鹿児島 離島 1 1 1 1

九州

屋久島&種子島の絶景へ
鹿児島 離島2泊3日アイランドホッピング

海、山、温泉、文化……など。多彩な旅の魅力が待つ鹿児島。なかでも、青い海に浮かぶ離島の数々は、鹿児島旅行の醍醐味のひとつ。2泊3日で屋久島と種子島をめぐる、よくばりアイランドトリップをご紹介!

1

旅先からもスマートフォンでチェックできます

このモデルプランのURLをメールする ※お使いのメールソフトが起動します

1日目

1
11:00
ヤクスギランド(所要時間約1時間)

鹿児島の離島をめぐる2泊3日のアイランドトリップ。最初に訪れたいのは、世界遺産にも指定される憧れの島・屋久島だ。島の中央部、標高1,000m〜1,300mの荒川地区に広がる「ヤクスギランド」は、樹齢1,000年を超える屋久杉が数多く点在する自然休養林。推定樹齢約1,800年の仏陀杉をはじめ、母子杉、小田杉など、美しい巨木たちに出合える場所なのだ。「ヤクスギランド」には、所要時間約30分の散策路から所要時間約2時間30分の登山道まで、さまざまなルートがあるので、それぞれの体力や時間に合わせてチョイスしよう。

ヤクスギランド

住所鹿児島県屋久島町安房太忠嶽国有林内
Tel.0997-42-3508(屋久島レクリエーションの森保護管理協議会)
営業時間8:30〜16:30(園内には30分、50分、1時間20分、2時間30分の4コースがある)
休日なし(冬期は雪による通行止めあり)
料金森林環境整備推進協力金300円
アクセス屋久島空港より車で約50分
このプランのマップを見る

車で約1時間30分

2
13:30
屋久島フルーツガーデン(所要時間約1時間)

「ヤクスギランド」で軽く汗を流した後は、南国フルーツでエネルギーチャージ!尾之間地区の西、約7kmに位置する「屋久島フルーツガーデン」では、広大な園内を利用して約1,600種類ものフルーツや熱帯植物を栽培している。園内には南国ムード漂う散策路が整備されているほか、休憩所の「果実庵」では、季節のフルーツやジャムの試食を楽しめる。トロピカルフルーツを使ったフレッシュジュースなども味わえるので、気軽に立ち寄ってみよう。

屋久島フルーツガーデン

住所鹿児島県熊毛郡屋久島町中間629-16
Tel.0997-48-2468
営業時間8:00〜17:00
休日なし
料金入園料大人500円、小人250円
アクセス屋久島空港より車で約1時間
このプランのマップを見る

車で約25分

3
14:55
大川の滝(所要時間約1時間)

険峻な山々が連なり、年間を通じて降雨量の多い屋久島には見応えのある滝が点在。なかでも、落差約88mの「大川の滝」は、最大規模のスケールを誇り、日本の滝百選にも選ばれている。鬱蒼と茂る緑に木々のなか、ごうごうと流れる水の流れは圧巻!滝つぼの手前まで歩いて行くことができるので、その迫力を間近に体験してみよう。

大川の滝

住所鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生
Tel.0997-49-4010 (屋久島観光協会)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学自由
アクセス屋久島空港より車で約1時間10分
このプランのマップを見る

車で約40分

4
16:35
平内海中温泉(所要時間約1時間)

憧れの屋久島トリップ初日。1日の締めくくりに訪れたいのが、島の南部の平内海岸にある「平内海中温泉」だ。その名の通り、海の中から湧き出す温泉を利用した混浴露天風呂は、そのワイルドなロケーションが魅力。波打ち際を目の前に望む湯浴みのひとときは、屋久島の大自然を全身で感じさせてくれるはず。「平内海中温泉」は、満潮時には海の中に沈んでしまうため、干潮の前後約2時間のみ入浴可能。干潮時刻を事前にチェックして訪れよう。※水着・下着着用での入浴は不可。脱衣所なし。

平内海中温泉

住所鹿児島県熊毛郡屋久島町平内
Tel.0997-49-4010 (屋久島観光協会)
営業時間干潮時刻の前後約2時間のみ
休日なし
料金寸志100円程度
アクセス屋久島空港より車で約45分
このプランのマップを見る

宿にチェックイン

ページのトップへ

2日目

5
5:00
縄文杉トレッキング(所要時間約10時間)

2日目はいよいよ屋久島旅のハイライト! 憧れの縄文杉を目指す往復約10時間のトレッキングにチャレンジしよう。荒川登山口からトロッコ道や登山道を歩くこと片道4時間30分〜5時間30分ほど。登山の末に辿り着く縄文杉は、樹高25.3m、胸高周囲約16.4mの堂々たる存在感。推定樹齢2,600年〜7,200年とも称されるその偉容は、神々しいほどの美しさに満ちている。登山道には、推定樹齢3,000年と言われる屋久島最大の切り株「ウィルソン株」など、さまざまな見どころ点在。ガイドなしでも歩いて行くことができるが、屋久島の自然環境についてより深く学ぶなら、エコツアーなどを利用するのもおすすめだ。

縄文杉トレッキング

住所鹿児島県熊毛郡屋久島町
Tel.0997-49-4010 (屋久島観光協会)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学自由
アクセス屋久島空港より約20分の屋久杉自然館で、荒川登山バスに乗り換え約40分。荒川登山口より徒歩約5時間
このプランのマップを見る

宿にチェックイン

ページのトップへ

3日目

午前中の船で種子島へ

6
11:00
イースト・コースト(所要時間約1時間30分)

3日目の朝は屋久島から高速船で種子島へ。島に着いたら最初に立ち寄りたいのが、東部の海岸線に店を構えるレストラン&カフェ「イースト・コースト」だ。鉄浜海岸を一望するお洒落な店内では、「カネハマカレー」や「EASTCOASTオムライス」など、ボリュームたっぷりのメニューを味わえるほか、デザートやドリンク類も充実。種子島トリップの腹ごしらえにもってこいだ。ちなみに目の前の鉄浜海岸は、国内屈指のサーフスポットとして有名。同店ではサーフボードのレンタルも行っているので、サーフィン好きはぜひチャレンジを。

イースト・コースト

住所鹿児島県西之表市安城140-2
Tel.0997-25-0763
営業時間11:00〜18:00
休日火曜
料金カネハマカレー750円、EASTCOASTオムライス700円
アクセス種子島空港より車で約50分
このプランのマップを見る

車で約1時間15分

7
13:45
坂井の大ソテツ(所要時間約30分)

続いては、種子島の東海岸を南下し、「坂井の大ソテツ」を見学に行こう。坂井神社の境内にそびえ立つ高さ10m、周囲2mのソテツは推定樹齢700年以上ともいわれている。“日本一のソテツ”とも称されるその姿は迫力満点だ。また「坂井の大ソテツ」の近くには、種子島を代表する民家建築として国の重要文化財にも指定される「古市家住宅」などの歴史的名所もあるので、足をのばしてみるのもおすすめ。

坂井の大ソテツ

住所鹿児島県熊毛郡中種子町坂井本村
Tel.0997-27-1111 (中種子町企画課)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学無料
アクセス種子島空港より車で約30分
このプランのマップを見る

車で約10分

8
14:25
種子島マングローブパーク(所要時間約1時間)

種子島の大浦川周辺は、日本最北限のマングローブ自生地。その貴重な生態系を観察するなら「種子島マングローブパーク」を訪れてみてはいかが? 2015年3月20日にフルオープンした同施設には、マングローブ林をゆっくり散策できるボードウォークや展望デッキなどが整備されている。マングローブの緑と青い空、大浦川の豊かな流れが織りなす自然の景観を楽しめるはずだ。また、大浦川をカヤックでめぐる体験ツアーなども実施されているので、時間に余裕があればぜひチャレンジを。

種子島マングローブパーク

住所鹿児島県熊毛郡南種子町平山
Tel.0997-26-1111(南種子町観光課)
※カヤックツアー体験は0997-26-1595(T・N・Aツアーズ)、0997-26-7155(BLUE PEACE)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学無料
アクセス種子島空港より車で約40分
このプランのマップを見る

車で約20分

9
15:45
JAXA種子島宇宙センター(所要時間約1時間25分)

種子島を代表する観光名所といえば、なんといってもこちら!「JAXA種子島宇宙センター」は、 総面積約970万平方メートルを誇る日本最大のロケット発射場。館内には「宇宙科学技術館」が併設されており、人工衛星や国際宇宙ステーションの開発、惑星探査などの宇宙開発についての展示・解説が行われている。特に、日本の主力大型ロケット「H-UAロケット」の打ち上げの様子を映像や音響で再現する「ロケット打ち上げシアター」は圧巻の迫力。また、宇宙にまつわるグッズを展示・販売するミュージアムショップも、おみやげ探しにおすすめのスポットだ。また、センター内の各種施設を見学できる無料のバスツアー(所要時間約1時間15分。原則事前予約)も行われているので、こちらも要チェック!

JAXA種子島宇宙センター

住所鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永宇麻津
Tel.0997-26-9244
営業時間9:30〜17:00(7〜8月は9:30〜17:30)
休日月曜(祝日の場合は翌日休み)、8月は原則無休、年末年始(12月29日〜1月1日)※ロケット打ち上げなどで休館の場合あり
料金見学無料
アクセス種子島空港より車で約50分
このプランのマップを見る

車で約45分

10
17:55
長浜海岸(所要時間約1時間)

アイランドホッピング最終日。1日の締めくくりに訪れたいのが、種子島屈指の夕日の名所として知られる「長浜海岸」。種子島の西海岸に位置し、南北約12kmに渡って純白の砂丘が続くこの一帯は、東シナ海の奥に沈む夕日を眺めるベストスポットなのだ。白い砂浜と青い海、そして海に浮かぶ屋久島の姿が夕日に照らされ、少しずつ茜色に染まっていく様子は、息をのむほどロマンティック。2泊3日の島旅に思いを馳せながら、ゆっくりと種子島のサンセットを楽しんで。

長浜海岸

住所鹿児島県熊毛郡中種子町西海岸
Tel.0997-27-1111 (中種子町企画課)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学無料
アクセス種子島空港より車で約15分
このプランのマップを見る

立ち寄りスポット

土盛海岸(奄美大島)

数多くのビーチが点在する奄美大島でも、“ベストビーチ”と称されるのが、空港の近くにある「土盛海岸」。さらさらとした純白の砂浜や、サンゴ礁の海が描き出すブルーのグラデーションは、「これぞ南の島のビーチ!」と言いたくなるほどの美しさ。ビーチをのんびりと散策したり、シュノーケリングを楽しんだり……。季節や旅の気分にあわせて、思い思いの時間を過ごしてみよう。海岸の一部では離岸流が発生するため、気を付けて遊泳を楽しもう。

土盛海岸

住所鹿児島県奄美市笠利町大字宇宿土盛
Tel.0997-63-1111 (奄美市笠利総合支所産業振興課)
営業時間見学自由
休日なし
料金見学無料
アクセス奄美大島空港より車で約7分

黒潮の森 マングローブパーク(奄美大島)

沖縄県の西表島に次いで、日本で2番目の規模のマングローブ原生林が広がる奄美大島。そのワイルドな自然を楽しむなら「黒潮の森 マングローブ パーク」を訪れてみよう。住用川に面して広がる広大な園内には、カヌーの発着所やグラウンドゴルフ場のほか、マングローブ林を見渡す展望台も。約1時間のガイド付きカヌーツアーに参加すれば、豊かに生い茂るマングローブの原生林や、そこで暮らす生き物の営みにふれられるはず。

黒潮の森 マングローブパーク

住所鹿児島県奄美市住用町石原478
Tel.0997-56-3355
営業時間9:30〜18:00(入館は〜17:30)
休日1月1日
料金入園料大人500円、カヌー体験1,500円
アクセス奄美大島空港より車で約1時間10分

百合ヶ浜(与論島)

鹿児島県最南端に位置し、約5,500人の島民が暮らす与論島。島を代表するビーチ「大金久海岸」の沖合およそ1.5kmに位置し、干潮時にだけその姿を見せる「百合ヶ浜」は、その美しさから“幻の砂浜”とも呼ばれる場所だ。どこまでも澄み渡る美しい海と純白のサンドバー(砂州)が織りなす光景は、きっと一生モノの思い出になるはず。「百合ヶ浜」へは「大金久海岸」からグラスボートでアクセス可能。日によって現れる時間や位置が異なるので、事前に情報をチェックしておこう。

百合ヶ浜

住所鹿児島県大島郡与論町
Tel.0997-97-5151(ヨロン島観光協会)
営業時間日により異なる
休日不定休
料金グラスボート往復2,000円
アクセスグラスボート乗り場へは与論空港より車で約20分

2015年9月7日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ページのトップへ

旅ライター おすすめコメント

屋久島や種子島をはじめ、奄美大島や与論島など、多彩な離島が点在する鹿児島の海。これらの島々のほかにも、喜界島や徳之島、沖永良部島など、魅力的な離島が多数あるので、何度でも通ってみたくなりますね!

吉原徹

ヒストリックスポット ★★★★★
カルチャー ★★★★★
マーベラスビュー ★★★★★
リラックス ★★★★★
グルメ&ショッピング ★★★★

モデルプランマップ

鹿児島のツアー情報

コメントを書く・みんなのコメントを読む