ここから本文です

上海(虹橋)
上海虹橋空港日本航空は、ターミナル1より発着いたします。

更新日:2016/10/11

印刷する

入国手続き

入国フロー

  1. 1

    検疫

  2. 2

    入国審査

  3. 3

    荷物受け取り

  4. 4

    税関

フロアマップ

空港情報(海外)の凡例

  • 入国のお客さま
  • 出国のお客さま
  • 乗り継ぎのお客さま
  • セキュリティーゾーン
  • パブリックゾーン
  • 入国・出国で使用しないセキュリティゾーン
  • 階段・
    エスカレーター
  • トイレ
  • バス
  • 両替所
  • エレベーター
  • タクシー
  • 空港案内
  • 電車
  • 駐車場

日本航空は、上海虹橋空港 第1ターミナルに到着いたします。

2階には両替所、空港案内、トイレ、一階への階段・エスカレーターがあります。。1階入国審査エリアには2階からの階段・エスカレーター、検疫、入国審査、荷物受け取り、税関、両替所、トイレ、階段・エスカレーター、外への出口があり、外にはバス、タクシーがあります。

入国制度

検疫

発熱や嘔吐などの症状がある方、検疫申告を必要とする場合は係官へ申告ください。

入国審査

日本人の場合、15日以内の滞在であればビザは不要です。入国カード(ARRIVAL CARD)に必要事項を記入し、パスポートとともにご提示ください。パスポートに入国のスタンプが押されて返却され、入国カードは係官によって回収されます。
出国カード(DEPARTURE CARD)は入国時に返却されますので大切に保管ください。

税関検査

申告する物品を携帯/所持している場合は、税関申告書へ詳細を記入のうえ、赤色表示の課税カウンターへ進み、税関係員へ申告書をご提出ください。
ただし、大人と同伴する16歳未満の旅客の記入は不要です。
申告する物品を携帯/所持していない場合は、税関申告書の提出は不要です。緑色表示の免税カウンターへお進みください。

新しいウインドウで開きます中国入出国の際の税関申告書について

ペット

ペットの持ち込みには、航空機での運送環境の準備のため予約が必要です。
あらかじめ「JAL国際線予約・お問い合わせ」にご連絡ください。

新しいウインドウで開きますJAL国際線予約・お問い合わせ

なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

入国案内動画

中国 上海(虹橋)入国案内動画

機内で上映されている映像です。
以下内容を紹介しています。

入国審査

手荷物受取

税関検査

到着ロビー

乗り継ぎ案内

市内への交通

映像を正しくご覧いただけない方は推奨環境をご確認ください。

新しいウインドウで開きます推奨環境

出国手続き

出国フロー

  1. 1

    搭乗手続き

  2. 2

    税関

  3. 3

    出国審査

  4. 4

    保安検査

フロアマップ

空港情報(海外)の凡例

  • 入国のお客さま
  • 出国のお客さま
  • 乗り継ぎのお客さま
  • セキュリティーゾーン
  • パブリックゾーン
  • 入国・出国で使用しないセキュリティゾーン
  • 階段・
    エスカレーター
  • トイレ
  • バス
  • 両替所
  • エレベーター
  • タクシー
  • 空港案内
  • 電車
  • 駐車場

日本航空は、上海虹橋空港 第1ターミナルより出発いたします。

2階搭乗手続きエリアにはチェックインカウンター、空港案内、両替所、トイレ、First Class Lounge、Business Class Loungeがあります。

出国制度

搭乗手続き

搭乗手続き開始時間
出発時刻の2時間30分前より

チェックインカウンターで航空券、パスポートを提示し搭乗券をお受け取りください。

空港当局と航空各社との合議により、規定サイズ*以上の機内持込手荷物の持ち込みはできません。
出国手続きの前(空港税支払い場所付近)で機内持込手荷物のサイズ検査が行われ、規定サイズ以上の場合は、チェックインカウンターでの再チェックインなどを求められます。

  • *身の回り品(ハンドバック、カメラなど)のほか、3辺(縦・横・高さ)の和が115cmを超えないもの1個までとなります。

出国審査

パスポート、出国カードと搭乗券をご提示ください。パスポートに出国のスタンプが押印されます。

新しいウインドウで開きます中国新出入国カ−ド

機内持込み手荷物検査

機内に持ち込む手荷物のX線検査とボディチェックがあります。

検疫

健康申告書は、提出不要です。

税関検査

申告する物品を携帯/所持している場合は、税関申告書へ詳細を記入のうえ、赤色表示の課税カウンターへ進み、税関係員へ申告書をご提出ください。ただし、大人と同伴する16歳未満の旅客の記入は不要です。
(中国居住者で、カメラ/ビデオカメラ/パソコンなど、再度中国に持ち帰る予定の5,000元を超える価格の物品を所持している場合は、申告書を2部作成してください)

該当する物品を携帯/所持していない場合は、緑色表示の免税カウンタ−へお進みください。

新しいウインドウで開きます中国入出国の際の税関申告書について

関連情報

ページトップへ戻る