国際貨物輸送の流れ

国際貨物の発送における準備から、予約、到着空港での引渡しまで、一般的な流れをご案内いたします。

  1. 輸送への準備
  2. 搭載便の予約
  3. 出発空港への搬入
  4. ULD積付・航空機搭載
  5. 便の出発・到着
  6. 到着空港での引渡し

輸送への準備

国際貨物として発送するには、一般的に「輸出通関手続き」、「空港までの陸送手配」、
「航空貨物運送状(Air Waybill)の作成」などが必要です。また、発送する品目によっては特殊な輸送となるため、
各国関連法規にしたがった「必要な関係書類一式」もご用意いただく必要がございます。

実際のお手続きに関しては必要な内容が多岐に渡り、煩雑となることから、
航空貨物代理店さまを介して航空会社へご予約をいただくのが一般的となっております。
詳細につきましては、航空貨物代理店さまもしくは弊社営業所までお問合せください。

特殊な輸送の例

輸送に必要な準備のお問合せ先

ページのトップへ

搭載便の予約

お客さまにてご希望の便を弊社営業所へご連絡いただき、航空機の貨物搭載スペースをご予約いたします。
なお、ご利用条件を満たしていればオンライン予約も受け賜っております。
基本的に、国際貨物はご予約便が確定した後、出発空港へ貨物をご搬入いただくことが可能となります。

運航便スケジュールのご確認、ご予約

また、ご予約の際は以下の点につきましても、ご検討、ご確認ください。
・JALCARGOではお客さまのニーズに応じた各種の「JALCARGOの商品」をご用意・ご提案しております。
・仕向地によっては取り扱いできない貨物(輸送制限)がある場合がございますので、弊社空港所の詳細情報をご確認ください。

「JALCARGOの商品」、「輸送制限」

ページのトップへ

出発空港への搬入

お客さまにて「貨物」、「航空貨物運送状」、「必要な関係書類一式」を合わせ、弊社空港所への搬入をお願いいたします。
なお、搬入の締切り時間については、空港やJALCARGOの商品によっても異なるため、事前にご確認・お問合せください。
特にピーク時間帯には空港が混雑いたしますので、余裕を持った搬入のご協力をお願いいたします。

搬入時間

また、「危険物と認識せずに搬入された貨物」や「航空輸送に適していない梱包」の場合、
貨物内容品の破損や変質、航空機材への損害、人命や安全運航を脅かす危険性など、
各種の悪影響を及ぼす可能性があり、場合によってはお預かりできない場合がございます。
事前にご注意・ご確認のうえ、弊社空港所へ搬入いただきますよう、お願い申し上げます。

「危険物の輸送」(無申告危険物の危険性)、「貨物の梱包」

ページのトップへ

ULD積付・航空機搭載

空港所の上屋施設内で、お預かりした貨物をULD(Unit Load Devices)へ積付け、ご予約便へ搭載します。
なお、航空機貨物室の仕様や環境、ULDのサイズや重量制限などについては以下にてご確認いただけます。

航空機貨物室の仕様や環境、ULDのサイズや重量制限

ページのトップへ

便の出発・到着

航空機へ貨物が搭載され、安全が確認された後、仕向地へ向けて便が出発いたします。
便到着後は、着地の上屋施設内にてULDから貨物を取り卸し、安全に保管いたします。

なお、便の出発、到着といった運航状況、貨物の動態につきましては以下にてご確認いただけます。

「国際線の発着案内」、「貨物の動態確認」

ページのトップへ

到着空港での引渡し

お客さまにて輸入通関を実施いただき、必要な書類をご持参のうえ、弊社空港所までお尋ねください。
なお、お引渡し時間については、空港やJALCARGOの商品によっても異なるため、事前にご確認・お問合せください。

お引渡し時間、お問合せ先

ページのトップへ

www.jal.co.jp

Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.