空手母国・日本から世界へ!
羽ばたく少年少女を育てたい

1986年2月20日、東京都出身。10歳から空手をはじめ、帝京高校、国士舘大学卒業。女子個人形の部で高校時代にインターハイ優勝、大学時代には全日本学生選手権、全日本選手権優勝。大学卒業後、鳥取県に移り故・井上慶身氏に師事する。2009年から全日本選手権4連覇、2010年第20回世界空手道選手権大会(ベオグラード)3位、2012年、第21回世界空手道選手権大会(パリ)優勝。同年末の全日本選手権をもって現役引退し、以降指導者として空手に携わる。

(公財)全日本空手道連盟ナショナルチームコーチ
元世界チャンピオン

宇佐美 里香

RIKA USAMI

MESSAGE01

私は空手を通して、勝敗だけでなく、礼節の大切さ、努力や自分を信じる力、相手を敬う心を学びました。

子どもの頃、空手は習い事のひとつに過ぎませんでしたが、高校、大学と競技を続け、ナショナルチームに合格した頃から少しずつ「世界」を意識するようになりました。2010年に初めて日本代表として世界大会に出場できましたが、準決勝で敗退し、3位となりました。初めて出た世界大会の雰囲気に呑まれてしまったのです。それから2年間、経験を積むため各地の国際大会に出場し、2012年に念願の世界一になることができました。空手は日本発祥の武道であり、スポーツです。何としても女子形の金メダルを日本に持って帰りたい。その思いをやっと叶えることができました。

空手がオリンピック種目になった今、世界各国の選手たちが力をつけています。日本代表選手やジュニアたちにとって海外遠征はますます重要になりますが、費用を個人で負担するにはどうしても限界があります。アスリートマイルを通じた、皆さまの応援をよろしくお願いいたします。応援を力に変えて、選手たちも必ず結果につなげてくれるはずです。

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop