2019年
ラグビーワールドカップにむけて、
ラグビーの価値をもっと伝えたい。

早稲田大学人間科学卒業後、単身渡英。レスタ―大学大学院社会学部修了。三菱総合研究所に勤めた後、早稲田大学ラグビー蹴球部監督、ラグビーU20日本代表監督を務め、現在、コーチングディレクターとして、指導者の育成に尽力している。

(公財)日本ラグビーフットボール協会
コーチングディレクター

中竹 竜二

RYUJI NAKATAKE

MESSAGE01

ラグビーは「少年を最も早く大人の男に育て上げ、そして最後まで少年の心を失わせないスポーツ」としてイギリスから広がった競技です。どの方向に転がるかわからない楕円のボールを追いかけ、ゴールに向かって前進しながらも前方にいる味方にはボールをパスできず、前にボールを落とすことできないルールがあるように、多くのストレスを含んだスポーツと表されます。一方で「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」というチームワークの大切さをメインメッセージにした競技でもあります。

まさに、これから私たちが直面する答えの見えない社会で活躍するための力を養うことができる競技の一つでしょう。2019年にラグビーワールドカップを控え、このラグビーの教育的な価値をより多くの青少年少女たちに提供できればと思っています。ご支援、よろしくお願いします。

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop