当地グルメ2泊3日の旅
第29回 宮古島編
宮古島ご当地グルメ2泊3日の旅
第28回 金沢編
金沢ご当地グルメ2泊3日の旅
第27回 東京編
東京ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 鹿児島編
鹿児島ご当地グルメ2泊3日の旅
第26回 札幌編
札幌ご当地グルメ2泊3日の旅
第25回 仙台編
仙台ご当地グルメ2泊3日の旅
第24回 北九州市編
北九州市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 みなみ北海道編
みなみ北海道ご当地グルメ2泊3日の旅
第23回 京都編
京都ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 長崎編
長崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第22回 青森編
青森ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 高松編
高松ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 釧路編
釧路ご当地グルメ2泊3日の旅
第21回 沖縄編
沖縄ご当地グルメ2泊3日の旅
第20回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
第19回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
第18回 横浜編
横浜ご当地グルメ2泊3日の旅
第17回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第16回 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第15回 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
第14回 八重山編
石垣島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 小松編
小松ご当地グルメ2泊3日の旅
第13回 愛知編
名古屋ご当地グルメ2泊3日の旅
第12回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
第11回 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第10回 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第9回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第8回 北海道・函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第7回 島根 出雲・松江編
島根ご当地グルメ2泊3日の旅

ページのトップへ

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

早く買うほどトクになる! 本日は、以下ご搭乗分の予約受付中です

75日前までの予約なら ウルトラ先得
月日〜月日
販売は終了しました
55日前までの予約なら スーパー先得
月日〜月日
販売は終了しました
45日前までの予約なら 先得割引タイプB
月日〜月日
販売は終了しました
28日前までの予約なら 先得割引タイプA
月日〜月日
販売は終了しました
旅程

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • レストランを予約
  • 旅パーツを予約

JALダイナミックパッケージ 航空券と宿泊を自由に組み合わせて、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能!7日前までがおトク!

スマートフォンサイトはこちら

パッケージツアー

お申込はご出発前日から起算して7日前(21時29分)まで

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
本日のアクセスランキング

出発地

他にも、○○○○を巡るツアーを多数ご用意しております!

クリックがランキングに反映!「グルメ旅ランキング」をチェック!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

ページのトップへ