2017年9月15日(金)~16日(土)

トライアスロン

ITU世界ジュニアトライアスロン選手権(2017/ロッテルダム)で瀬賀楓佳選手が女子銅メダルを獲得!!

集まったマイルを遠征費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2017年9月15日(金)、16日(土)の2日間、オランダ・ロッテルダムにて「ITU世界ジュニアトライアスロン選手権大会」が開催されました。日本からは男女計5名のジュニア選手がエントリーし、女子の瀬賀楓佳(せが・ふうか)選手(トーシンパートナーズ・チームケンズ/山梨)が1時間2分5秒のタイムで3位入賞を果たし、みごと銅メダルを獲得しました。

女子

15日に行われた女子競技には全70名がエントリーし、日本からはいずれもジュニア強化指定選手の、瀬賀楓佳選手(トーシンパートナーズ・チームケンズ/山梨)、松居智咲(まつい・ちさき)選手(トライステラ/学連)、中山彩理香(なかやま・さりか)選手(東京都トライアスロン連合/東京)が出場。競技距離はスイム750m(1周回)、バイク20km(3周回)、ラン5km(2周回)。快晴、気温17.1度、水温17.0度というコンディションでした。

レースは、瀬賀選手がスイムで10分04秒と好タイムで首位に立ち、続くバイクでやや順位を下げたものの、最後のランで再浮上。3位入賞を果たし、みごと銅メダルを獲得しました。中山選手は38位、松居選手は41位という結果となりました。

男子

翌16日の男子競技はスイム750m(1周回)、バイク20km(3周回)、ラン5km(2周回)。前日とは打って変わり雨天となり、気温14度、水温16.5度というコンディションで行われました。全75名がエントリーするなか、日本からは、ともにジュニア強化指定選手の望月満帆(もちづき・みつほ)選手(甲府第一高校/山梨)、長正憲武(ながしょう・のりたけ)選手(トライアスロンアカデミー福島/福島)の2名が出場しました。
結果は望月選手が54位、長正選手が59位となりました。手応えも、課題も得られたレースとなり、貴重な経験を積むことができました。

瀬賀選手の銅メダル獲得に象徴されるように、若い世代が着実に成長を遂げています。次世代育成の取り組みが実りつつあることはたいへん喜ばしく、これもJALネクストアスリート・マイルを通じた皆さまのご支援のおかげとお礼申し上げます。これからも、若きアスリートたちは世界を目指し、さらなるトレーニングに励んでまいります。今後とも皆さまのお力添えを、何とぞよろしくお願いいたします。

ITU世界ジュニアトライアスロン選手権(2017/ロッテルダム)

〔女子〕

1位
Taylor Knibb(アメリカ) 01:01:22
2位
Kate Waugh(イギリス) 01:01:38
3位
-
瀬賀楓佳(トーシンパートナーズ・チームケンズ/山梨) 01:02:05
38位
中山彩理香(東京都トライアスロン連合/東京) 01:05:30
41位
松居智咲(トライステラ/学連) 01:05:54

〔男子〕

1位
Matthew Hauser(オーストラリア) 00:55:54
2位
Vasco Vilaca(ポルトガル) 00:56:22
3位
-
Ben Dijkstra(イギリス) 00:56:35
54位
望月満帆(甲府第一高校/山梨) 00:59:52
59位
長正憲武(トライアスロンアカデミー福島/福島) 01:00:44

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
ITU世界トライアスロンシリーズ(2017/横浜) 2017年5月13日 神奈川県・横浜市
ITU世界ジュニアトライアスロン選手権大会(2017/ロッテルダム) 2017年9月15日〜16日 オランダ・ロッテルダム
第23回日本トライアスロン選手権(2017/東京・台場) 2017年10月15日 東京都・港区台場

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop