ここから本文です

「インドネシアの学校に浄水器を送ろう!」チャリティ・マイル

チャリティ・マイルによる途上国支援活動へのご協力をお願いいたします。インドネシアの学校などの公共施設に浄水器を届け、清潔で安全な水を提供する事で人々の生活の改善を支援をしませんか?

人をつなぐ、世界を結ぶ。プロジェクト JAL×コペルニク

「国と国をつなぎ」、「環境保全」「安全・安心(衛生状況の改善)」「次世代育成(生活改善・学習機会の拡大)」などを目指すコペルニクの活動が、 JALグループのCSR活動の方向性と親和することから、協業により活動の効果を高めるべく、「人をつなぐ、世界を結ぶ。プロジェクト」を進めています。 JALは、併せて、航空券の提供を通じてコペルニクの活動を支援します。

新しいウインドウで開きます「人をつなぐ、世界を結ぶ。プロジェクト」の目指すこと

インドネシアでは、水道や浄水の施設が整っておらず、人々はきれいな水を手に入れるのに苦労しています。汚れた水を飲んで健康を害すこともあります。

水をきれいにするために水を煮沸するには、大量な薪が必要となり、森林伐採にもつながります。その薪を購入する場合は、貧しい家計を圧迫し、薪を拾いに行く場合は、その役目を担うこどもたちが、学校に行く時間を削らなければなりません。また、薪を大量に燃やすことで、多くの煙が出ます。この煙で病気になる人が後を絶ちません。また、二酸化炭素も多く排出されます。さらに、水を購入する場合は、ペットボトルのプラスチックごみが問題になっています。

2013年に実施した「インドネシアの学校に浄水器を送ろう!」チャリティ・マイルでは、JMB会員1,608名様より6,324,000マイルのマイル寄付にご協力いただきました。この支援により、浄水器800台を160校に届けることができ、約16,000人の生徒たちへ安全な飲み水を提供できました。
今回もインドネシアの学校に、シンプルな浄水器を届け、生徒たちに安全な飲み水を提供し、かつプラスチックごみの削減を促すという目標を達成することができます。

募集要項

お申込期間
2017年8月30日(水)10:00(日本時間)〜2017年11月30日(木)23:59(日本時間)
必要マイル数
1口3,000マイル〜(3,000マイル単位)
  • 1マイル=1円相当として、ご協力いただいたマイル相当額を寄付いたします。
チャリティ寄付先
一般社団法人コペルニク・ジャパン

一般社団法人コペルニク・ジャパンのご紹介

コペルニク(kopernik)は、2010年2月に設立された米国NPO法人(第2回「日経ソーシャルイニシアチブ対象国際部門賞」受賞)で、途上国の社会課題と、世界中から集めた技術をインターネット上でマッチングさせ、広く寄付を募って現地での適正な価格で技術を届けることにより、途上国の生活の質の向上と貧困削減などの課題解決を図る団体です。
コペルニクは2014年より日本国内では、「一般社団法人コペルニク・ジャパン」として活動しています。

  • 当チャリティ・マイルでの寄付はJMB会員、日本航空とも、税金控除の対象にはなりません。
ページトップへ戻る