JAPAN AIRLINES

機内持ち込み制限品目について

航空法の改正に伴い、凶器となり得る物品全てに関し、航空機内への持ち込みが禁止となりました。刃物等の機内への持ち込みは法律違反であり50万円以下の罰金の対象となります。刃物類、強打すること等により凶器となり得る物、先端が著しく尖っている物、その他凶器となりうる物は機内持ち込みができませんので、これら刃物類等が保安検査場にて発見された場合には、チェックインカウンターに戻ってお預けいただくか、放棄をお願いいたしております。放棄に際しましては、保安検査場には放棄品箱をご用意しておりますのでご利用下さい。
また、法令により機内持ち込み及び受託手荷物としてのお預かりもできない危険品もございますので、ご注意下さい。