ファーストクラス

  • サービス概要
  • シート
  • お食事・お飲み物
  • その他のサービス
  • 空港サービス

プライベートな空間・時間を尊重する最上級のおもてなし。

シート概要

767-300ERにファーストクラスが新登場。
新登場の767-300ERファーストクラスは2-1-2の1列配置。
わずか5席でさらにゆったり、くつろぎの時間をお届けします。
プライバシー感をさらに高める、より大きくなった*「センターディバイダー」と、隣席を気にせずお過ごしいただける「センターコンソール」により、ゆったりと快適におくつろぎいただけます。
*当社現行座席比
導入路線:東京(羽田)−大阪(伊丹)
チャレンジJAL宣言 いつも心に、チャレンジを。
ゆとりの空間をお客様へ。
機内前方に2席ずつ7組、わずか14席をゆったりとレイアウトしています。前後の座席間隔は130cmを確保し、1席の専有スペースは普通席の約2.7倍の広さ。ゆったりとした、まるでプライベートソファのようなシートに腰掛けた瞬間、今までにないくつろぎを感じていただけるはずです。
貴重なひとときを、思いのままに。
一人で静かに考える時間が欲しい。目を閉じてしばし休息をとりたい。
木目調コンソールによって隣席と仕切り、一席一席に広々としたプライベート空間を確保しました。大空でのひとときを、誰にも邪魔されることなく、思いのままにおくつろぎいただきたいと思っています。
心地よさを究める。
移動による疲れやストレスから開放され、お客様の心身が癒されるよう心地よさを究めたシートをご用意しました。通常時27度、最大42度と傾斜角を深く取ったリクライニング。人間工学に基づくクッション形状とし、座面には低反発素材を採用。快適なレッグレスト、フットレストも装備。上質な本革を繊細に縫製したシートが、優しく包み込むような座り心地をご提供します。
きめ細やかな配慮
シートのリクライニング操作ボタンやオーディオ操作ボタンは使いやすさに配慮し、大きさや配置を工夫しました。操作にストレスを感じさせません。
周りを気にすることなくお手元を十分に照らせる読書灯や、コンソールには眼鏡などの身の回り品の収納スペースも設け、細部までこだわりました。

シートスペック

ページのトップへ