ここから本文です

私流 JALカードの楽しみ方

私流 JALカードの楽しみ方 2017.5

タレント・歌手
はるな 愛 さん

今いる場所から飛びだすと
世界はこんなに広がるんだと驚いています。

明るいキャラクターと飾らない人柄で、数多くのバラエティ番組に引っ張りだこの、はるな 愛さん。昨年9月には、念願だった演歌歌手としてデビュー。地方での公演もある多忙な時間を過ごしながら、ここ数年は、ほぼ毎月ニューヨークへ通い続けている。
「ニューヨークへ行き始めたのは3年前。いつの日か『はるな 愛を世界中の人に知ってほしい』という夢を叶えるために、もっと自分を高めたい、感性を磨きたいと、飛びだしてみました。知り合いもいませんでしたが、飛行機のチケットとホテルと、あとJALカードさえあったら大丈夫かなと(笑)。今は、だいたい1週間滞在して、ボイストレーニングやダンスのレッスンをみっちり受けて。機会があれば舞台やバックコーラスのオーディションにも、どんどん挑戦しています」

はるなさんにとっては、東京で過ごす1週間と、ニューヨークで過ごす1週間は、まったく違うという。
「ニューヨークに通うようになってから、現地で大人気のレストランのオーナーとお友達になったり、話題の3Dアニメのプロデューサーさんに頼まれて、その場でコーラスとして飛び入り参加したり、日本にいたら得られなかったご縁やチャンスにたくさん出会えました。思いきって、今いる場所から飛びだすと、世界はこんなに広がるんだと、私自身が一番驚いています」

レッスンの合間には、買い物をしたり、舞台を観たりと大忙し。
「日本では見たこともないような衣装用の素敵な生地を、気づいたら持ちきれないほど買っていたり、年に1度の老舗デパートのセールで、豪華なドレスをまとめて買ったり。全部JALカードを使いますから、これだけでもマイルは、相当たまりますよ(笑)」

もちろん国内でも、マイルをためることに余念がない。

タレント・歌手 はるな 愛さん

定期的に東北の被災地を訪れるというはるなさん。「演歌を歌うようになってから、以前よりも皆さんに音楽がスッと届いている気がして、演歌って素晴らしいなと思いました」

「レジでは特約店のマークがないか必ずチェック。だってマイルが2倍たまるって、すごくおトクじゃないですか」

年に1度の家族旅行も「国内線の中では、飛行距離が長いのでマイルがたくさんたまる」という理由で、毎年のように沖縄へ。 「いつも沖縄なので、家族はそろそろ違うところへ行きたいと思っているかもしれませんね(笑)」

今のところ、たまったマイルは、もっぱらこのニューヨーク滞在のための特典航空券やアップグレード特典に交換しているという。「和服で五番街を歩いたら、たくさんの人に褒められて、日本の魅力をもっと発信したいと思った」というはるなさん。世界を舞台に活躍したい、という夢は、これからも大きく膨らんでいきそうだ。

Ai Haruna

大阪府生まれ。アイドルのモノマネでブレイクし、タレントとしての活動を本格的に開始。2009年には世界一美しいニューハーフを選ぶ「Miss International Queen」で優勝。その後も多くのテレビ、ラジオ番組にレギュラー出演するかたわら、飲食店の経営にも携わるなど幅広く活躍。16年9月には演歌歌手として、シングル「えぇねんで」をリリース。現在、出雲観光大使、韓国観光名誉広報大使を務める。

夢のような環境でのボイストレーニング

夢のような環境でのボイストレーニングニューヨーク滞在の一番の目的は、本格的にボイストレーニングやダンスのレッスンを受けること。「ボイストレーニングの先生を探していたら、向こうで知り合った友達が、いいところがあるからと紹介してくれて。行ってみたら、グラミー賞で何度も名前を目にするような世界的なアーティストがこぞって通っているところでビックリ! たくさんの刺激を受けながら、一歩ずつ夢に近づいていきたいと思っています」

※JALグループ機内誌「SKYWARD」2017年5月号より転載

ページトップへ戻る