JAPAN AIRLINES

広島空港 サクララウンジがリニューアルオープン!

広島空港国内線サクララウンジを2017年3月28日にリニューアルオープンします。
「日本のたたずまい」をデザインコンセプトに、新千歳空港国内線ラウンジなどに展開している新デザインを取り入れ、上質で洗練された空間を提供します。

リニューアルオープン日

2017年3月28日(火) 06:40〜

基本コンセプト

羽田空港国際線ラウンジや新千歳空港国内線ラウンジを手掛けた日本を代表するインテリアデザイナー 小坂 竜氏、小坂氏とともに空間デザインを手掛ける竹内 宏法氏による、「日本のたたずまい」をコンセプトとしたデザイン。和の素材の風合いを取り入れながら現代的にアレンジした、上質で洗練された空間を提供します。

小坂 竜氏(インテリアデザイナー)

1960年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、株式会社乃村工藝社入社。
現、商環境事業本部A.N.D.クリエイティブディレクター。
“クライアントの思いを魅力的なカタチに落とし込むこと”をモットーに数多くの飲食店をデザインするほか、マンダリン オリエンタル東京のメインダイニング、新丸ビルの環境デザインなど活躍の場は多岐にわたる。

竹内 宏法氏(デザイナー)

1982年千葉県生まれ。武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業後。アトリエデザイン事務所にて経験後、株式会社乃村工藝社入社。「羽田空港JAL国際線サクララウンジ」「W広州FEI」や「LOUNGE by Francfranc」など、国内外のラグジュアリーな空間デザインを多く手掛けており、シンプルでありながら斬新なデザインを得意とし、空間に対して多角的な視点からアイデアを創造することで常に新しいデザインを追求している。

(ラウンジ イメージ)

施設概要

  • 従来比で約1.4倍の席数となります。
  • ほぼすべての座席に電源コンセントを設置し、荷物の収納スペースを設けるなど、座り心地と利便性にもこだわった座席を用意しました。
  • 多目的トイレを設置いたします。
  • 広島にゆかりのあるアーティストが製作したアート作品を各所に展示しています。

(施設概要図)

サクララウンジにはダイニング、非常用出口があります。エントランスにはレセプション、車椅子対応トイレ、クローク、携帯電話があります。

3月28日までの代替サービスに関するご案内

代替サービスとしてサクララウンジをご利用のお客さま向けに、空港ビル運営のカードラウンジ ビジネスラウンジ
「もみじ」(利用時間7:00〜20:30)またはターミナル内の一部店舗、レストランでご利用いただけるお食事券をご用意しております。

  1. 配布対象となるお客さま

    出発日当日にサクララウンジ入室資格をお持ちのお客さま

  2. 有効期限

    2017年3月末までご利用いただけます。

  3. ご利用可能施設

    ターミナル内一部店舗・レストランでご利用いただけます。ご利用いただけない店舗・レストランもございますのでご了承ください。

  4. 配布場所

    広島空港2階JALグローバルクラブ(JGC)カウンター(図1)

(図1:JALグローバルカウンター特設カウンター)

国内線出発ロビーには、国内線チェックインカウンター、郵便局、喫茶、ショップ、書店、レストラン、薬店、手荷物一時預かり、ATM、トイレ、車椅子対応トイレ、授乳室、電話、エレベーター、エスカレーター、階段、セキュリティチェックがあります。搭乗待合室には、サクララウンジ、ショップ、トイレ、エスカレーターがあります。国際線出発ロビーには案内所、電話があります。国際線用エリアには国際線チェックインカウンター、出国審査があります。

JALグループは、これからもお客さまの利便性向上のために、新しい挑戦を続けてまいります。

2017年3月23日
日本航空

ページトップへ戻る