PARA ATHLETICS

パラリンピック陸上競技には、100m,200m,400m,800m,1500m,5000m,10000mのトラック種目と、走高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、やり投、こん棒投のフィールド種目、そして道路競技(マラソン等)があります。
走る、跳ぶ、投げるという本来人間が持っている能力を自己表現していく一つの方法が陸上競技です。

障がいがあるためにできないこともありますが、日常車いすで生活している人たちには、レーサーという競技用車いすで、競技を通じて疾走感や緊張感をもたらします。下肢切断の障がいの人たちには競技用義足で走る喜びや跳ぶ満足感を得ることができます。

また、視覚障がいの人たちには、見えないという恐怖感に対して、ガイドランナー(伴走者)がついて走れば、風を切る爽快感。 また、コーラー(方向を支持する人)がつけば、跳ぶことも可能になります。当然、恐怖感を軽減でき楽しむことが可能になります。このように、障がいのある人たちの陸上競技は、競技規則等をひと工夫することで思ってもみない可能性が膨らんできます。

また、観戦者もこのような選手たちの躍動感に心打たれるでしょう。

今後数年は、現在の強化指定選手で世界と戦っても、十分な成績や記録等の結果が良い方向に現れると感じています。しかし、その先を見据えた場合、ユース世代選手を発掘また育成が緊急の課題であります。皆様のご協力をお願い致します。

Next athlete

鈴木朋樹 TOMOKI SUZUKI

2016 ジャパンパラ 800M 1位
1500M 2位
2015 ジャパンパラ 800M 2位
1500M 4位

辻 沙絵 SAE TSUJI

2016 ジャパンパラ 100M 1位
200M 1位
400M 1位
日本パラ陸上選手権 100M 1位
200M 1位
400M 1位
ジャルジャ国際陸上競技大会 100M 1位
200M 1位
400M 2位
2015 ジャパンパラ 100M 2位
200M 1位
IPC陸上競技世界選手権 100M 6位

芦田 創 HAJIMU ASHIDA

2016 ジャパンパラ 走幅跳 1位 ※日本記録更新6M75
2015 ジャパンパラ 走幅跳 1位
IPC陸上競技世界選手権 走幅跳 6位
三段跳 5位

前川 楓 KAEDE MAEGAWA

2016 ジャパンパラ 100M 2位
走幅跳 3位
2015 ジャパンパラ 100M 1位

Schedule of activities

大会・遠征名 スケジュール 開催地
第28回日本パラ陸上競技選手権大会 2017年6月10日〜11日 東京都・駒沢陸上競技場
2017ジャパンパラ陸上競技大会 2017年9月23日〜24日 福島県

Donate Miles

日本地区会員の方
マイルで応援する
日本地区以外の会員の方
マイルで応援する

※ご協力いただいたマイル相当額と同額をJALが拠出し、合算して競技団体に贈ります。用具購入や遠征費用、大会運営などに活用されます。

JAL繝阪け繧ケ繝医い繧ケ繝ェ繝シ繝医サ繝槭う繝ォ 繝励Ξ繧シ繝ウ繝医く繝」繝ウ繝壹シ繝ウ 繝懊シ繝井ス馴ィ捺蕗螳、縲∵律譛ャ繝懊シ繝亥鵠莨壹が繝ェ繧ク繝翫Ν繝阪け繧ソ繧、縺セ縺溘ッ譯懊ヴ繝ウ繝舌ャ繝√r繝励Ξ繧シ繝ウ繝!

JAL繝阪け繧ケ繝医い繧ケ繝ェ繝シ繝医サ繝槭う繝ォ 繝励Ξ繧シ繝ウ繝医く繝」繝ウ繝壹シ繝ウ 繝代Λ髯ク荳 螻ア譛ャ遽、驕ク謇九→鬮呎。第掠逕滄∈謇九ョ繧オ繧、繝ウ蜈・繧概繧キ繝」繝繧偵励Ξ繧シ繝ウ繝!

JAL繝阪け繧ケ繝医い繧ケ繝ェ繝シ繝医サ繝槭う繝ォ 繝励Ξ繧シ繝ウ繝医く繝」繝ウ繝壹シ繝ウ 繧ォ繝シ繝ェ繝ウ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ縺疲魚蠕縲√∪縺溘ッ繝溘ル繧ケ繝医シ繝ウ繧ッ繝繧キ繝ァ繝ウ繧偵励Ξ繧シ繝ウ繝!

PageTop