皆さまの応援、サポートが
大きな力になります

現役時代は400mを専門とし、世界選手権に出場するなど日本代表として活躍。
現役引退後も、日本陸連 強化委員会の一員として陸上競技を支え、2015年には強化委員長に就任。2016年リオデジャネイロオリンピックでは陸上日本代表選手団の監督を務めた。
現在は、山梨学院大学スポーツ科学部スポーツ科学科教授(学部長補佐)であり、また、日本陸連 強化委員会 強化育成ディレクターとして、次世代を担う若きアスリートのサポートを中心に、強化育成事業を主導している。

(公財)日本陸上競技連盟 強化委員会
強化育成 ディレクター

麻場 一徳

KAZUNORI ASABA

MESSAGE01

陸上競技で競われる歩・走・跳・投の各動作は、私たちの日常生活のなかでも行われる動作であり、また、あらゆるスポーツの基本動作だとも言われます。
アスリートたちは、特別な事情のない限り誰もができる動作を誰もができないレベルまで高めていこうと、日々の厳しいトレーニングに臨んでいます。オリンピックなどではアスリートたちの精細に研ぎ澄まされた技術、極限まで鍛え上げられた肉体の美しさを堪能できますが、そこまでたどり着くための労力と時間は計り知れないものです。
若きアスリートたちは、その崇高な理想と自らの夢の実現を目指して日夜努力を続けます。挫けそうな時も多々ありますが、そのような時には周りの方々の応援、サポートが大きな力になります。
次代を担う若きアスリートたちを応援していただけたら幸いです。

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

PageTop