岡山 1 1 1 1

岡山

車で巡る 山城と紅葉の晴れらんまん秋旅 2泊3日
晴れらんまん 秋を体感する旅

自然と歴史が織りなす絶景、備中松山城。西日本一の名瀑、神庭の滝。全長360mの廻廊ともみじの対比が鮮やかな、吉備津神社など。秋の澄んだ空気に映える絶景を巡る、歴史と紅葉の旅に「いざ、出陣!」

1

旅先からもスマートフォンでチェックできます

このモデルプランのURLをメールする ※お使いのメールソフトが起動します

1日目

1
10:00
備中松山城(所要時間約2時間)

天守が現存する山城としては日本一標高の高い場所にある「備中松山城」。秋には大手門付近の木々が紅葉し、景色が朱色に染まる圧巻のパノラマを楽しめる。また例年、秋から冬にかけての時期には、雲海が現れる日も多数。大松山展望台から眺める備中松山城はまさに「天空の山城」の名にふさわしい荘厳さだ。

備中松山城

住所岡山県高梁市内山下1
アクセス岡山自動車道賀陽ICより車で約30分、下車徒歩約20分
このプランのマップを見る

車で約50分

2
12:50
吹屋ふるさと村(所要時間約1時間)

赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みを楽しめる「吹屋ふるさと村」。吹屋の特異な点は、個々の屋敷が豪華さを纏うのではなく、旦那衆が相談の上で石州(今の島根県)から宮大工の棟梁たちを招いて、町全体が統一されたコンセプトの下に建てられたこと。当時としては驚くべき先進的な思想をベースに築かれた、美しい町並みをゆっくりと見学しよう。

吹屋ふるさと村

住所岡山県高梁市成羽町吹屋
アクセス岡山自動車道賀陽ICより車で約50分
このプランのマップを見る

車で約50分

3
14:40
満奇洞(所要時間約1時間)

歌人の与謝野晶子が訪れた際に「奇に満ちた洞」と詠んだことから、「満奇洞」の名で知られる。全長約450mの洞内には、水が何億年もかけて刻んだカーテンやつらら石、洞穴サンゴなど、見事な造形が点在。さらに奥には、地底湖も広がっている。ライトアップによる幻想的な雰囲気も魅力。「八つ墓村」のロケ地としても有名だ。

満奇洞

住所岡山県新見市豊永赤馬2276-2
アクセス中国自動車道北房ICより車で約20分
このプランのマップを見る

宿にチェックイン

ページのトップへ

2日目

4
11:00
勝山町並み保存地区(所要時間約1時間30分)

「勝山町並み保存地区」の見どころは、江戸時代の武士の生活を偲ぶことができる武家屋敷館や、城主三浦家に関する資料が展示されている勝山郷土資料館など。江戸時代から書家に親しまれている名産の高田硯の店や、地酒の醸造元もぜひ見学しておきたい。保存地区内の家々の軒先には、色とりどりの草木染めの「のれん」が掛かり、訪れる人々を迎え入れている。

勝山町並み保存地区

アクセス中国自動車道落合ICより車で約20分
このプランのマップを見る

車で約10分

5
12:40
神庭(かんば)の滝(所要時間約1時間)

「神庭(かんば)の滝」は、日本百景と日本の滝百選に選ばれている西日本一の名瀑。高さ110m、幅20mの断崖絶壁を落下する滝は圧巻の景色だ。滝の中央には黒い岩が突起し、落下する水しぶきに逆らってのぼる鯉に似ていることから「鯉岩」と呼ばれている。

神庭(かんば)の滝

住所岡山県真庭市神庭
アクセス中国自動車道落合ICより車で約30分
このプランのマップを見る

車で約30分

6
14:10
湯原温泉 砂湯(所要時間約1時間30分)

湯原ダムの足元で湧く温泉を岩で囲い、24時間入れる巨大な無料露天風呂として開放する「湯原温泉 砂湯」。正真正銘、足下噴出による源泉露天風呂で、川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから、砂噴き湯(砂湯)の名称で親しまれている。男女混浴、水着の着用NG、簡易の脱衣所あり。

湯原温泉 砂湯

住所岡山県真庭市湯原温泉9-3
アクセス米子自動車道湯原ICより車で約5分
このプランのマップを見る

宿にチェックイン

ページのトップへ

3日目

7
10:00
岡山後楽園(所要時間約2時間)

石川県金沢市の「兼六園」や茨城県水戸市の「偕楽園」とともに、日本三名園の一つに数えられる「岡山後楽園」。ここは、約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園だ。広い芝生地や、池、築山、亭舎が園路や水路で結ばれ、歩きながら移り変わる景色を眺めることができるよう工夫された庭園は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星に認定されている。毎年、夏と秋に開催される夜間特別開園「幻想庭園」にも注目したい。

岡山後楽園

住所岡山県岡山市北区後楽園1-5
アクセス山陽自動車道岡山ICより車で約20分
このプランのマップを見る

車で約30分

8
12:30
吉備津神社(所要時間約1時間)

「吉備津神社」は、360mの廻廊が見事な桃太郎ゆかりの神社。吉備津彦命が矢を置いたとされる矢置石や、温羅(うら:鬼)の首が埋められたと伝わる御釜殿など、吉備津彦命と温羅にまつわる伝説が残っている。

吉備津神社

住所岡山県岡山市北区吉備津931
アクセス山陽自動車道岡山ICより車で約15分
このプランのマップを見る

車で約30分

9
14:00
宝福寺(所要時間約1時間)

臨済宗東福寺派の寺院で、画聖雪舟ゆかりの禅寺として知られる「宝福寺」。境内には山門、仏殿、三重塔をはじめ、経蔵、庫裡、方丈、書院、禅堂、鐘楼堂、開山堂などが配置され、禅宗様式の重厚な空間が広がっている。寺内では座禅体験(要予約)も可能。

宝福寺

住所岡山県総社市井尻野1968
アクセス岡山自動車道岡山総社ICより車で約15分
このプランのマップを見る

立ち寄りスポット

体験する

ラ・フォーレ吹屋

「ラ・フォーレ吹屋」は、明治時代の雰囲気を残し、ベンガラに彩られた美しい町にある宿。外観は、2012年3月に惜しまれながら閉校となった明治33年建造木造校舎「吹屋小学校」を模しており、食事やベンガラ染め体験ができる。

ラ・フォーレ吹屋

住所岡山県高梁市成羽町吹屋611
Tel.0866-29-2000
アクセス中国自動車道新見ICより車で約40分
食べる

JAあしん広場

「JAあしん広場」は、農産物直売所、生産資材店舗、焼肉レストランを一か所に集めた複合施設。和牛のルーツである「千屋牛」発祥の地で、極上の味わいを提供する「焼肉レストラン千屋牛」がおすすめだ。

JAあしん広場

住所岡山県新見市正田397-2
Tel.0867-72-7705(代表)、Tel.0867-72-6605(焼肉レストラン千屋牛)
営業時間8:30〜18:00(焼肉レストラン千屋牛は11:00〜21:00L.O.)
休日火曜日(祝日、GW、お彼岸、お盆は営業)
料金おすすめメニュー「千屋牛三昧」(2〜3人前):4,700円(税込)
アクセス中国自動車道新見ICより車で約10分
買う

ひるぜんジャージーランド

上蒜山のふもとにある「ひるぜんジャージーランド」では、蒜山三座の雄大な姿と、放牧中のジャージー牛がのんびりと草を食む様子が眺められる。さっぱりとしたコクのあるジャージー牛乳を原料とするジャージーヨーグルトや、ソフトクリーム、チーズなど、人気メニューもたくさん!

ひるぜんジャージーランド

住所岡山県真庭市蒜山中福田956-222
Tel.0867-66-7011
営業時間9:00〜17:00(1月〜2月は10:00〜16:00)
休日なし(1月〜2月は元旦、水曜日)
アクセス米子自動車道蒜山ICより車で約10分
食べる

フルーツパフェの街 おかやま

“晴れの国”岡山は、桃やマスカットなどで有名なフルーツ王国。岡山県産の絶品フルーツを、パフェにトッピングすれば美味しさは倍増! おかやまに来て見て食べられ〜。

フルーツパフェの街 おかやま

 Tel.086-232-2266(「フルーツパフェの街 おかやま」実行委員会)
アクセス岡山駅周辺を中心に岡山市内38店舗で提供
http://okayama-cci.or.jp/activation/fruitparfait.html
体験する

農マル園芸「吉備路農園」

「農マル園芸『吉備路農園』」は、いちご狩りなどの果物狩りが楽しめる西日本最大級の観光農園。果物、野菜や花の直売所もあり、キッチン・カフェでは、岡山の旬の食材を使った弁当、惣菜、各種スイーツを提供。石窯ピザ体験工房もおすすめだ。

農マル園芸「吉備路農園」

住所岡山県総社市西郡411-1
Tel.0866-94-6755
営業時間9:00〜18:00(1月〜2月は〜17:00)
休日元旦
料金入園料無料 いちご狩り、ブルーベリー狩りは季節により変動
アクセス岡山自動車道岡山総社ICより車で約10分

2015年9月28日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ページのトップへ

旅ライター おすすめコメント

歴史を感じる「勝山町並み保存地区」、絶景を楽しむ「備中松山城」「神庭の滝」など、岡山の歴史と自然を満喫するドライブコースをお楽しみください。

吉原徹

ヒストリックスポット★★★★
カルチャー★★★★★
マーベラスビュー★★★★★
リラックス★★★★
グルメ&ショッピング★★★★

モデルプランマップ

コメントを書く・みんなのコメントを読む