ここから本文です

グアム
グアム国際空港

更新日:2013/12/6

印刷する

入国手続き

入国フロー

  1. 1

    入国審査

  2. 2

    荷物受け取り

  3. 3

    税関

フロアマップ

空港情報(海外)の凡例

  • 入国のお客さま
  • 出国のお客さま
  • 乗り継ぎのお客さま
  • セキュリティーゾーン
  • パブリックゾーン
  • 入国・出国で使用しないセキュリティゾーン
  • 階段・
    エスカレーター
  • トイレ
  • バス
  • 両替所
  • エレベーター
  • タクシー
  • 空港案内
  • 電車
  • 駐車場

2階到着エリアにはトイレ、両替所、入国審査を通過するとエレベーター、地下1階への階段・エスカレーターがあります。地下1階には荷物受け取り、トイレがあり、税関を通過すると両替所、空港案内、トイレがあります。外にはバス、タクシーがあります。

入国制度

検疫

税関審査と同時に実施されます。

入国審査

2009年11月28日 グアム現地時間 00:01AMより
各カウンター前(白線の内側)に列をつくってお待ちください。
審査官にパスポート、記入済みの出入国カードをご提示ください。
パスポート(旅券)には、入国印が捺されると出入国カードの出発記録の部分がとめられます。
また、税関申告書に第1次審査済のスタンプが押されて、同じく返却されます。

入国必要書類
必要書類説明
VISA

グアムには、2種類の査証免除プログラムがあり、日本国はいずれも対象となります。

1.米国VWP(VISA WAIVER PROGRAM/査証免除プログラム)
日本は、米国VWP(VISA WAIVER PROGRAM/査証免除プログラム)の対象国です。
日本国のパスポート保持者は、滞在日数が90日以内で、渡航目的が観光または商用であれば、VISA(査証)なしでの入国が認められています。
2.グアム-CNMI(北マリアナ諸島米国自治連邦区)査証免除プログラム(Guam-CNMI Visa Waiver Program)
日本は、グアム-CNMI(北マリアナ諸島米国自治連邦区)査証免除プログラムの対象国です。
日本国のパスポート保持者は、滞在日数が45日以内で、渡航目的が観光または商用であれば、VISA(査証)なしでの入国が認められています。(ESTAの事前申請は不要ですが出入国カードを2枚記入する必要があります。)

渡航目的(留学、就労など)によっては、VISAや補助書類が必要となりますので、詳細は米国大使館にお問い合わせください。
(例:留学目的の渡航には、VISAと補助書類(I-20)が必要)
米国永住・条件付永住者は必ず永住・条件付永住者カード(Green Card/I-551)をご持参ください。

  • 2016年4月4日より、グアム空港入国審査場にESTA専用レーンが設置されました。
    グアム空港入国審査場は非常に混雑することがあり、入国に1時間30分近く要することもございます。
    混雑時もESTAを取得されているお客さまは比較的スムーズに入国審査を通過いただけます。
    加えてESTAをお持ちのお客さまは、入国審査で提出する書類(一人2枚)を記入する必要がなくなります。

新しいウインドウで開きますESTA取得についてはこちら

パスポート(旅券)

機械読み取り式のパスポート(MRP/Machine Readable Passport、機械読み取り式旅券)ないしは、IC(集積回路)搭載のパスポート(IC Passport、IC旅券) 帰国時まで有効なもの

出入国カード
1.米国VWP(VISA WAIVER PROGRAM/査証免除プログラム)
不要
2.グアム-CNMI(北マリアナ諸島米国自治連邦区)査証免除プログラム(Guam-CNMI Visa Waiver Program)
I-736(白色の出入国カード)とI-94(米国で使用される、白色の出入国カード)
税関申告書申告の有無に係わらず、必ずご提出ください
お帰りの航空券
または
E-TKT(電子航空券)控え
お持ちください。
その他
  • 入国審査の際、指紋採取・顔写真の撮影があります。
  • VISA(査証)を持たずにグアムに入国し、グアムから直接米国本土またはハワイへお越しのお客さまは、米国VWP(VISA WAIVER PROGRAM/査証免除プログラム)を使用して、グアムに入国ください。
  • 出入国カードの出発記録(半片)は、出国の際、必ず航空会社に返納ください。
    紛失された場合は、将来グアム(含む米国)への入国が遅れることがあります。
  • VISA(査証)をお持ちの方も2013年5月より当該フォームの記入は廃止になりました。

税関検査

パスポートと税関申告書をご提示ください。無税で持ち込める範囲であれば問題なく通関できます。
1次審査で「F」(free)のスタンプを押印してもらい、出口で待っている別の係官にその申告書を渡しロビーへ出てください。

  • 税関検査のご注意
    • 持込み通貨が10,000USドルを超える場合、申告が必要です。
      申告漏れは持込みと持出しの場合、全額没収され、民・刑事の訴追を受けることがあります。

動植物検疫

税関検査が検疫も兼ねていて動植物、果物、麻薬などの持込みを禁じられます。

ペット

ペットの持ち込みには、航空機での運送環境の準備のため予約が必要です。
あらかじめ「JAL国際線予約・お問い合わせ」にご連絡ください。

新しいウインドウで開きますJAL国際線予約・お問い合わせ

なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

入国案内動画

グアム入国案内動画

機内で上映されている映像です。
以下内容を紹介しています。

入国審査

手荷物受取

税関検査

到着ロビー

乗り継ぎ案内

市内への交通

映像を正しくご覧いただけない方は推奨環境をご確認ください。

新しいウインドウで開きます推奨環境

出国手続き

出国フロー

  1. 1

    搭乗手続き

  2. 2

    保安検査

フロアマップ

空港情報(海外)の凡例

  • 入国のお客さま
  • 出国のお客さま
  • 乗り継ぎのお客さま
  • セキュリティーゾーン
  • パブリックゾーン
  • 入国・出国で使用しないセキュリティゾーン
  • 階段・
    エスカレーター
  • トイレ
  • バス
  • 両替所
  • エレベーター
  • タクシー
  • 空港案内
  • 電車
  • 駐車場

1階にはチェックインカウンター、預け荷物X線検査、トイレ、エレベーター、2階への階段・エスカレーターがあります。2階には保安検査、LSG Sagan Bisita Lounge、両替所、トイレがあります。

出国制度

搭乗手続き

搭乗手続き開始
出発時刻の3時間前から
  • 搭乗手続きのご注意
    • 入国時に記入した出入国カードは、航空会社に返納ください。
      返納されない場合、将来米国への入国が遅れることがあります。
    • VISA(査証)保有者のI-94記入は2013年5月より廃止になりましたが、対象日以前に入国し、パスポートに貼付されている場合は返納ください。

機内持込み手荷物検査

搭乗手続き(チェックイン終了)後、TEMPORARY PASSENGER WALKWAYをとおり、CONCOURSE(2階)LEVELへお進みください。そこで保安検査を受け、出発ゲートへお進みください。機内持ち込み手荷物は1個のみとなります。

関連情報

ページトップへ戻る