2016年10月9日(日)

トライアスロン

第22回日本トライアスロン選手権がお台場海浜公園周辺 / 東京で開催されました。

集まったマイルを大会の表彰物などに使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

日本最高峰の大会である第22回日本トライアスロン選手権がお台場海浜公園周辺で開催され、ベテランから若手まで日本のトップ選手らが集い頂点を目指しました。今大会が「第一線でのラストゲーム」と語り、強い想いで出場するベテランの田山寛豪選手(NTT東日本・NTT西日本 / 流通経済大学職員 / 茨城)が古谷純平選手(三井住友海上 / 東京)など次世代のエースらを抑え、見事1位で有終の美を飾りました。これまで4度のオリンピックに出場し、日本トライアスロン界を牽引してきたレジェンド・田山選手が「(古谷)純平は強かった。でも、勝つしかなかった。最後は気力だけ。」とレースを振り返り、若手に対し「本当に強くなっている。彼らに任せて、東京オリンピックは下から支えたい。」とエールを送りました。

女子では、U-23やジュニアの選手が数多く上位にいるなか、「日本の女王」こと世界ランク3位の上田藍選手(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター / 千葉)が2年連続5度目の日本一に輝き、「ランで差をつけて勝つのが世界3位の責任だと思った。」と貫禄あるコメントを残しました。

男子

1位 : 田山寛豪 NTT東日本・NTT西日本 / 流通経済大学職員(茨城)01:52:01
2位 : 古谷純平 三井住友海上(東京)01:52:41
3位 : 細田雄一 博慈会(東京)01:53:27

女子

1位 : 上田藍 ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター(千葉)02:03:07
2位 : 高橋侑子 富士通(東京)02:03:50
3位 : 高橋世奈 愛媛県トライアスロン協会 02:04:09

リオオリンピックを終え、新たなスタートを切った日本トライアスロン界。男女ともにU-23 / ジュニア世代の選手らが上位に並んだ今大会は、明るい未来への大きな収穫と今後の方向性を示すこととなりました。
これも皆さまの多大なるご支援があるからこそです。東京オリンピックに向けさらなるレベルアップを目指すとともに、今後とも温かいご支援・ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
ITU世界トライアスロンシリーズ(2017/横浜) 2017年5月13日 神奈川県・横浜市
ITU世界ジュニアトライアスロン選手権大会(2017/ロッテルダム) 2017年9月15日〜16日 オランダ・ロッテルダム
第23回日本トライアスロン選手権(2017/東京・台場) 2017年10月15日 東京都・港区台場

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop