快適な空の旅のために

旅立つ前に

健康に不安のあるお客さまへ

一般的な注意
  • 健康に不安のある方や航空機が適さない状態に該当する方は主治医の先生に事前に飛行機旅行につき相談しましょう。
  • 診断書、病歴、検査値、服用している薬剤名、悪化時の対応方法、主治医の連絡先を記載した手紙(海外旅行の場合は英文)を用意してもらいましょう。
  • 航空会社にご希望がある場合には早めにプライオリティ・ゲストサポートにご相談ください。
    健康に不安のあるお客さまを早めの手配と万全の準備でお迎えする気持ちを込めて、日本航空ではプライオリティ・ゲストサポートをご用意しております。
    詳しくはこちら
  • 常用薬、のみ慣れた市販薬を機内に携帯してください。
  • できるだけ負担を軽くし、余裕をもって行動しましょう。
    • (1)はやめに空港に到着しましょう。
    • (2)大きな荷物は空港に宅配することをお勧めします。
      JALグループの空港宅配サービス会社、JALエイビーシーをご利用ください。
      詳しくはこちら
    • (3)旅行中は心身の休養を十分にとれるようなスケジュールにしましょう。
  • 機内では一般的な注意事項と主治医の先生の指示を守りましょう。
  • 飛行中・滞在中に具合が悪くなったら我慢せず、乗務員・添乗員・ホテルのフロントに相談しましょう。
  • 現地の情報(気候、衛生状態、医療施設、宗教、文化習慣、治安など)を入手しておきましょう。
  • 万一ご病気や怪我をされたときのために旅行保険やクレジットカードへの加入をお勧めします。保障される内容は必ず確認しておきましょう。
    日本航空が発行するクレジットカード「JALカード」をご利用ください。
    詳しくはこちら