無限の可能性を秘めた
次世代アスリートへ大きな挑戦を
応援しましょう。

高校2年の時に起こしたバイク事故によって左足をももから切断。高校卒業後に通った日本聴能言語福祉学院・義肢装具学科で陸上に出会い、アスリートとしての本能が疼いたことで大阪体育大学に進学。困難な状況を持ち前のプラス思考で乗り越える屈強なアスリートである。2008年スズキ(株)に入社、北京パラリンピックでは義足選手初となる銀メダルを獲得。その後も、2013年IPC世界選手権走幅跳金メダルをはじめ、多くの国際大会でメダルを獲得。現在も国内第一人者として、競技力向上を目指している。

北京パラリンピック銀メダリスト
2013 IPC世界選手権金メダリスト

山本 篤

ATSUSHI YAMAMOTO

MESSAGE02

私が若い時にもいろいろな支援をしてもらい、単独で海外遠征に行き、武者修行をしてきました。1人で海外に行くことで何事も自分で解決する必要があります。それと同時に海外選手との交流も多く行われ、多くの友達を作ることができます。1人で行くことは多くの意味があり世界で戦うための経験を得ることでしょう。しかし、若い選手が海外遠征をしようとした時には多くの壁があります。それは、言葉や文化の違い、更には多くの資金が必要です。言葉や文化は勉強し、自分自身で乗り越えること、現地で体感することが大切です。資金面は、このプロジェクトで、次世代アスリートを皆さんで支援しましょう。そして大きな経験をたくさん積んで、将来世界で活躍する多くの選手の誕生を期待して、皆さんの力で応援しましょう。

最後に、未来の選手たちへ "若い時にこそ冒険せよ!"

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop