2017年7月25日(火)~26日(水)

空手

第10回ワールドゲームズ2017・空手競技において、
日本代表は7名全員がメダル獲得の快挙を達成!

集まったマイルを選手の宿泊費などに使用させていただきました。
皆さまのご支援ありがとうございました。

2017年7月25日(火)、26日(水)、ポーランド・ヴロツワフにて、「第10回ワールドゲームズ2017」空手競技が開催されました。日本からは男子3名、女子4名の精鋭が大会に臨み、7名全員がメダル獲得(金メダル4、銀メダル2、銅メダル1)という快挙を達成しました。

国際総合競技大会である「ワールドゲームズ」は、国際ワールドゲームズ協会(IWGA)主催で4年に一度開催されます。空手競技には、世界空手連盟(WKF)から推薦された2016年の世界選手権大会のメダリスト、各大陸選手権王者を中心に、世界屈指の精鋭たちが出場し、2017年の空手界最大の国際大会と位置づけられます。

競技は1種目に8名が出場。4名ずつに分かれて予選リーグを行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する形式で実施され、前回(2013年)ワールドゲームズ優勝者の植草歩選手(女子組手+68kg級、高栄警備保障)はみごと2連覇を達成。昨年の世界選手権と合わせて2冠獲得となりました。女子個人形で世界選手権2連覇中の清水希容選手(ミキハウス)はワールドゲームズ初出場にして初優勝に輝きました。
男子個人形の喜友名諒選手(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会)は圧巻の演武で優勝。ワールドゲームズ前回大会の銅メダルから確実に順位を上げ、世界選手権2連覇の実力を示しました。また、アジア王者として臨んだ香川幸允選手(テアトルアカデミー)は最重量クラスである男子組手+84kg級で日本初の金メダル獲得を果たしました。

日本選手結果一覧

女子個人形:清水希容(ミキハウス) 金メダル

男子個人形:喜友名 諒(沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会) 金メダル

女子組手-50kg級:宮原美穂(帝京大学3年) 銀メダル

女子組手-68kg級:染谷香予(テアトルアカデミー) 銅メダル

女子組手+68kg級:植草 歩(高栄警備保障) 金メダル

男子組手-84kg級:荒賀龍太郎(荒賀道場) 銀メダル

男子組手+84kg級:香川幸允(テアトルアカデミー) 金メダル

今大会は、先にカザフスタンで開催された「第14回アジア選手権」の出場選手も含まれ(喜友名、染谷、植草選手)、大会間隔わずか9日という厳しい日程のなかで行われましたが、選手たちは集中を切らすことなく圧巻の成績を収めました。各国の選手たちが実力を伸ばしつつある現状にあって、日本チームはなおも世界の空手界をけん引し続けるべく、鍛錬に精励してまいります。皆さまには今後とも力強いご支援・ご声援をよろしくお願い申し上げます。

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
アジア空手道選手権大会 2017年7月10日〜17日 カザフスタン・アスタナ
ワールドゲームズ2017 2017年7月25日〜26日 ポーランド・ヴロツワフ
WKF シリーズA 2017年11月25日〜26日 沖縄県・沖縄県武道館

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop