2018年7月13日(金)〜15日(日)

空手

第15回アジアシニア空手道手権大会、日本は金8つを含めメダル獲得数でアジアNo.1に!

集まったマイルを育成選手の強化費などに使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2018年7月13日(金)〜15日(日)、ヨルダン・アンマンにて、「第15回アジアシニア空手道手権大会」が開催されました。アジア空手道連盟(AKF)が主催する今大会は、シニア(組手18歳以上、形16歳以上)カテゴリーでアジアの頂点を競うものです。日本からは総勢22名の選手が出場し、金メダル8個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得。メダル獲得数でアジアのトップに立つ素晴らしい成績を収めました。

また、形においては4種目すべてで金メダル獲得の完全制覇。なおかつ男子個人形の喜友名諒選手(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会)は大会3連覇、同選手を含む男子団体形も同じく3連覇を飾る圧巻の戦績で、形種目は今年5月の「アジアジュニアカデットU21選手権」から通算してアジアで無敗の10冠達成となりました。

日本代表選手結果

〔個人形〕

女子個人形:清水希容(ミキハウス) 金メダル

男子個人形:喜友名 諒(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会) 金メダル(3連覇)

〔団体形〕

女子団体形:金メダル

      平 紗枝、武儀山 舞(以上、帝京大学4年)、石橋咲織(帝京大学1年)

男子団体形:金メダル(3連覇)

      喜友名 諒、金城 新、上村拓也(以上、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会)

〔個人組手〕

女子組手-50kg級:宮原美穂(帝京大学4年) 金メダル

女子組手-55kg級:山田沙羅(大正大学職員) 2回戦敗退

女子組手-61kg級:森口彩美(AGP) 1回戦敗退

女子組手-68kg級:染谷香予(テアトルアカデミー) 金メダル

女子組手+68kg級:植草 歩(JAL) 銅メダル

男子組手-60kg級:小崎友碁(近畿大学1年) 3回戦敗退

男子組手-67kg級:篠原浩人(マルホウ) 2回戦敗退

男子組手-75kg級:西村 拳(チャンプ) 3回戦敗退

男子組手-84kg級:荒賀龍太郎(荒賀道場) 金メダル

男子組手+84kg級:香川幸允(テアトルアカデミー) 銀メダル

〔団体組手〕

女子団体組手:金メダル

       染谷香予、植草 歩、川村菜摘(警視庁警察学校)、齊藤綾夏(近畿大学4年)

男子団体組手:銅メダル

       篠原浩人、西村 拳、荒賀龍太郎、香川幸允、石塚将也(盛岡市役所)、森 優太、渡邊大輔(日本空手松涛連盟)

今大会、堂々の戦いぶりでアジアトップクラスの実力を示した日本代表チーム。今後はアジアのみならず、世界の空手界をけん引すべく、なお一層の精進を重ねてまいります。皆さまには今後とも力強いご支援・ご声援をよろしくお願い申し上げます。

Activity report

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第16回アジア空手道選手権大会 2019年7月19日〜21日 ベトナム・カントー
WKFプレミアリーグ東京大会 2019年9月6日〜8日 東京都・日本武道館
2019年度JOCジュニアオリンピックカップ 2020年3月頃 未定

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop