ページを印刷する

空港情報 仁川国際空港 [韓国/ソウル] INCHEON INTERNATIONAL AIRPORT

更新日:2016/4/4

出入国手続き(ターミナル図)

入国 1.検疫 2.入国審査 3.荷物受け取り 4.税関

検疫│Quarantine│

赤外線カメラによるチェックを実施して質問表の提出はありません。なお、日本から直接韓国を訪問する場合、検疫は特に問題ありません。

入国審査│Immigration│

日本国籍のお客さまで観光目的で90日以内の韓国滞在の場合、入国ビザは不要です。
機内で配布する入国カードに必要事項を記入してパスポートと入国審査官に提出し、パスポートに入国スタンプの押印をお受けください。

入国審査の注意
・入国審査は、個人旅行の場合は入国目的を明確に説明できるドキュメントやサンプルなどの提示が要求される時もありますのでご用意ください。
 * 韓国政府の指示により韓国籍または、韓国在住で外国人登録証を所持している外国籍の方は入国カ−ドの提出が不要となります。
  外国登録証を所持していない一般の外国籍の方は引き続き入国カードの提出が必要です。

税関検査│Customs│

税関申告の対象品目を所持していない場合でも例外なく旅行者携帯品申告書(韓国税関申告書)を記入して税関係員にご提出ください(※)。
税関申告書を提出しない場合、原則的に所持したすべての手荷物と携帯品は開被検査の対象となり、課税対象物品が出た場合には加算税が付加されます。

(※)用紙は機内にご用意しております。到着時の混雑を避けるため事前に申告書に必要事項を記入のうえ、記入した部分を切り離して係員へ提出いただきますようお願いいたします。(詳細はこちら

税関検査の注意
・高価なものを持ち込む場合は必ず申告してください。免税扱いになりますが、パスポートに製品番号が記入され、出国時に携帯しているかどうかチェックされます。

動植物検疫│Quarantine (Animals And Plants)│

苗木類、球根類、生果実、果菜類などすべての植物類、およびゴルフクラブ、ゴルフ靴を携帯する場合は、到着時必ず植物検疫所に申告する必要があります。申告漏れの場合は罰金が課されます。
日本産の肉類は、韓国に持ち込むことができません。

ペット│Pets│

ペットの持ち込みには、航空機での運送環境の準備のため予約が必要です。
あらかじめJAL国際線予約・お問い合わせにご連絡ください。
なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

関連情報

映像を正しくご覧いただけない方はこちらをご覧ください

入国
出国 1.搭乗手続き 2.保安検査 3.出国審査

搭乗手続き│Check-in│

【搭乗手続き開始】
 出発時刻の2時間50分前より承ります。

JAL便のチェックインは3階のKアイランドにて承ります。
搭乗手続き終了後、日本航空便の搭乗口があるコンコース(搭乗棟)までは30分以上の移動時間が要されます。時間に余裕を持ってご移動ください。


【韓国都心空港ターミナル】
江南地区都心空港ターミナルでも搭乗手続きが可能です。

搭乗手続きの注意
・出国の際、お預かりいただくお荷物の中にライターなど、可燃性物質が入っていると旅客本人の立会いのうえ、該当物を取り除くことが要請されます。チェックイン終了後、カウンター付近で5分ほど待っていただき、本人確認の呼び出しのアナウンスがないことをご確認のうえ、出国審査場へご移動ください。本人確認ができないお荷物に対しては、搭載拒否および保安当局による開被検査で破損する恐れもありますのでご了承ください。

機内持ち込み手荷物│Carry On Baggage│

出国審査の前にすべての手荷物は、X-Ray検査が要請されます。

持ち込み手荷物検査の注意
・100mlを超える液体物の機内持ち込みは禁じられています。(100ml以下の液内物は、透明なビニールバックに入れれば1人1枚のバックまで持ち込めます。)
・スプレー缶類の持ち込みは原則禁止され、空港保安検査を通った500ml以下の1個のみ受託手荷物としてお預かりします。

出国審査│Immigration│

パスポートと搭乗券をイミグレーション審査官に提示してください。

税関検査│Customs│

税関検査の注意
・現金の持ち出しは、USD10,000(相当な外貨)未満の所持に対して申告が不要です。

出国

ページのトップへ