ページを印刷する

空港情報 デリー(インディラ・ガンジー)国際空港 [インド/デリー] DELHI(INDIRA GANDHI) INTERNATIONAL AIRPORT

更新日:2016/4/22

出入国手続き(ターミナル図)

入国 1.入国審査 2.荷物受け取り 3.税関

検疫│Quarantine│

日本から入国の場合、通常検疫検査はありません。
汚染地域から、または汚染地域を経由して到着する場合、黄熱病の予防接種が必要となります。

入国審査│Immigration│

ビザが必要です(到着時ビザの申請を行う際は、パスポートが6カ月以上有効であること)。
入国審査官にパスポートと入国カードをご提出ください。

税関検査│Customs│

申告が必要な物品を携帯/所持している場合は、税関申告書の提出が必要です。
申告する必要がない方は、税関申告書の提出は不要です。


ペット│Pets│

ペットの持ち込みには、航空機での運送環境の準備のため予約が必要です。
あらかじめJAL国際線予約・お問い合わせにご連絡ください。
なお、輸入制限・必要書類など動物検疫情報は渡航先の大使館または到着地の検疫所にご確認ください。

関連情報

映像を正しくご覧いただけない方はこちらをご覧ください

入国
出国 1.搭乗手続き 2.出国審査 3.保安検査

搭乗手続き│Check-in│

【搭乗手続き開始】
・出発時刻3時間前より開始します。

国際線ターミナルの入り口では、当日出発便が明記された航空券を確認していますので、お見送りの方はターミナルには入れません。
予約変更の際、JAL市内カウンターなどにて事前に航空券面上の日付の変更など必要なお手続きをお済ませのうえ、空港に航空券をご持参ください。
電子航空券をご持参の場合も、事前に変更されたご出発便の日付が反映された「Eチケットお客さま控え」(領収書)をご出力ください。


出国審査│Immigration│

出国審査官にパスポートと搭乗券をご提示ください。

税関│Customs│

出国審査を終わって出発ロビーに入る手前で税関検査をお受けください。
入国時に税関申告・通貨申告を行った場合には、申告書とパスポートをご提示ください。

税関検査の注意
・骨董品、美術品(考古学研究所ANTIQUITIES ARCHAEOLOGICAL SURVEY OF INDIAにお問い合わせください)、動物の皮および皮製品は持ち出しできません。

機内持込み手荷物│Carry On Baggage│

各出発ゲート待合室入り口は同一で、ここでX線による身体および手荷物の検査が行われます。フィルムは、X線を通しても問題ありません。
すべての機内持ち込み手荷物(大小に関わらず)にはX線検査終了済みスタンプを捺印するために「手荷物タグ」が必要とされます。
この検査済みスタンプがない場合には搭乗口でお手荷物を開けて確認検査が行われます。
待合室内の免税品店で購入した物品(ショッピング袋)には手荷物タグおよびスタンプは必要有りませんが、搭乗時の確認検査の際には領収書の提示を求められますので、ご用意ください。
液体物の機内持ち込みも制限されておりますので、受託手荷物としてお預けください。
インド国内ではマッチ・ライターの機内持ち込みおよび受託手荷物に入れてお預けになることも禁止されておりますのでご注意ください。

出国

ページのトップへ