ページを印刷する

空港情報 ホノルル国際空港 [アメリカ/ホノルル] HONOLULU INTERNATIONAL AIRPORT

更新日:2016/4/28

出入国手続き(ターミナル図)

入国 1.入国審査 2.荷物受け取り 3.税関

検疫│Quarantine│

米国には検疫検査はありません。

入国審査│Immigration│

・VISA(査証)
 日本は米国VWP(VISA WAIVER PROGRAM/査証免除プログラム)の対象国です。
 日本国のパスポート保持者は、滞在日数が90日以内で、渡航目的が観光または商用であれば、VISAなしでの入国が認められています。
 (ただし、ESTAの事前申請が必要となります*1)
 渡航目的(留学、就労など)によっては、VISAや補助書類が必要となりますので、詳細は米国大使館にお問い合わせください。
 (例:留学目的の渡航には、VISAと補助書類(I-20)が必要)
 米国永住・条件付永住者は必ず永住・条件付永住者カード(Green Card/I-551)をご持参ください。

 *1)ESTA(Electronic System for Travel Authorization / 電子渡航承認システム)
 2009年1月12以降、査証免除プログラムにて米国に渡航をする際、事前にESTAの申請が必要となりました。
 詳細は、こちらをご覧ください。

・入国必要書類
 ・パスポート(旅券)
  機械読み取り式のパスポート(MRP/Machine Readable Passport、機械読み取り式旅券)ないしは、IC(集積回路)搭載のパスポート(IC Passport、IC旅券)
  帰国時まで有効なもの
 ・出入国カード VISAなし … 不要
         VISAあり … 不要 I-94は2013年5月より入国審査時に電子ファイル化される
               ことになり、紙での提出が不要になりました。

(注意)2016年4月1日より、ESTAを取得し、査証免除プログラム(VWP/Visa Waiver Program)を利用して渡航される場合には、IC搭載のパスポートを所持していることが条件となります。IC搭載のパスポートを所持していない場合は、VISAの申請が必要となります。

 ・税関申告書 (申告の有無に係わらず、必ずご提出ください)
 ・お帰りの航空券またはE-TKT(電子航空券)控え
 ・VISA (上記“VISA/査証”をご確認ください)

入国審査の注意
・国際線到着便は、徒歩にて3階へ上り2階入国審査場へ向かい、その後1階の税関へお進みください。
・入国審査場は広く、カウンターも多くあります。通常、中央が日本人専用となっています。
・必要書類を提出し、滞在期間、渡米目的などを口頭でお答えください。
・パスポートに入国スタンプが押されます。
・捺印された税関申告書を持ち手荷物受取所へ向かってください。
・不審な点がある場合や移民の方などは、左後ろのカウンターで第2次審査があります。
・午前中の混雑時には、空港当局の指示によりかなりの時間を待合室で待たされることもあります。

APC KIOSK (Automated Passport Control Kiosk, 自動入国審査端末)について


ホノルルでは以下の対象者は入国審査を行う際、APC KIOSKを使用する事が可能です。

・対象者
1)米国国籍の方
2)グリーンカードを所持されている方
3)B1,B2 VISAを所持されている方
4)ESTA取得後、米国入国が2回目以降の方

・APC KIOSK 操作手順

画面の指示に従いパスポートの読み取り、指紋検査,写真撮影、税関申告に関する質問への回答を実施します。
(言語選択で日本語が選択可能)

(注)APC KIOSKを使用する場合は税関申告書の記入は不要です。

税関検査│Customs│

パスポートと税関申告書を提出。
係員が申告書にサインをしますので、出口で税関職員にお渡しください。
$10.000以上の持込みは申告が必要です。(非課税)
午前中は、混み合います(2時間以上)

その他│Other│

出入国カード※につきましては、滞在中所持してください。
また米国から出国する場合は航空会社のスタッフに返納してください。
返納されない場合、将来米国への入国が遅れることがあります。
※2013年5月より当該フォームは廃止になりましたが、取り扱い廃止以前に入国し、パスポートに貼付されている場合は返納ください。

ペット│Pets│

ペットの持ち込みには、航空機での運送環境の準備のため予約が必要です。
あらかじめJAL国際線予約・お問い合わせにご連絡ください。
なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

関連情報

映像を正しくご覧いただけない方はこちらをご覧ください

入国
出国 1.搭乗手続き 2.保安検査

搭乗手続き│Check-in│

搭乗手続き開始時間 出発時間の2時間30分前

搭乗手続きの注意
・パスポート、出国カード※、搭乗券を提出してください。
 ※ESTAを取得し、査証免除で米国に入国された場合は出国カードの提出は不要。
・2階での受託手荷物保安検査のあと各航空会社カウンターでチェックインを済ませ、搭乗券に記載されている時間までゲートでお待ちください。


保安検査|Security Check|

機内持ち込み手荷物の検査に加え、液体物検査があります。(詳しくはこちらをご覧ください)

出国審査│Immigration│

米国では、出国審査はありません。
入国時に記入した出入国カード※は、航空会社に返納ください。
返納されない場合、将来米国への入国が遅れることがあります。
 ※ESTAを取得し、査証免除で米国に入国された場合は出国カードの返納は不要。
 ※2013年5月より当該フォームは廃止になりましたが、取り扱い廃止以前に入国し、パスポートに貼付されている場合は返納ください。

税関│Customs│

アメリカでは、出国の際の税関検査はありません。

その他│Other│

出入国カード※につきましては、滞在中所持してください。
また米国から出国する場合は航空会社のスタッフに返納してください。
返納されない場合、将来米国への入国が遅れることがあります。
※2013年5月より当該フォームは廃止になりましたが、取り扱い廃止以前に入国し、パスポートに貼付されている場合は返納ください。

出国

ページのトップへ