一人でも多くの若いアスリートの
可能性を広げる機会を一緒に応援
しましょう。

先天的に右足首に障害があったが、運動が大好きで、ミニバスを始めた。しかし、成長と共に足にかかる負担が大きくなる為、続けていくことを断念した時に車椅子バスケに出会う。2008年の北京パラリンピックに出場。当該大会の得点王となる。2011年に開催されたU25女子世界選手権では1試合51得点の記録を樹立。現在、現役選手として活動しており、オーストラリアの女子リーグでもプレーしている。

平成28年度
日本車椅子バスケットボール連盟強化指定選手
女子チーム「カクテル」所属

網本 麻里

MARI AMIMOTO

MESSAGE02

私は、U23ジュニア世界選手権(2005年、2009年)、そしてU25女子ジュニア選手権(2011年)に出場し、ジュニア時代から多くの国際大会を経験させてもらいました。両親には、学生の頃から資金面で本当に苦労をかけましたが、それも理解をしてくれ、応援し続け支えてくれました。今の自分があるのは、ジュニア時代に車椅子バスケットボールに全力を注げる環境・機会があったからと思っています。

『JALネクストアスリート・マイル』というプロジェクトを通して、一人でも多くの若いアスリートの可能性を広げる機会を一緒に応援していただけたら嬉しいです。

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop