世界を知り、
世界で勝つジュニアを育成することは、
未来のオリンピアンを誕生させること。

中学一年からカーリングを始める。世界ジュニアカーリング選手権で2年連続準優勝を果たすなど、ジュニア時代から好成績を残す。ソルトレイクシティオリンピックに初出場し、トリノオリンピックではスキップとしてチームを牽引、強豪カナダを破るなど日本にカーリング旋風を巻き起こした。2006年に現役から一時退き、結婚・出産を経て、2010年に第一線に復帰。北海道銀行フォルティウスを結成し、3度目の出場となったソチオリンピックでは5位に入賞。日本選手団の旗手も務めた。母親アスリートとしてスポーツ界の女性支援活動にも積極的である。

日本カーリング協会強化指定選手
北海道銀行フォルティウス・スキップ

小笠原 歩

AYUMI OGASAWASA

MESSAGE01

強靭な精神力と体力、そして、経験が勝利をもたらすカーリング。世界で勝つ「日本」をつくるために必要な事は、ジュニア世代から世界を知り、その高みに向けて努力する日々の重ねであると私は知っています。

しかし、まだまだ競技環境は決して恵まれているものではなく、私は次世代が育っていないこの現状に危惧しています。

カーリングは、大会などを通して全国民のみなさんと感動を共有出来るスポーツです。将来、世界で活躍する選手は、みなさんのご支援により誕生するものと信じてやみません。私も次世代選手のために立ち上がり、育てて行く事をお約束致します。

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop