第30回 神戸編 ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

グルメの旅レポーターはんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

ご当地グルメの旅トップページはこちら

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は神戸編。神戸へ2泊3日で行ってきました。江戸時代には宿場町として栄え、1868年の貿易開港で、東洋最大の港として発展してきた神戸。そのため、工業都市としての側面も持ち、また、外国人居留地も作られたため、南京町や北野坂など、異国情緒も溢れます。さて、今回も旅が始まります!

今回は兵庫県神戸市へ2泊3日で行ってきました!

神戸の雰囲気にぴったりの老舗ロシア料理店

江戸時代に宿場町として栄えた神戸は、1868年に国際貿易港として開港し、飛躍的に発展を遂げました。外国人も多く移住し、現在の三ノ宮駅から山側へと北野坂を登れば、今でも「風見鶏の館」を筆頭に、異国情緒あふれる異人館が存在します。そんな北野坂の途中にある、洒落た赤煉瓦が特徴のヒルサイドテラスビル3F。今回の神戸グルメ2泊3日の旅は、純ロシア料理『神戸 バラライカ』からスタートです。同店の創業は、昭和26年。「もともとは、祖母が始めたんです」と、3代目であるマスターの田部洋一さん。おばあさまは、戦前、ハルピンにいたそう。おじいさまは写真屋さんだったとか。ロシア人のお母さんが作る料理の、なんだか懐かしくて素直な気持ちにさせられる素朴な味わいに惚れ込み、当時としては珍しいロシア料理の店を神戸で開いたというわけ。ちなみに「バラライカ」とは、三角形をしたロシアの民族楽器。ロシア人が集う輪の中で奏でられるその楽器の音色は人々の心を和ませることから、レストランも皆さまが集い、くつろげる場所となるようにという想いで「バラライカ」と名づけたそう。

店舗情報

純ロシア料理 神戸バラライカ

  • 住所兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラスビル3F
  • 電話078-291-0022
  • 営業11:30〜14:00(L.O.)、17:30〜21:00(L.O.)
  • 定休日火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 料金カツレータセット2,500円+税
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • エレベーターを3Fで降りれば、「純ロシア料理」と書かれた外観。店内も落ち着いた雰囲気で、いいですね。

    エレベーターを3Fで降りれば、「純ロシア料理」と書かれた外観。店内も落ち着いた雰囲気で、いいですね。

  • 昭和26年創業。3代目であるマスターの田部洋一さん。

    昭和26年創業。3代目であるマスターの田部洋一さん。

  • 「カツレータセット(CUTLET SET)」。ボルシ(ロシアスープ)、ピロシキ(1個)又はライス、カツレータ(ロシア式ハンバーグ)など。

    「カツレータセット(CUTLET SET)」。ボルシ(ロシアスープ)、ピロシキ(1個)又はライス、カツレータ(ロシア式ハンバーグ)など。

  • ボルシはボルシチというレストランもありますね。ロシアスープです。ベースは牛骨だそうで、コトコト6時間以上煮込むそう。

    ボルシはボルシチというレストランもありますね。ロシアスープです。ベースは牛骨だそうで、コトコト6時間以上煮込むそう。

  • カツレータ。ロシア風のハンバーグです。粘りよりもぎゅっと詰まった肉肉しさを感じます。

    カツレータ。ロシア風のハンバーグです。粘りよりもぎゅっと詰まった肉肉しさを感じます。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • フランスの伝統的な洋菓子を追求する1軒。コンセプトは「昭和の時代のフランス」。ちょっと前の、アットホームなパリの雰囲気。

    フランスの伝統的な洋菓子を追求する1軒。コンセプトは「昭和の時代のフランス」。ちょっと前の、アットホームなパリの雰囲気。

  • バリアフリーの店内も、ゆったりとした空間があり、イートインも可能です。もちろんテイクアウトもOK。

    バリアフリーの店内も、ゆったりとした空間があり、イートインも可能です。もちろんテイクアウトもOK。

  • 「ビュイ・ダムール」。ブリゼ生地の上にシュー生地を重ね、シブーストの表面はキャラメリゼで香ばしく仕上げてあります。

    「ビュイ・ダムール」。ブリゼ生地の上にシュー生地を重ね、シブーストの表面はキャラメリゼで香ばしく仕上げてあります。

  • 「アリ・ババ」。ブリオッシュ生地にラム酒のシロップを染み込ませ、クレーム・パティシエールをサンド。優しい味わいです。

    「アリ・ババ」。ブリオッシュ生地にラム酒のシロップを染み込ませ、クレーム・パティシエールをサンド。優しい味わいです。

  • 「ムラング・シャンティイ」。甘味が強すぎないよう、しっかりと焼いた目の粗いムラングに、クレーム・シャンティイをたっぷり。

    「ムラング・シャンティイ」。甘味が強すぎないよう、しっかりと焼いた目の粗いムラングに、クレーム・シャンティイをたっぷり。

伝統的フランス菓子を神戸で味わう

神戸といえば異国情緒も溢れる地。スイーツの名店も多いです。『パティスリー モンプリュ』もその1軒。正式な店名は、フランス語で空高く舞い上がるという意味の『モンテ・オ・プリュ・オー・デュ・スィエル』ですが、呼びやすいように『モンプリュ』という愛称をつけたそう。外観の店名の描かれたタイルは、フランス製。フランスのデザイナーに依頼し、デコラティブなフランスの雰囲気を盛り込んでもらい、デザイナーさんのサジェストで金のシルエットを付けて仕上げてもらったそう。シェフパティシエの林周平さんは、国内のホテルに勤務後、フランスへと渡り、「ニッコー・ド・パリ」や「ジャン・ミエ」で腕を揮った後、帰国。ホテルの製菓長を勤めた後、2005年に独立しました。

店舗情報

パティスリー モンプリュ

  • 住所兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-17
  • 電話078-321-1048
  • 営業10:00〜19:00
  • 定休日火曜日
  • 料金ビュイ・ダムール437円+税、ムラング・シャンティイ410円+税、アリ・ババ427円+税
この店舗のマップを見る
焼き上がりまで卓上で30分の熟成肉を満喫

昨今は肉料理が大評判です。特に“熟成肉”はブームを通り越して、定着化してきた、そんな印象。なんと、神戸にも話題の1軒がありました。向かった先は、三ノ宮駅から徒歩約5分の下山手通りの『ABRI』(あぶり)。2014年9月にオープンしたばかりの新店です。コンセプトは「大切な人と美味を楽しむ」。「お肉本来の味を多くの皆さんに楽しんでいただきたい」と、その時々によって旬の産地、部位、肉種などを見極め、こだわり抜いたお肉を絶妙の調理法とタイミングで提供しているそう。料理はコースがメインです。「布引」6,800円〜「有馬」15,000円など、その時に応じて選択可能。もちろん主役は熟成肉。これを、お店の方が、テーブル上で焼いてくださる!なんという贅沢。七輪が設置されました。備長炭は高知の最高級土佐備長炭。しかも指定した炭屋さんのものしか使用しないこだわりぶり。

店舗情報

ABRI

  • 住所兵庫県神戸市中央区下山手通2-12-22
  • 電話078-326-2629
  • 営業17:30〜23:00
  • 定休日日曜日(月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)
  • 料金布引(コース)6,800円+税〜
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店頭にはガラス張りの熟成庫がディスプレイ的に存在し、通りからでも熟成肉が見えるスタイル。

    店頭にはガラス張りの熟成庫がディスプレイ的に存在し、通りからでも熟成肉が見えるスタイル。

  • 板状の岩塩の上に載って、熟成肉が登場しました。鹿児島の黒毛和牛です。40日〜60日熟成させているとか。

    板状の岩塩の上に載って、熟成肉が登場しました。鹿児島の黒毛和牛です。40日〜60日熟成させているとか。

  • 高知の最高級土佐備長炭を使用。仕上がりまでは約30分!香ばしく焼かれて、しかも全体的に汗をかいたような状態になったら完成。

    高知の最高級土佐備長炭を使用。仕上がりまでは約30分!香ばしく焼かれて、しかも全体的に汗をかいたような状態になったら完成。

  • 柔らかく、旨みを増し、芳香を漂わせる、まさに逸品。塩、粗挽き胡椒、ホースラディッシュ、泡しょうゆなども合いますね。

    柔らかく、旨みを増し、芳香を漂わせる、まさに逸品。塩、粗挽き胡椒、ホースラディッシュ、泡しょうゆなども合いますね。

  • 肉を調理する間に、コース料理の一部であるバーニャカウダーを。なんと豆乳と白味噌、塩糀(こうじ)で構成されたソースです。

    肉を調理する間に、コース料理の一部であるバーニャカウダーを。なんと豆乳と白味噌、塩糀(こうじ)で構成されたソースです。

ページのトップへ

おはようございます。神戸グルメ2泊3日の旅、2日目です。

鮮度&お値打ちな海鮮丼のため、市場で自ら毎朝仕入れる!

阪急線三宮駅の南側に位置する、国内最大級のショッピングゾーン『神戸・三宮さんセンタープラザ』。その「さんプラザ」B1Fにあるのが『一寸法師』。ご主人の久保学さんと娘さんが仲良く切り盛りなさっています。神戸に詳しい方ならご存知かもしれませんが『一寸法師』というと、神戸市兵庫区の地下鉄湊川公園駅近くにある海鮮居酒屋が有名です。実は、そのご主人が、本店を信頼できるスタッフに任せ、自らこちらでカウンターのみ8席の店舗をなさっているというわけ。実はこちらでは、3月から夜営業も始めたそうで、コース仕立てで最後の締めに「まぐろの握り」を出しているそう。特別に握ってくださいました。中トロ、大トロの握りが目の前に!「夜は3,000円と5,000円のおまかせコースにしようかなー」と久保さん。なにぶん、始めたばかりなので、いろいろ変わるかも。しかも「魔王」「梵」「森伊蔵」などの焼酎や「獺祭」などの日本酒が、かなりのお値打ち価格(怖くて書けない)。

店舗情報

一寸法師

  • 住所兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ B1F 38
  • 電話078-391-0167
  • 営業11:00〜14:30(なくなり次第終了)、17:00〜21:00ごろ(L.O.)
  • 定休日不定休
  • 料金上海鮮丼1,000円(ランチ限定)
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「こんな狭い店やから、安くせんと」と久保さんが笑いますが、そうは言っても安すぎじゃないですかっ?「上海鮮丼」が1,000円!

    「こんな狭い店やから、安くせんと」と久保さんが笑いますが、そうは言っても安すぎじゃないですかっ?「上海鮮丼」が1,000円!

  • ご主人の久保学さんと娘さんが仲良く切り盛りなさっています。

    ご主人の久保学さんと娘さんが仲良く切り盛りなさっています。

  • 「上海鮮丼」。これで1,000円?と超お得な価格設定に驚きました。久保さん自身が毎朝早くに中央市場に行って、海産物を仕入れます。

    「上海鮮丼」。これで1,000円?と超お得な価格設定に驚きました。久保さん自身が毎朝早くに中央市場に行って、海産物を仕入れます。

  • 鮮度も抜群。これは、人気なのが頷けます。ランチタイムには行列です。8席しかないのに70人くらい来るそうで、早じまいもあり。

    鮮度も抜群。これは、人気なのが頷けます。ランチタイムには行列です。8席しかないのに70人くらい来るそうで、早じまいもあり。

  • 実は3月から夜営業も始めたそうで、コース仕立てで最後の締めに「まぐろの握り」を出しているそう。中トロ、大トロの握りが目の前に!

    実は3月から夜営業も始めたそうで、コース仕立てで最後の締めに「まぐろの握り」を出しているそう。中トロ、大トロの握りが目の前に!

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店舗は三宮の北側で、いわゆる“北野”と呼ばれる地域。異人館なども近くて、おしゃれな住宅も多く、洒落た雰囲気が漂います。

    店舗は三宮の北側で、いわゆる“北野”と呼ばれる地域。異人館なども近くて、おしゃれな住宅も多く、洒落た雰囲気が漂います。

  • 昨年、テラスも作られ、テイクアウトはもちろんのこと、イートインもできるようになりました。

    昨年、テラスも作られ、テイクアウトはもちろんのこと、イートインもできるようになりました。

  • 米粉を用いたパン。西川さんは米粉パンの料理本も出版なさっているほどなので、もちろん人気です。

    米粉を用いたパン。西川さんは米粉パンの料理本も出版なさっているほどなので、もちろん人気です。

  • ハードタイプ。天然酵母のバケットカンパーニュやくるみとレーズンのペイザンヌなど、クラストのしっかりとした食感もいいですね。

    ハードタイプ。天然酵母のバケットカンパーニュやくるみとレーズンのペイザンヌなど、クラストのしっかりとした食感もいいですね。

  • 甘いタイプのパンも。ソフトクランベリー、ミカンジャムパン、メロンパンなど。「?」マークを模した、カフェクエスチョンまで!

    甘いタイプのパンも。ソフトクランベリー、ミカンジャムパン、メロンパンなど。「?」マークを模した、カフェクエスチョンまで!

100種類以上のパンそれぞれに思い入れが

神戸にはパンやスイーツを扱う店舗が、とても多いです。特にパンは文明開化とともに移住した外国人居留地とも密接に結びつき、神戸にとっても歴史の古い料理。明治2年には居留地に外国人向けのベーカリーがオープンしています。そんな神戸にあって、今、新進気鋭のベーカリーとして大評判なのが、『サ マーシュ』。オーナーシェフブーランジェ(パン職人)の西川功晃さんは、京都生まれ。広島の『アンデルセン』や東京の『オーボン・ビュータン』、東京と芦屋の『ビゴの店』を経て、『コムシノワ』グループ代表の荘司索氏とともに『ブランジェリー コムシノワ』を立ち上げ、そして2010年に独立したそう。店内には、まさにずらりとパンが並んでいます。100種類どころじゃないそう。定番のアイテムもありますが、創作系も多いです。

店舗情報

サ マーシュ

  • 住所兵庫県神戸市中央区山本通3-1-3
  • 電話078-763-1111
  • 営業8:00〜19:00
  • 定休日火曜、水曜
  • 料金米粉ブレッド300円+税、米粉バケット280円+税、柴漬け160円+税、バケットカンパーニュ320円+税、くるみとレーズンのペイザンヌ210円+税、ソフトクランベリー260円+税、ミカンジャムパン200円+税、メロンパン180円+税、カフェクエスチョン200円+税
この店舗のマップを見る
神戸最古のイタリア料理店を楽しむ

三ノ宮の北側、加納町の交差点をさらに新神戸駅方面へと歩けば、左側に神戸製菓専門学校が見えてきます。その地下1Fに『ドンナロイヤ』はあります。創業は1952年。もともと指物大工だったイタリア人のジュセッペ・ドンナロイヤ氏は、戦後に米軍キャンプで働き、その後、イタリア料理店を居留地で始めたそう。当時は、外国人を中心とした社交場的なレストランとして人気を博し、次第に日本人に受け入れられていったのだとか。もちろん神戸で最古のイタリア料理店。現在は2代目の渡邊元則さんと奥様、息子さん、そしてスタッフの皆さんで切り盛りなさっています。「先代が64歳で急逝したんです。それで私が継ぐことになって」と渡邊さん。渡邊さんはサービス係として『ドンナロイヤ』に入ったので、急に料理を作ることになったけれど、難しかったそう。「サラダの作り方とか見ていたけれど、実際にやったらできなかったね」その後、お客さんに支えられて、今日の繁栄に繋がりました。

店舗情報

ドンナロイヤ

  • 住所兵庫県神戸市中央区加納町2-5-1 神戸滋慶ビル地階
  • 電話078-261-9291
  • 営業11:30〜14:00(L.O.)、17:00〜21:00(L.O.)
  • 定休日火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
  • 料金タコのボイル・ドレッシングソース1,600円+サービス料+税、自家製フェットチーネ1,600円+サービス料+税、仔牛カツレツ パルミジャーナ3,800円+サービス料+税
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 震災後はこちらへ移転し、再開。シャンデリアの輝く店内は、正統派のイタリア料理を味わうにふさわしき空間です。

    震災後はこちらへ移転し、再開。シャンデリアの輝く店内は、正統派のイタリア料理を味わうにふさわしき空間です。

  • 2代目の渡邊元則さんは関西大学の出身で、学生の頃はアルバイトでテレビ局でもアシスタントディレクターをなさっていたとか。

    2代目の渡邊元則さんは関西大学の出身で、学生の頃はアルバイトでテレビ局でもアシスタントディレクターをなさっていたとか。

  • 『ドンナロイヤ』の名物料理を3品いただきました。まずは、「タコのボイル・ドレッシングソース」。

    『ドンナロイヤ』の名物料理を3品いただきました。まずは、「タコのボイル・ドレッシングソース」。

  • 「自家製フェットチーネ」。ボイルしたフェットチーネをパルメザン、バター、クリームで仕上げたパスタ。

    「自家製フェットチーネ」。ボイルしたフェットチーネをパルメザン、バター、クリームで仕上げたパスタ。

  • 「仔牛カツレツ パルミジャーナ」。少量のオリーブオイルで浅くフライ状にしているカツレツは、思いのほか爽やかな味わい。

    「仔牛カツレツ パルミジャーナ」。少量のオリーブオイルで浅くフライ状にしているカツレツは、思いのほか爽やかな味わい。

ページのトップへ

神戸2泊3日グルメの旅、いよいよ最終日です。

分厚さも嬉しい昭和14年創業のとんかつ店

おはようございます。神戸グルメ2泊3日の旅も3日目、いよいよ最終日です。今日は、とんかつからスタート!とんかつといっても、巷のそれとは訳が違います。なんせ、創業1939年(昭和14年)。震災後は、JR元町駅の南側のニューもとビル2Fへと移転し、営業を続けています。こちらでは、「とんかつ」と「えびカツ」が2大看板ですが、両方は食べきれないので、今回はとんかつをオーダー。肉の種類にこだわらず、職人が実際に自分の舌と目で確かめて自信の持てる肉だけを調理して提供し、肉の色合い、透明度、サシの入り具合、味を吟味して一つずつ手で成形。肉も独自の目で選別しているそう。創業当初は、ロースが主流でしたが、多くの外国のお客さまがヘレを希望されたので、ヘレが当店の主流に変わったみたい。でも、今回はロースカツ定食をいただくことに!

店舗情報

とんかつ 武蔵 元町本店

  • 住所兵庫県神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル2F
  • 電話078-321-0634
  • 営業 11:00〜20:00(19:30L.O.)、土日祝11:00〜20:30(20:00L.O.)
  • 定休日水曜日(第5水曜日は営業)
  • 料金ロースカツ定食1,970円
    注:神戸のとんかつ武蔵は、こちらのみです。
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内はカウンターとテーブル席。奥には障子で仕切られた個室もあります。

    店内はカウンターとテーブル席。奥には障子で仕切られた個室もあります。

  • 職人が実際に自分の舌と目で確かめて、自信の持てる肉だけを調理して提供。肉も独自の目で選別しているそう。

    職人が実際に自分の舌と目で確かめて、自信の持てる肉だけを調理して提供。肉も独自の目で選別しているそう。

  • 分厚いですね!噛む程に味が染み出し、口中に肉のうま味が広がります。揚げるのはラード。豚肉との相性も良く、油切れも良いです。

    分厚いですね!噛む程に味が染み出し、口中に肉のうま味が広がります。揚げるのはラード。豚肉との相性も良く、油切れも良いです。

  • キャベツも甘みと旨みがよく感じられるよう、そして、食べやすいようにと四角くカットされています。良い箸休めになりそう。

    キャベツも甘みと旨みがよく感じられるよう、そして、食べやすいようにと四角くカットされています。良い箸休めになりそう。

  • 赤だしも特別にブレンドしてもらった八丁味噌などを使用。

    赤だしも特別にブレンドしてもらった八丁味噌などを使用。

グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内はまさにイタリアのナポリの明るい雰囲気。

    店内はまさにイタリアのナポリの明るい雰囲気。

  • マスターの小崎哲也さんは、広島の有名店で修業を積んで独立したそう。

    マスターの小崎哲也さんは、広島の有名店で修業を積んで独立したそう。

  • 独自にブレンドした小麦粉・水・塩・酵母の4つのみで構成される生地は、麺棒などを用いずに、手で伸ばしていきます。

    独自にブレンドした小麦粉・水・塩・酵母の4つのみで構成される生地は、麺棒などを用いずに、手で伸ばしていきます。

  • 「マルゲリータ フィオール・ディ・ラッテ・バジル」。カゼルタという町から空輸した乳牛のチーズの載ったマルゲリータです。

    「マルゲリータ フィオール・ディ・ラッテ・バジル」。カゼルタという町から空輸した乳牛のチーズの載ったマルゲリータです。

  • パスタも作っていただきました。「スズキのパッサティーナと春キャベツのリングイネ」。スズキの風味が広がります。

    パスタも作っていただきました。「スズキのパッサティーナと春キャベツのリングイネ」。スズキの風味が広がります。

神戸一のナポリピッツァ協会認定のピッツェリア

僕の知り合いで、ナポリピッツァにとても造形の深い方がいます。おそらく、日本一詳しい。そんな彼が「神戸一」「日本有数」のナポリピッツァを出す店と太鼓判を押すのが、『アズーリ』。こちらは、世界で294番目に真のナポリピッツァ協会から認定を受けた神戸で最初の協会認定店。店内を見渡して「この形は!」と驚いたのが、窯です。そう、本場ナポリから直輸入された本物です。ナポリの多くのピッツァ職人に支持されているジャンニ・アクント社の薪窯を輸入して使用。耐熱レンガやソレント近郊の砂、トラパニの塩などで形成されるこの窯は、保温性にすぐれ短時間でピッツァを独特の食感に焼き上げる為に最適なのです。

店舗情報

ピッツェリア アズーリ

  • 住所兵庫県神戸市中央区山本通3-7-3 ユートピアトーア1F
  • 電話078-241-6036
  • 営業12:00〜15:00(14:30L.O.)、17:30〜22:00(21:30L.O.)
  • 定休日木曜日、水曜不定休
  • 料金マルゲリータ フィオール・ディ・ラッテ・バジル1,570円、スズキのパッサティーナと春キャベツのリングイネ1,730円(季節限定品)
この店舗のマップを見る
最後の料理は、南京町でお粥と上海炒麺

神戸2泊3日グルメ旅もいよいよラストとなってしまいました。そして向かった先は、南京町。いわゆる中華街的なところで、中国料理店が連なっている地。相変わらず、街は盛り上がっています。そんな南京町の東側、長安門を入ってすぐのところにあるのが『楽園酒家』。中国人の張寅喜さんをはじめとした家族経営のアットホームさも魅力。広東料理がベースになっています。

店舗情報

楽園酒家

  • 住所兵庫県神戸市中央区元町通1-1-4
  • 電話078-332-3838
  • 営業11:30〜14:30、17:00〜20:00(L.O.)
  • 定休日水曜日
  • 料金魚生粥(さかなのお粥)830円、上海炒麺980円
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 南京町の東側、長安門を入ってすぐのところにあるのが『楽園酒家』。

    南京町の東側、長安門を入ってすぐのところにあるのが『楽園酒家』。

  • 中国人の張寅喜さんをはじめとした家族経営のアットホームさも魅力。

    中国人の張寅喜さんをはじめとした家族経営のアットホームさも魅力。

  • 一番人気は、お粥。今回いただいたのは魚生粥。いわゆる、魚のお粥で、アツアツな中に魚のお造り(お刺身)が入ります。

    一番人気は、お粥。今回いただいたのは魚生粥。いわゆる、魚のお粥で、アツアツな中に魚のお造り(お刺身)が入ります。

  • 香菜やポッツォイと呼ばれるワンタンの皮の揚げたものと一緒に味わいます。美味しいですね。さっぱりとした塩味テイストもGOOD。

    香菜やポッツォイと呼ばれるワンタンの皮の揚げたものと一緒に味わいます。美味しいですね。さっぱりとした塩味テイストもGOOD。

  • 上海炒麺。オイスターソースがほんのり香る一品。全体的に柔らかくて、食べやすいのも魅力ですね。

    上海炒麺。オイスターソースがほんのり香る一品。全体的に柔らかくて、食べやすいのも魅力ですね。

ページのトップへ

いかがでしたでしょうか?神戸グルメ2泊3日の旅。文明開化で国際貿易港となり、外国人居留地が作られた神戸ゆえ、様々な外国料理も堪能できますね。さて、今回も番外編。

1975年に誕生したデンマークチーズケーキ

さて、今回も番外編です。『観音屋』をご存じでしょうか?創業は1975年。ヨーロッパアンティーク調の店内に観音様が鎮座する、美味しいチーズケーキとチーズ料理の店舗。B1Fは喫茶になっていて、デンマークチーズケーキが味わえます。きめ細かくやわらかいふわふわのスポンジにケーキに、デンマーク直輸入、最古のレシピを使った純粋な生チーズをブレンド。とろりとしたチーズのコクとスポンジの甘みが融合しています。

店舗情報

観音屋 元町本店

  • 住所兵庫県神戸市中央区元町通3-9-23
  • 電話078-391-1710
  • 営業11:00〜22:00
  • 定休日年中無休
  • 料金デンマークチーズケーキ350円+税
この店舗のマップを見る
グルメレポート
  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

    ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 創業は1975年。ヨーロッパアンティーク調の店内に観音様が鎮座する、美味しいチーズケーキとチーズ料理の店舗。

    創業は1975年。ヨーロッパアンティーク調の店内に観音様が鎮座する、美味しいチーズケーキとチーズ料理の店舗。

  • イチオシはデンマークチーズケーキ。1Fではテイクアウトができます。

    イチオシはデンマークチーズケーキ。1Fではテイクアウトができます。

  • こちらは4個入りのタイプ。赤い箱も可愛らしいですね。デンマークの国旗があしらわれています。1個からも購入可能。

    こちらは4個入りのタイプ。赤い箱も可愛らしいですね。デンマークの国旗があしらわれています。1個からも購入可能。

  • B1Fは喫茶になっていて、デンマークチーズケーキが味わえます。

    B1Fは喫茶になっていて、デンマークチーズケーキが味わえます。

  • きめ細かくやわらかいスポンジにケーキに、デンマーク直輸入、最古のレシピを使った純粋な生チーズをブレンド。

    きめ細かくやわらかいスポンジにケーキに、デンマーク直輸入、最古のレシピを使った純粋な生チーズをブレンド。

ご注意:店舗の営業時間等は、はんつ遠藤さんのブログ内容に基づいて記載しております。

ページのトップへ

プランマップ

2015年3月23日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ご当地グルメの旅一覧

第48回 岩手編

岩手ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は岩手県へ行ってきました!

第47回 長崎編

長崎ご当地グルメ2泊3日の旅

今回は長崎県へ行ってきました!

第46回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第45回 札幌・小樽編
札幌・小樽ご当地グルメ2泊3日の旅
第44回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第43回 箱根編
箱根ご当地グルメ2泊3日の旅
第42回 熊本編
熊本ご当地グルメ2泊3日の旅
第41回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 南あわじ市編
南あわじ市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 知床編
知床ご当地グルメ2泊3日の旅
第40回 奄美大島編
奄美大島ご当地グルメ2泊3日の旅
第39回 佐世保編
佐世保ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 網走編
網走ご当地グルメ2泊3日の旅
第38回 大阪編
大阪ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 種子島編
種子島ご当地グルメ2泊3日の旅
第37回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
特別編 徳島編
徳島ご当地グルメ2泊3日の旅
第36回 南紀白浜編
南紀白浜ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第35回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第34回 富良野・美瑛編
富良野・美瑛ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第33回 福岡市編
福岡ご当地グルメ2泊3日の旅
第32回 山口宇部編
山口宇部ご当地グルメ2泊3日の旅
第31回 和歌山編
和歌山ご当地グルメ2泊3日の旅
第30回 神戸編
神戸ご当地グルメ2泊3日の旅
第29回 宮古島編
宮古島ご当地グルメ2泊3日の旅
第28回 金沢編
金沢ご当地グルメ2泊3日の旅
第27回 東京編
東京ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 鹿児島編
鹿児島ご当地グルメ2泊3日の旅
第26回 札幌編
札幌ご当地グルメ2泊3日の旅
第25回 仙台編
仙台ご当地グルメ2泊3日の旅
第24回 北九州市編
北九州市ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 みなみ北海道編
みなみ北海道ご当地グルメ2泊3日の旅
第23回 京都編
京都ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 長崎編
長崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第22回 青森編
青森ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 高松編
高松ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 釧路編
釧路ご当地グルメ2泊3日の旅
第21回 沖縄編
沖縄ご当地グルメ2泊3日の旅
第20回 高知編
高知ご当地グルメ2泊3日の旅
第19回 広島編
広島ご当地グルメ2泊3日の旅
第18回 横浜編
横浜ご当地グルメ2泊3日の旅
第17回 松山編
松山ご当地グルメ2泊3日の旅
第16回 宮崎編
宮崎ご当地グルメ2泊3日の旅
第15回 山形編
山形ご当地グルメ2泊3日の旅
第14回 八重山編
石垣島ご当地グルメ2泊3日の旅
特別版 小松編
小松ご当地グルメ2泊3日の旅
第13回 愛知編
名古屋ご当地グルメ2泊3日の旅
第12回 大分編
大分ご当地グルメ2泊3日の旅
第11回 帯広編
帯広ご当地グルメ2泊3日の旅
第10回 岡山編
岡山ご当地グルメ2泊3日の旅
第9回 秋田編
秋田ご当地グルメ2泊3日の旅
第8回 北海道・函館編
函館ご当地グルメ2泊3日の旅
第7回 島根 出雲・松江編
島根ご当地グルメ2泊3日の旅

ページのトップへ

航空券や、ツアーの予約はこちらから!

早く買うほどトクになる! 本日は、以下ご搭乗分の予約受付中です

75日前までの予約なら ウルトラ先得
月日〜月日
販売は終了しました
55日前までの予約なら スーパー先得
月日〜月日
販売は終了しました
45日前までの予約なら 先得割引タイプB
月日〜月日
販売は終了しました
28日前までの予約なら 先得割引タイプA
月日〜月日
販売は終了しました
旅程

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

  • ホテルを予約
  • レンタカーを予約
  • レストランを予約
  • 旅パーツを予約

JALダイナミックパッケージ 航空券と宿泊を自由に組み合わせて、オリジナルの旅を作れるあたらしいツアー 最大13泊14日まで予約可能!7日前までがおトク!

スマートフォンサイトはこちら

パッケージツアー

お申込はご出発前日から起算して7日前(21時29分)まで

行き先と日付から探す
出発日 カレンダー
出発地
到着地
 
 
本日のアクセスランキング

出発地

他にも、○○○○を巡るツアーを多数ご用意しております!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

ページのトップへ