ここから本文です

路線便数計画について

JAL便の増便・変更・運休などをご案内します。

運休・変更となる便のご予約および航空券の取り扱いにつきましては、対象となるお客さまに順次、弊社よりご案内申し上げます。
お問い合わせ、ご質問等は国際線お問い合わせ窓口にて承ります。(旅行会社を通じて該当する便をご予約いただいた場合は、旅行会社にお問い合わせください。)

国際線お問い合わせ窓口

[国内線]運航開始・再開/増便/休止路線

2017年1月時点
掲載内容は予告なしに変更されることがあります

羽田−ニューヨーク線の開設

羽田午前出発、夕方帰着のダイヤで運航することで、国内27空港から双方向の同日乗り継ぎが可能となります。

路線 時期 変更内容(往復) 機材 便名/発着時刻 *1
羽田−ニューヨーク 2017年4月1日〜 週間0→7便 777-300ER(SS7) JL006
羽田発 10:40
ニューヨーク着 10:35
JL005
ニューヨーク発 13:10
羽田着 16:25(翌日)
  • *12017年5〜8月は、JL006便は10分遅着、JL005便は15分遅発。

成田−ニューヨーク線の機材大型化および減便

羽田−ニューヨーク線の開設に伴い、成田−ニューヨーク線は週間14便から7便へと減便します。成田午後発着で運航を継続するJL004/003便は、旺盛な北米−アジア間需要のさらなる取り込みを目的に、運航機材をボーイング787-8型機(SS8)からボーイング777-300ER型機(SS7)へ変更*1 し、各クラスの座席数を大幅に増やします。また、新たにファーストクラスサービスを開始し、お客さまの多様なニーズにお応えします。

  • *1JL004便は2017年3月26日より、JL003便は2017年3月27日より、機材を787-8型機(SS8)から777-300ER型機(SS7)へ変更。
路線 時期 変更内容(往復) 機材 運航ダイヤ *2
成田−ニューヨーク 2017年4月1日〜 週間14便→7便 777-300ER(SS7) JL004
成田発 18:25
ニューヨーク着 18:20
JL003
ニューヨーク発 11:30
成田発 14:40(翌日)
  • *22017年5〜8月は、JL004便は10分早発、JL003便は10分遅発。

需要増に対応した増便

ロシアのビザ発給要件緩和にともない、成田−モスクワ線を2017年6月までは週間5便、2017年7月以降は週間7便に増便します(冬期ダイヤは週間4便)。また、2017年4月1日より羽田−ホノルル線を成田発着へ変更し、成田−ホノルル線を1日4便運航とします *1 。高需要期にはさらに1便増便することにより、1日最大5便運航となります。関西−ホノルル線も、ゴールデンウィーク、および夏期の旺盛な需要にお応えするため、1便増便し、1日最大2便を運航し、利便性のさらなる向上を図ります *2。

  • *1発着時刻は以下のとおり。
    <成田−ホノルル線>
    JL780 成田−ホノルル 出発時刻 20:45 到着時刻 8:50(2017年4月27日〜5月7日は、21:00発/9:05着、2017年6〜9月は9:15着)
    JL789 ホノルル−成田 出発時刻 14:50(2017年6〜9月は15:20発) 到着時刻 18:30(翌日)
    JL8782 成田−ホノルル 出発時刻 19:00(2017年6〜9月は19:15発) 到着時刻 7:20(2017年6〜9月は7:55着)
    JL8781 ホノルル−成田 出発時刻 9:20(2017年6〜9月は9:45発) 到着時刻 13:05(翌日)
  • *2 発着時刻は以下のとおり。
    <関西−ホノルル線>
    JL8792 関西−ホノルル 出発時刻 19:05(2017年7〜9月は18:20発、2017年10月は18:40発) 到着時刻 7:50(2017年7〜10月は7:25着)
    JL8791 ホノルル−関西 出発時刻 10:25(2017年7〜9月は10:20発) 到着時刻 14:45(翌日)(2017年7〜9月は14:10着)
路線 便名 時期 機材 変更内容(往復) 備考
成田−モスクワ JL421/422 2017年3月26日〜6月30日 787-8
(SS8)
週間3便→5便 月・水・金・土・日曜日運航
2017年7月1日〜10月28日 週間5便→7便 毎日運航
2017年10月29日〜 週間7便→4便 月・水・金・日曜日運航
成田−ホノルル JL780/789 2017年4月1日〜 777-200ER
(SS2)
週間21便→28便 毎日運航
羽田より発着地変更
JL8782/8781 2017年4月26日〜9月14日 787-8
(SS8)
週間28便→35便 毎日運航
2017年9月30日〜10月27日 週間28便→29便 土曜日運航
(ホノルル発は金曜日)
関西−ホノルル JL8792/8791 2017年4月27日〜5月7日 787-8 週間7便→14便 毎日運航
2017年7月13日〜8月26日 787-8
(SS8)
2017年9月30日〜10月28日 週間7便→13便 月・火・水・木・金・日曜日運航
(ホノルル発は、月・火・水・木・土・日曜日)

主な機材変更

夏期欧州の旺盛な需要に対応するため、成田−ヘルシンキ線をボーイング787-8型機(SS8)からボーイング787−9型機(SS9)へ大型化します。また、2017年8月4日〜15日の成田−ホノルル線(JL780/789便)へSKY SUITE仕様の777-300ER型機(SS7)を投入し、ファーストクラスサービスを設定します。その他、成田−シドニー線、ジャカルタ線、デリー線の機材を変更することで需給適合を図り、収益性のさらなる向上を目指します。

路線 時期 便名 変更内容(往復) 備考
成田−ヘルシンキ 2017年3月26日〜 JL413/414 787-8(SS8) → 787-9(SS9)
成田−ホノルル 2017年8月4日〜15日 JL780/789 777-200ER → 777-300ER(SS7) *1
成田−シドニー 2017年3月26日〜 *4 JL771/772 777-300ER(SS7) → 787-9(SS9) *2
成田−ジャカルタ 2017年3月26日〜 *5 JL725/726 777-300ER(SS7) → 787-9(SS9) *2
JL729/720 787-8(SS8) → 767-300ER(SS6) *3
成田−デリー 2017年3月26日〜10月28日 JL749/740 787〜9(SS9) → 787-8(SS8)
羽田−広州 2017年3月27日〜 JL087/088 767-300ER(SS6) → 787-8(SS8)
成田−上海(浦東) 2017年3月26日〜 *6 JL873/876 767-300ER → 787-8
JL879/872
羽田−北京 2017年8月1日〜 *7 JL025/020 787-8 → 767-300ER
成田−北京 2017年3月26日〜5月31日 *8 JL869/860 737-800 → 767-300ER
羽田−台北(松山) 2017年8月2日〜 JL097/098 767-300ER → 787-8
  • *1ファーストクラスサービスを設定
  • *2 ファーストクラスサービスを休止。
  • *3 プレミアムエコノミーサービスを休止。
  • *4 JL772便は2017年3月27日から変更。
  • *5 JL720便は2017年3月27日から変更。
  • *6 JL872便は2017年3月27日から変更。
  • *7 JL020便は2017年8月2日から変更。
  • *8 JL860便は2017年3月27日から6月1日まで変更。2017年3月26日のJL860便は787-8運航。

運休

路線 便名 時期 変更内容(往復)
羽田−ホノルル JL080/JL089 2017年4月1日〜 週間7便→0便
羽田発着から成田発着に変更しJL780/789便として運航を継続。
ページトップへ戻る