2018年6月26日(火)~30日(土)

ボート

2018年アジアジュニア選手権大会が韓国で開催され、
日本は金1・銀2・銅2とメダル量産の大躍進を果たしました。

集まったマイルを選手育成費に使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2018年6月26日(火))~30日(土)、韓国・忠州(チュンジュ)にて、「2018年アジアジュニア選手権大会」が開催されました。U19カテゴリーで競う今大会に、日本からは男女それぞれシングルスカル、ダブルスカル、クオドルプル各種目に代表を派遣。過去には世界選手権やアジア競技大会など国際レースの開催実績もあるコースを舞台に、日本の次世代選手らは持てる力を存分に発揮し、金メダル1個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得する輝かしい戦績を収めました。

予選1日目はあいにくの雨模様、雷も心配される不安定な天候となりましたが、無事に全レースが行われ、日本勢は男子シングルスカル(JM1x)の青木洋樹選手と、男子ダブルスカル(JM2x)の森長佑選手・島田隼輔選手が、いずれも1位フィニッシュで決勝進出。

女子舵手なしクオドルプル(JW4x)は予選3位となりましたが、同日実施の敗者復活戦で2位に食い込み、こちらも決勝進出を決めました。メンバーは磴梨菜選手、鈴木伶奈選手、中尾咲月選手、川村海選手の4名です。

天候も回復した2日目、女子シングルスカル(JW1x)の仲澤春香選手と、女子ダブルスカル(JW2x)の新田明美選手・林原萌香選手は、どちらも予選2位となり同日の敗者復活戦に回りましたが、ともに初戦よりもタイムを縮める力漕で、そろって1位フィニッシュで決勝進出。 男子舵手なしクオドルプル(JM4x)、日本は阿部亮平選手、岡本康聖選手、阿部光治選手、大野良太選手が息の合ったローイングを披露し、2位韓国に約3秒の差をつけて首位でゴール。危なげなく決勝進出を決めました。

大会4日目はJM2x、JM1x、JW4xの決勝レースが行われ、日本勢はJM2xで2位となり、銀メダルを獲得。1位イランとはコンマ2秒に満たない僅差で、両艇の激漕には惜しみない声援と拍手が送られました。予選1位の好成績で決勝に臨んだJM1xは、残念ながら6位フィニッシュとなりました。
JW4xは4人の呼吸がぴたりと合い、予選から大幅にタイムを縮めて6分50秒498で3位に。銅メダルを獲得しました。

大会5日目はJW1x、JW2x、JM4xの決勝レースが行われ、日本勢はJW1xで銀メダル、JW2xで銅メダルを獲得。いずれも敗者復活戦を経ての決勝進出でしたが、疲労も見せずにすばらしい戦いぶりを見せてくれました。
そして、日本チームの最終レースとなったJM4xでは、堂々の金メダルを獲得しました! 前半からリードし、第3クオーターで2位インドに迫られましたがラストクオーターで突き放し、1位でフィニッシュ。大会を通じて初めて日の丸が中央に掲げられ、日本としてはまさに有終の美を飾るメダルセレモニーとなりました。

日本の若き精鋭たちが、アジアのライバルを相手に堂々としたレースを展開し、金メダルを含む5つものメダルを獲得いたしました。惜しくも今回はメダルを逃した種目もありましたが、実力的にはアジアの上位を争うに十分なものはあり、今後は大舞台でいかに安定して力を発揮するかを明確な課題として持ち帰ったところです。次世代を担う選手たちには、経験を重ねることが何よりの鍛錬となります。皆さまには今後とも温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年アジアジュニア選手権大会

〔男子シングルスカル:JM1x〕

6位 青木洋樹(成立学園高校) 7分31秒254

〔男子ダブルスカル:JM2x〕

2位/銀メダル 森長佑(若狭高校)、島田隼輔(瀬田工業高校) 6分44秒844

〔男子舵手なしクオドルプル:JM4x〕

1位/金メダル 阿部亮平(仙台大学)、岡本康聖(宇和島東高校)、阿部光治(猿投農林高校)、大野良太(美方高校) 6分19秒691

〔女子シングルスカル:JW1x〕

2位/銀メダル 仲澤春香(若狭高校) 8分25秒485

〔女子ダブルスカル:JW2x〕

3位/銅メダル 新田明美(美方高校)、林原萌香(米子西高校) 7分46秒325

〔女子舵手なしクオドルプル:JW4x〕

3位/銅メダル 磴梨菜(美方高校)、鈴木伶奈(酒田光陵高校)、中尾咲月(津高校)、川村海(美方高校) 6分50秒498

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
2018 アジアボートジュニア選手権 2018年6月26日〜30日 韓国
2018世界ボートジュニア選手権 2018年8月8日〜12日 チェコ
ジュニア強化合宿 2018年10月 埼玉県・戸田市

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop