鹿児島 北薩 1 1 1 1

九州

武家屋敷からツル渡来地、海絶景まで!
美しき自然と文化をめぐる北薩ドライブ

鹿児島県の北部に位置し、美しいビーチや情緒ある城下町などの見どころが点在する北薩エリア。車窓を流れる大自然を眺めながら、北薩ならではの名所をめぐるドライブプランをご紹介!

1

旅先からもスマートフォンでチェックできます

このモデルプランのURLをメールする ※お使いのメールソフトが起動します

1日目

1
9:00
針尾公園(所要時間約1時間)

北薩エリアの見どころをめぐる1泊2日のドライブ旅。まず訪れたいのは、鹿児島県の最北端に位置し、長島本島や伊唐島、諸浦島などの島々が点在する長島町。町を代表する展望スポットとして人気の「針尾公園」は、四百数十年前には砦が築かれていたという高台に位置。展望台からは、 “薩摩松島”と称される美しいパノラマが広がっている。紺碧の海と緑の島々、青い空が織りなす景観をゆっくりと楽しんで。園内にある「針尾空中展望トイレ」からの眺めも要チェック!

針尾公園

住所鹿児島県出水郡長島町鷹巣3306
Tel.0996-86-1137(長島町水産商工課)
営業時間入園自由
休日入園自由
料金入園自由
アクセス鹿児島空港より車で約2時間15分
このプランのマップを見る

車で約1時間

2
11:00
出水市ツル観察センター(所要時間約1時間)

毎年10月中旬〜3月頃にかけて、1万羽以上ものツルが渡来する出水市荒崎地区。国内屈指のツルの越冬地として知られるこの地区の魅力を体感するなら「出水市ツル観察センター」へ。2階建ての館内には出水平野を一望する展望室があり、ナベヅルやマナヅル、クロヅルなどの美しい舞を間近に見学することができる。また、館内にはツルをテーマにしたパネル展示コーナーや売店などもあるので、ドライブ途中のひと休みに立ち寄るのもおすすめ!

出水市ツル観察センター

住所鹿児島県出水市荘2478-4
Tel.0996-85-5151
営業時間9:00〜17:00
休日11月1日〜3月第4日曜日開館。期間中無休
料金大人210円、小・中学生100円
アクセス鹿児島空港より車で約1時間40分
このプランのマップを見る

車で約25分

3
12:25
ホテルキング スカイラウンジオリビエ(所要時間約1時間)

“薩摩松島”や“出水のツル”など、北薩エリアならではの風景を楽しんだ後は、地元グルメを楽しむランチタイムを。出水市は、鶏肉や鶏卵の生産額が日本第2位の町。「ホテルキング スカイラウンジオリビエ」では、この地元産の鶏肉と鶏卵を使ったご当地グルメ「いずみ親子ステーキごはん」を味わえる。「いずみ親子ステーキごはん」は、鶏肉(親)は焼いて、鶏卵(子)は玉子かけごはんで味わうというユニークな“親子”ご当地グルメ。市内の数店舗で味わえるが、「ホテルキング スカイラウンジオリビエ」の特徴は、厚切りのモモ肉とムネ肉にある。ジューシーでボリューム満点のご当地グルメを楽しもう!

ホテルキング スカイラウンジオリビエ

住所鹿児島県出水市向江町5-18
Tel.0996-62-1511(ホテルキング)
営業時間11:00〜14:00、17:00〜20:30
休日イベントや貸切などによる休業あり。要問い合わせ
料金 「いずみ親子ステーキごはん」1,240円
アクセス鹿児島空港より車で約1時間20分
このプランのマップを見る

車で約5分

4
13:30
出水麓伝統的建造物群保存地区(出水水牛車)(所要時間約1時間)

続いては、出水市の歴史文化を感じられる「出水麓伝統的建造物群保存地区」へ。およそ400年前の武家屋敷が建ち並ぶこの一帯は、県内に100以上が点在する武家屋敷群のなかでも、最大級の規模を誇るエリア。一帯に約150戸もの邸宅などが建ち並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地にも指定されている。「出水麓伝統的建造物群保存地区」には、大河ドラマ『篤姫』のロケ地として有名な「竹添邸」や「税所邸」など見学が可能な邸宅も点在。武家屋敷群の散策、もしくは公開武家屋敷での茶道体験を楽しめる着物の着付体験もおすすめ。着物の着付体験は、着物と帯の持ち帰りが可能で、1名5,500円。(要予約)

出水麓武家屋敷群

住所鹿児島県出水市麓町5-17(竹添邸)
Tel.0996-62-5505(竹添邸)※着物の着付体験は0996-63-2111(出水市観光交流課)
営業時間9:00〜17:00
休日なし
料金見学無料
アクセス鹿児島空港より車で約1時間20分
このプランのマップを見る

車で約35分

5
15:05
道の駅 阿久根(所要時間約1時間)

太陽が西の空に傾いて来た頃には、国道三号線沿いに位置する「道の駅 阿久根」へ。東シナ海に面した抜群のロケーションに位置する道の駅には、阿久根港などで水揚げされた鮮魚や地元産の野菜を販売する物産館や、新鮮な海の幸を使った料理を味わえるレストランなどの施設がある。大海原にゆっくりと沈む夕日を眺められるスポットとしても人気なので、ドライブ途中にぜひ立ち寄りたい。地元産の鮮魚や野菜はお昼過ぎには売り切れることも。おみやげを探すなら、早めの時間帯に訪れるのもおすすめだ。

道の駅 阿久根

住所鹿児島県阿久根市大川4816-6
Tel.0996-74-1400
営業時間9:00〜19:00(10月〜3月は9:00〜18:00、12月31日・1月1日は9:00〜15:00)、レストラン10:30〜17:00(16:45L.O.)
休日なし(レストランは12月31日、1月1日休み)
料金入場無料
アクセス鹿児島空港より車で約1時間30分
このプランのマップを見る

宿にチェックイン

ページのトップへ

2日目

6
10:00
川内戦国村(所要時間約1時間30分)

2日目にまず訪れたいのは、広さ1,000坪もの日本庭園が広がる歴史テーマパーク「川内戦国村」。映画やテレビなどで使用される甲冑の制作などを行う「丸武産業」が運営する同施設では、甲冑造りの工程を見学できる「甲冑工房」や西郷隆盛の直筆の掛け軸や戦国時代の甲冑などが展示される「田ノ上コレクション」をはじめ、「武家屋敷」や「町人長屋」などの見どころが。時代劇の世界へ迷い込んだような新鮮な感覚が魅力!

川内戦国村

住所鹿児島県薩摩川内市湯島町字竹島3535-7
Tel.0996-26-3113
営業時間9:00〜17:00(入館は〜16:30)
休日なし
料金500円
アクセス鹿児島空港より車で約1時間20分
このプランのマップを見る

車で約35分

7
12:05
串木野まぐろラーメン(所要時間約1時間)

ランチタイムに味わいたいのは、いちき串木野市の名物グルメ「串木野まぐろラーメン」。スープやトッピングにマグロを使用するご当地ラーメンは、遠洋まぐろ船保有数日本一として有名な串木野港エリアならではの味わい。串木野周辺の数店舗がそれぞれオリジナルの「串木野まぐろラーメン」を提供しているので、食べ比べてみるのもおすすめ!

串木野まぐろラーメン

住所鹿児島県いちき串木野市
Tel.0996-32-2061(まぐろラーメン共栄会事務局)
営業時間店舗により異なる
休日店舗により異なる
料金店舗により異なる
アクセス鹿児島空港より車で約1時間10分
このプランのマップを見る

車で約10分

8
13:15
長崎鼻公園(所要時間約1時間)

続いては、東シナ海に突きだした名勝・長崎鼻に位置する「長崎鼻公園」へ。広々とした園内では、豊かな松の木々と真っ青な海が描く美しいパノラマを眺めながら、ゆったり散策を。夏場には、海水プールや流水スライダーも楽しめるので、ファミリー連れにも人気。長崎鼻は夕景の名所としても人気なので、夕暮れ時に訪れてみるのもおすすめだ。

長崎鼻公園

住所鹿児島県いちき串木野市小瀬町139
Tel.0996-32-3111(いちき串木野市観光交流課)
営業時間園内施設により異なる
休日園内施設により異なる
料金入園無料(有料施設あり。要問い合わせ)
アクセス鹿児島空港より車で約1時間10分
このプランのマップを見る

車で約30分

9
14:45
美山陶遊館(所要時間約1時間30分)

続いては一路日置市へ向かい、「美山陶遊館」での陶芸体験を楽しもう。薩摩焼発祥の地として知られる日置市美山に建つ「薩摩焼の里 美山」に併設されたこちらの施設では、ろくろや手ひねり、絵付けなど、さまざまな体験メニューに挑戦できる。館内では薩摩磁器をはじめ、さまざまな焼き物作品の販売も行っているので、お気に入りの一品を探してみよう。

美山陶遊館

住所鹿児島県日置市東市来町美山1051
Tel.099-274-5778
営業時間8:30〜17:00
休日月曜(祝日の場合は翌日))
料金入館無料(体験メニューは有料。ろくろ体験2,050円など)
アクセス鹿児島空港より車で約50分
このプランのマップを見る

車で約30分

10
16:45
吹上浜の夕日(所要時間約1時間30分)

旅の締めくくりに訪れたいのは、北薩エリアの雄大な自然を象徴する「吹上浜」へ。いちき串木野市〜日置市〜南さつま市にかけて広がる全長約47kmもの大砂丘は、鳥取県の「鳥取砂丘」や静岡県の「遠州灘砂丘」とともに“日本三大砂丘”にも数えられる場所。広大な砂丘には、美しいビーチやサーフスポット、釣りの名所などの見どころが点在している。特に、東シナ海に太陽が沈む日没の時間帯は、とびっきりの風景に出合えるベストタイム。どこまでも続く真っ白な砂浜と大きな海、そして空を茜色に染めあげる夕陽の共演を楽しんで。

吹上浜

住所鹿児島県いちき串木野市〜日置市〜南さつま市
営業時間見学自由
休日見学自由
料金見学無料
アクセス鹿児島空港より車で約1時間〜約1時間30分
このプランのマップを見る

立ち寄りスポット

観光列車おれんじ食堂

熊本県の新八代駅〜鹿児島県の川内駅を結ぶ「観光列車おれんじ食堂」は、東シナ海の絶景を眺めながら、こだわりの車内メニューを楽しめるグルメ観光列車。1日最大4便が運行されており、第1便の「ブレックファスト」から第2便の「スペシャルランチ」、3便目の「クルージングディナー」、金曜日の夜のみ運行される「おれんじバー」など、それぞれの運行便で地元食材にこだわる逸品メニューを楽しめる。料理はもちろん、停車駅での地元の人々とのふれあいや、車内エンタメなど、見どころ満載!北薩エリアで鉄道旅を楽しむなら、ぜひ予約したい観光列車だ。

観光列車 おれんじ食堂

住所熊本県の新八代駅〜鹿児島県の川内駅(便により異なる)
Tel.0996-63-6861(おれんじ鉄道予約センター※9:30〜17:00)
時間運行便により異なる
休日毎週金・土・日・祝、8月10〜12日の運行※その他はチャーター便
料金ブレックファスト大人9,500円、スペシャルランチ大人21,000円など、運行便により異なる
アクセス川内駅へは、鹿児島空港よりリムジンバスと九州新幹線で約1時間5分

観光船かのこ

薩摩川内市の西に浮び、断崖絶壁や奇岩が織りなす絶景が広がる甑島列島。なかでも甑島の西海岸は、南北約16kmにわたって、高さ100mを超える岩々が林立する国内屈指のクルージングスポットだ。中甑漁港から発着する「観光船かのこ」は、鹿島断崖やナポレオン岩、コガミアイなど、甑島ならではのダイナミックな景観を楽しめるクルーズ船。心地よい海風を浴びながら、次から次へと登場する大自然の芸術作品を鑑賞しよう。

観光船かのこ

住所鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑481-1
Tel.09969-2-0001(薩摩川内市上甑支所地域振興課)
時間3月〜10月10:20発、13:50発、臨時16:00〜日没で時間帯調整(団体10名以上のみ予約運航)、11月〜2月10:20発、13:50発(予約運行)
休日海況による運休あり
料金大人2,500円、子供1300円
アクセス川内港ターミナルより高速船約50分、もしくは串木野新港よりフェリーで約1時間15分で甑島里港。甑島里港よりバスで約15分で中甑港

薩摩金山蔵 坑洞焼酎蔵見学

鹿児島を象徴する食文化のひとつが、県内各蔵元で生産される焼酎。いちき串木野市の「焼酎蔵 薩摩金山蔵」は、かつて薩摩藩、明治維新を支えた串木野金山の坑洞を利用し、本格焼酎の仕込みや貯蔵、熟成などを行うユニークな蔵元だ。こちらを訪れれば、トロッコ列車に乗って坑洞内の焼酎仕込み蔵や貯蔵庫の見学が可能。金山の歴史や本格焼酎造りについて学ぶことができる。ほかにも、食事処やお買い物処も充実しているので、焼酎好きならぜひ立ち寄りたい。

薩摩金山蔵 坑洞焼酎蔵見学

住所鹿児島県いちき串木野市野下13665
Tel.0996-21-2110
時間10:00〜17:00(トロッコ列車は10:30発〜15:30発※所要時間約50分、60分毎の運行)
休日火曜
料金入場無料、トロッコ列車大人720円、3歳〜12歳310円
アクセス鹿児島空港より車で約1時間5分

2015年9月7日現在の情報です。料金等は予告なく変更になる場合があります。

ページのトップへ

旅ライター おすすめコメント

海と島々が織りなす絶景のパノラマから、藩政時代の歴史情緒を今に伝える武家屋敷群まで。多彩な楽しみが待つ北薩エリアの魅力をとことん楽しむなら、エリア内を縦横無尽に駆け回るドライブ旅がおすすめです!

吉原徹

ヒストリックスポット ★★★★
カルチャー ★★★★
マーベラスビュー ★★★★★
リラックス ★★★★
グルメ&ショッピング ★★★★★

モデルプランマップ

鹿児島のツアー情報

コメントを書く・みんなのコメントを読む