2017年8月10日(木)~13日(日)

サッカー

「2017 SBSカップ国際ユースサッカー」が静岡で開催。U-18日本代表が世界の強豪と戦いました。

集まったマイルを備品購入費などに使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2017年8月10日(木)~13日(日)、静岡県にて「2017 SBSカップ国際ユースサッカー」が開催されました。今年で開催41回を数える同大会は日本でもっとも歴史あるユース年代の国際大会で、日本をはじめ各国の有望選手たちが、この大会を経てフル代表へと成長しています。今年はU-18日本代表、U-18チリ代表、U-18チェコ代表、静岡ユースが出場しました。

「2017年8月10日U-18チリ代表戦先発メンバー11名」

第1戦
8月10日・藤枝総合運動公園サッカー場
U-18日本代表 1(前0-1、後1-1)2 U-18チリ代表

南米の強豪・チリ代表のプレス攻勢に、日本代表は序盤から耐える時間帯が続きます。前半30分には井澤春輝選手(浦和レッズユース)がシュートを放ちますが、惜しくも枠をとらえず。逆に33分、スローインからクロスを上げられ先制を許してしまいます。
さらに44分にはハンドを取られ、PKから失点。しかし日本は、ここから積極的な選手交代で立て直します。疲労からチリの動きが鈍ってくると、76分、交代出場の加藤拓己選手(山梨学院大学附属高校)がチリ守備陣を振り切りゴール前にパス。これを同じく交代出場の杉田将宏選手(名古屋グランパスU-18)がワントラップから左足で流し込み、待望のゴール。ですがその後は追加点を奪えず日本は1-2で敗れ、初戦勝利はなりませんでした。
GKの若原智哉選手(京都サンガF.C.U-18)は試合後、「チーム全体に余裕がなく、ボールを失って慌てる展開でした。次の試合ではチーム全体で自信を持ってプレーをし、勝利をつかみたいです」と話し、次戦へ気持ちを切り替えていました。

第2戦
8月11日・エコパスタジアム
U-18日本代表 0(前0-1、後0-0)1 静岡ユース

ともに初戦を落としている両者の試合。前線からプレスをかけ、ボールを奪い合う展開となりますが、27分、静岡ユースが中盤でボールを奪うとそのままゴール前へパス。GK沖悠哉選手(鹿島アントラーズユース)が飛び出しますが一瞬の遅れを取り、先制点を許してしまいました。
追いかける日本代表は後半、51分、54分と伊藤洋輝選手(ジュビロ磐田U-18)が果敢にゴールをねらいます。74分には交代出場の井澤選手もシュート。これで得たCKに、同じく交代出場で長身の原大智選手(FC東京U-18)がヘディングで合わせますが、いずれもゴールを割ることはできず。結局0-1で試合終了となり、日本代表は今大会、残念ながら優勝の可能性を失いました。
今回、U-18日本代表に初選出され、この試合で初スタメンを務めたMF小林幹選手(FC東京U-18)は「得点やアシストなど目に見える結果を残すことを強く意識して臨んだので、無得点で終わってしまい残念です。もっとシュートの意識を持ってゴール前に出ていかなければと思いました」と、無念さをにじませました。

第3戦
8月13日・草薙陸上競技場
U-18日本代表 2(前1-0、後1-1)1 U-18チェコ代表

勝てば優勝の可能性のあるU-18チェコ代表は、立ち上がりから積極的に日本ゴールに迫ります。大会1勝を目指す日本も意地を見せ、サイド攻撃を起点に応戦。18分、右サイドのスペースに走り込んだ原選手がゴール前に低くて速いパスを出すと、逆サイドから走り込んだ田中陸選手(柏レイソルU-18)がこれを落ち着いて決めて先制。前半を1-0で折り返します。
日本は後半も果敢にゴールを目指しますが、なかなかチャンスをものにできず。逆に73分、カウンターから同点を許してしまいます。しかし攻撃の姿勢を崩さなかった日本は、アディショナルタイム3分を過ぎた場面、サイドチェンジからボールを受けた石原広教選手(湘南ベルマーレ)が相手をドリブルでかわしてクロスボールを入れると、交代出場の加藤選手が気迫のダイビングヘッドをねじ込み、2-1。日本が劇的な勝利を手にしました。

今大会、1勝2敗、出場4チーム中3位という結果に終わったU-18日本代表。決して満足のいく結果ではありませんでしたが、影山雅永監督は「最終戦は、選手、チームとしての意地というものをプレーで表現してくれました。課題は多いですが、次につながる試合をしてくれました」と語り、反省のなかにも成長のカギを見いだした様子です。
選手たちも、今大会を経て多くのことを学びました。これを糧にさらにトレーニングを重ね、次なるステージへとステップアップしていく決意です。
今後とも皆さまのご支援とご声援を、どうぞよろしくお願いいたします。

「JALはサッカー日本代表のサポーティングカンパニーです」

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
U-17日本代表 第21回国際ユースサッカーin新潟 2017年7月11日〜17日 新潟県
U-19日本代表 SBSカップ国際ユースサッカー 2017年8月7日〜13日 静岡県

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop