oneworld

  • ホーム

  • 国内線(航空券、予約、ホテル、レンタカー)

  • 国内ツアー(国内旅行)

  • 国際線(航空券、予約、海外、ホテル、レンタカー)

  • 海外ツアー(海外旅行)

  • JALマイレージバンク(マイレージ、マイル、無料航空券、FFP、特典、引換)

  • JALカード

[ ここから本文です ]

  • ツイートする
  • Facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマーク
明日の空へ、日本の翼

定時運航への取り組み

  • 定時到着率3部門で第一位
  • 定時運航を支える空のプロフェッショナル
  • 今後の定時性向上に向けて

JALは「メジャーインターナショナル部門」にて世界第一位、「アジア・メジャー部門」にてアジア第一位、JALグループのJAIRが「アジア・リージョナル部門」にてアジア第一位の認定を受け、3部門で第一位となりました。

航空機が予定時刻に到着できた割合「定時到着率」(2012年)で、JALが世界第1位であることの認定を受けました。

航空会社や空港ごとの定時到着率をはじめ、様々な分析を行っている米国のFlightStats社よりJALが2012年、「メジャーインターナショナル部門」にて世界第一位、「メジャーアジア部門」にてアジア第一位、JALグループのJAIRが「アジアリージョナル部門」にてアジア第一位と、全3部門において、定時到着率第1位に認定されました。
メジャー・インターナショナル部門 JAL 定時到着率90.35% 世界第1位
アジア・メジャー部門 JAL 定時到着率 90.35% アジア第1位 
アジア・リージョナル部門J-AIR 定時到着率92.58% アジア第1位

Conducive Technology社

2012年1〜12月にJALが運航した国内線・国際線について、その定時到着率が「90.35%」であり、世界の大手航空会社29社の中で第1位と認められたものです。

また、これに加えて、ジェイエア(JAIR)も、昨年の日本エアコミューター(JAC)に引き続きアジア・リージョナル部門にて第1位の認定を受け、JALグループは同部門で4年連続の受賞となります。

航空会社の基本品質の根幹である定時運航に日々努めていますが、定時到着率を高く評価いただいているのは、多くのお客さまの定時出発へのご理解とご協力の賜物であると考えています。

ページのトップへ

2013年2月19日、授賞式がおこなわれました。

FlightStats社 Jeff Kennedy CEOより1位認定のトロフィーの授与を受けました。
今回の受賞を励みとし、社員一同より一層努力していきたいと思います。

定時到着率「世界第1位」の授賞式が行われました。

米国オレゴン州ポートランド、社長Jeff Kennedy氏。2001年設立。
航空会社、FAA、空港会社、旅行会社の予約システムなどを通じてデータを収集し、世界の便の出発・到着遅延に係わる情報を同社ホームページ(Flightstats)で提供。同社が発表するデータは海外のメディアなどでも広く紹介・引用されています。

ページのトップへ

JALが目指す、世界をリードする定時運航

大切なお客さまのために、世界No.1の品質へ。

大切なお客さまのために、世界No.1の品質へ。
お客さまへの約束。それは、安全を最優先としながら、定時に出発して、定時に到着すること。JALは、お客さまの旅と時間を大切にするために、さまざまなプロフェッショナルたちが部門や職種を越えて連携を深め、世界最高品質の「定時性」の実現を目指しています。そして、創意工夫による新たなアプローチも積極的に取り入れ、安全な定時運航を積み重ねていき、4年連続となる定時到着率「世界第1位」へと向かっていきます。

プロフェッショナルがつなぐ、定時性へのバトンタッチ

パイロット、キャビンアテンダント、整備士、運航管理者、貨物スタッフ、グランドハンドリングスタッフ、グランドサービススタッフ。これら全てのプロフェッショナルたちが、互いにコミュニケーションを密接に取り合い、連携体制を強化しながら、定時運航へのバトンタッチをつなげています。そして、心をひとつに世界品質をリードする定時性を目指し、お客さまの心へもつなげていけるよう、日夜取り組んでいます。

JALの基本品質

世界No.1の定時性

「定時出発」と「定時到着」の積み重ねにより、お客さまのご期待に応え、お客さまの旅と時間を大切にします。そして、JALの総力をあげて、一便一便の定時運航を実現します。

最高のバトンタッチ

一便一便の定時運航を支えているのは、プロフェッショナル一人ひとりの確かな仕事です。さらに、スタッフ間の協力や心をひとつにした深い連携は、無限の可能性を秘めています。

時間を貯める

各自の持ち場の所要時間を短縮し、バトンをつなぐ仲間に余裕をもたせます。それにより、出発時間・飛行時間が長くなるなど予定外の状況の変化にも、柔軟で確実な対応ができます。

  • 日本の品質で最良のひとときを
  • JALの新しい機内食
  • JAPAN PROJECT
  • JAL× 企業コラボレーション

ページのトップへ

  • ホーム